5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

小学校の理科専科

62 :57:03/03/31 09:43 ID:XG6OqDSr
私が知識量に何の価値もないという意見を持っているのは
私の個人的な体験からです。

私の専門は物理です。大学院も出たし、私費ですが留学経験もあります。
で、卒業して講師を何年かやってるうちに小学校に行くことが
ありました。でも、だからといって理科の授業をすばらしいものに
できるかって言ったら、全く関係ないんです。隣のクラスの
40のおばちゃんの理科の授業のほうが数倍おもしろい。子どもも
いきいきとしてる。特に実験観察に対する子どもの意気込みが
とてもいいのです。そんなもんですよ。授業ってのは。
授業は教師ができるできないの問題よりも、教授法がとにかく
大事だと思う。子どもは最初からいきなり高度な質問をしてくる
わけじゃないので、むしろ入り口が大事です。
それとイオンだとか合成抵抗は指導書の最後に
乗ってますよ。いちいち知らなくても読めば書いてあるので、
そこを読んで教材研究すればよろしいのではないかと。

>>60さん

あなたが思っているよりも現実の子どもの理科や社会ばなれは
深刻です。小学校3年生の4月の段階ですでにそういう状況です。
でもたった週に数回しかない生活科の授業だけでそのように育って
いくとはとても考えられない。
たとえば理科で、かげの向きを勉強するのに、モノの反対側に
かげができることが理解できない子が多いです。実験を何度やっても
テストで答えることができない。もちろん晴れの日に校庭に
かげを見に行ったり棒を立ててみるなどをやってるにもかかわらず。
これが今の現実です。もっと根本的な原因に目を向けてはどうでしょう。

35 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)