5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

LD・多動・高機能自閉症児の指導について

1 :実習生さん:04/01/05 09:56 ID:3jH6F3pV
普通学級に在籍する軽度発達障害児(LD・ADHD・高機能
自閉症(アスペルガー))の子ども達を、指導するには
どのような配慮が必要か、親や教師を交えてここで話し合って
みましょう。

2 :実習生さん:04/01/05 09:58 ID:1W0B6z31
まず、教師が勉強すること。

3 :実習生さん:04/01/05 09:58 ID:3jH6F3pV
関連スレ
●●特別支援教室について語るスレ●●
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1060132509/

4 :実習生さん:04/01/05 10:05 ID:1W0B6z31
さらに、親にも勉強してもらおうか。

5 :実習生さん:04/01/05 20:05 ID:3jH6F3pV
NHK教育TV毎週水曜日午後8時から放送中の
『福祉ネットワーク・子どもの相談室』
番組では、1月21日・28日の2週に渡って、
『アスペルガー症候群』を取り上げます。
http://www.nhk.or.jp/fnet/calendar/index_next_m.html

1月21日
1月28日(再) アスペルガー症候群
1・ わがままと言わないで  〜アスペルガー症候群とは何か〜
 長崎・男児殺害事件の犯人は「アスペルガー症候群」と診断されまし
た。

 「福祉ネットワーク」には、このアスペルガー症群の子どもを抱える
保護者から「この症状にはどう対処したらいいのか」「アスペルガーだ
というだけで子どもが偏見に遭うのではないか」という問い合わせ・不安
の声が多数寄せられています。

 アスペルガー症候群の子どもは、学力や言語能力は健常児とほとんど同
じだ。しかし、相手の気持ちを理解したり、自分の気持ちをうまく伝える
ことができず、自閉症に陥っています。学校では「わがまま」「協調性が
ない」などと誤解され、いじめの対象になるなど、孤立してしまうケース
が多いです。そして、次第に暴力的になったり、物事に歪んだ関心を抱く
といった問題行動が出てきます。日本には70万人以上いるとされるが、症
状に対する世の中の理解は低いです。ほとんどの子どもが適切な対応を受
けず、放置されたままです。

 アスペルガー症候群とはどんな障害なのか。コミュニケーションの力を
育む有効な方法、問題行動を防ぐコツは何か。正確な知識を伝えるととも
に、当事者を孤立化させない方策を探ります。(2回シリーズ)


6 :実習生さん:04/01/05 20:31 ID:kyMtZkb+
わたしゃ特殊だけど、うちの学校では、先生方が
多動ちゃんを厳しくしつけてます。普通学級と同じく。

7 :実習生さん:04/01/06 08:41 ID:laipSSau
姉が教師をしています。
姉が担任するクラス(小学2年)にADHDかと思われる子
がいるそうで、非常に手を焼いているようです。
とにかく座っていない。
すぐに床に寝転がってしまったり、教室から飛び出してしまう。
授業中他の子に話しかけて、はしゃぐ。
厳しく叱ると、パニックになって大騒ぎで暴れる。
勉強面はそれなりにできているとのことで、知能的な遅れはないよ
うです。
親には懇談の時それとなく話してみたそうですが、「個性的な子で
すがそれだけです」と取り合わないようで・・・。
とにかく、どう接したらいいのか困っている、と嘆いていました。

8 :実習生さん:04/01/06 14:14 ID:P5L4faNT
>7 2年間近くADHDの児童を受け持ってきたけど、たいへんでした。
自分の子供だと思って接して上げること。今すごーく可愛いです。
今年も夏休みは彼のため?自分の為?研修しました。同じADHDでも
その子によって支援の仕方が違うこと。7の姉さんがんばって!
貴女でなければこの子はダメだったと言われるように、、。

9 :実習生さん:04/01/06 14:59 ID:pEPQATkQ
勉強できても放置はだめです。凶悪事件起こした子供が「親認めず教師見てみぬふり障害児」だった場合ってけっこう多いよ。

10 :実習生さん:04/01/06 18:58 ID:PvVIymII
LD ADHD 厨房になって不良になるとかなりむずかしい。

11 :実習生さん:04/01/06 22:51 ID:ALS3svYM
ここも参照のこと

ADHDについて
ttp://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1042853525/l50

12 :実習生さん:04/01/07 00:19 ID:iS/R5K7C
LDとADHDの区別があまりつきません。
どちらにも多動って含まれていますよねぇ。

13 :実習生さん:04/01/07 00:25 ID:YlDdlk1g
>>12
???
LDには含まれてない

14 :実習生さん:04/01/07 02:42 ID:PXE7xw9q
>7,8
何かの本のタイトルにもありましたが、
愛情だけでは絶対だめです。技術が、というか障害に対する根本的な理解が必要です。
勉強してください。

それともう一点、親ではないので、「○○さんでないとだめ」という関係は危険です。(担任が替わったときの混乱がすごい。本人にとってもかわいそう)
なので、だれがやってもなんとかなるよう情報の開示と、バリアフリー化の引き継ぎを…

とマジレスしてみる。



15 :実習生さん:04/01/07 10:42 ID:Ip+KQNME
私の友人の子(小学1年)はアスペルガー、とかで、しかも多動と学習
障害もあるそうです。
普通学級に通っているようですが、いろいろトラブルを起こしているよ
うで、お母さんも先生も大変そうです。
こういう障害って重複する事が多いんでしょうかね?


16 :実習生さん:04/01/07 10:52 ID:ZGatFKXW
>>超禿同。

>>15 重複すること、多いです。
   

17 :16:04/01/07 10:54 ID:ZGatFKXW
あれ?失敗。
申し訳ありません。

超禿同は、14さんの書き込みにです。

18 :実習生さん:04/01/08 00:27 ID:clNFse5t
良スレになることキボウ

19 :実習生さん:04/01/08 12:06 ID:90gPfTTt
LDもADHDも高機能自閉症も、確かに手は掛かりますが
指導次第でかなり変わってきます。
周囲の障害に対する理解が不可欠ですけどね。

20 :実習生さん:04/01/09 18:26 ID:T8eBASKk
正直担任1人では手に負えないことが多いです。
学校の教師全員の連携が必要かと・・・。

21 :実習生さん:04/01/09 18:40 ID:8mUfCajp
連携難しそうですね。

私の知ってる学校では、自分の手におえない子供は、個別でしょって言う意識の教師が多いです。
普通級で放置されているLDとかADHDの子供は悲惨です。

これから、特殊学級手当てがなくなって、特別支援学級って形になってくると、少しは普通級の意識が変わってくるのかな。


22 :実習生さん:04/01/10 03:16 ID:THznnBve
来年、小学校入学のLD・アスペ児を持つ親です。
秋に診断を受け、医者の薦めで診断書を持って教育委員会に相談に行きましたが
「ベテランの先生をつけてもらいましょう。あとは学校が始まってから
担任とよく話し合って下さい。」で終わってしまいました。
…こんなものなのでしょうか?なんだか全然障害を理解してないような印象を受けました。
(字が書けるのを見て「賢いじゃないですか」とか、「成長と共に落ち着きますよ」とか)
就学健診も身体等の検査だけで終わり…あとは本当に
このまま話し合いもなしに入学になってしまうのか不安です。

また、もし今後学校側と話し合う機会があったとき
先生方は保護者がどんな風に説明やお願いをしたら、理解し協力してくださるでしょうか?
幼稚園では資料と診断書を持っていって説明や日常生活でお願いしたいことなどを
2回ほど話しに行ったのですが、結局、あまり協力が得られませんでした。
障害や療育にあまり力を入れてない地域だからでしょうか?
どうにも周囲からの理解が得られず、大変困っています。

23 :実習生さん:04/01/10 09:03 ID:Gb/r2Fvh
蹴り飛ばせば治るという話は本当ですか?


24 :実習生さん:04/01/10 14:59 ID:h9mXC9Uz
はっきり言って公立の教師に期待してもダメ。
何だかんだいっても結局「このバカが」と思っているし。親にもそう。
「障害児の親のくせに」と思っている教師がほとんど。
教師が専門的知識を持つ私立学校もあるのでそういうとこに
いくか、家庭での教育が望ましい。私立は高額な授業料取っているので
もっと子供も親もたててくれるし良い。

25 :実習生さん:04/01/11 01:21 ID:+njZ2p9o
>>22 具体的にどこの地区かできれば教えてプリーズ

26 :実習生さん:04/01/11 01:29 ID:+njZ2p9o
>>24 教師が専門的な知識を持つ私立の学校も具体的に教えて下さい。

27 :14:04/01/11 14:48 ID:4qYwqpWO
>>22
来年というのはこの4月という意味ですか?
もしそうなら、急いで入学先の校長と話をした方がいいと思います。

今のところ公立の学校で自閉症の知識を持っている教員は皆無なので、障害の理解が進むような本を持参してもいいかもしれません。そうでなければ、おうちや療育機関で使っている具体的な物(スケジュール、課題 などなど)持っていった方がいいと思います。

どちらにしても、学校には何回も話をしに行った方がいいというか、行かざるをえなくなるので、学校とおうちの人とが「いい関係」で過ごせるように、最初は下手気味に話しに行った方が、今後の戦略上有利だと思います。

がんばってくださいね。応援しています。

28 :実習生さん:04/01/11 16:19 ID:YDqDFlc2
無職・だめ板にも投稿していますが・・。
私、早稲田大学社会科学部を出た37歳ですが、アスペルガー症候群と、動作性LDの診断を受けていますよ。
就職も結婚もしたことはなく、こうして毎日が日曜日の状態です。
子ども時代・学生時代には個性と取られたことが、29歳を過ぎるとただの性格の偏りに取られるんですよね・・。

29 :実習生さん:04/01/11 17:49 ID:VrzqbEKr
>>22
LDのお子さんはたくさんいます。春は教員の入れ替えがありますから,(多い時は半分ぐらい)
担任がきちんと決定してから,じっくり説明をするのも大事だと思います。
>>24
それは思いこみではないかと思われ

30 :実習生さん:04/01/12 23:39 ID:QnjqHVdT
正直、教師も手探り状態。
実際、担任してみて接する中でどうすればいいか試行錯誤しながら・・
という感じですね。
熱心な教師は、研修、セミナーに参加して勉強する。
多くの教師は困惑しつつやり過ごす。
これからは教師にも専門性が求められてくるんでしょうが・・・。

31 :実習生さん:04/01/13 13:16 ID:haDotx3+
中途半端に知識がある先生は困ったものです。
その子を見てくれずに、こう言う障害のある子はこうなんでしょ?・・みたいな思い込みが強い人。

最終的に、指導の仕方・・をわかってくれればいいとおもうんですけどね。
障害がある人はパニックあるのが当たり前だから放置(「叱らなけりゃいいのよね」)
ってのはもう最悪です。



32 :実習生さん:04/01/13 19:47 ID:rXkjq2D8
障害の特性を理解せず、ただやみくもに叱るだけの教師。
障害児だから、と見て見ぬふり、なるべく関わろうとしない教師。
障害があるから仕方ない、と何でも許してしまう教師。

どれも困りものです。
知識がないのはわかります。
でも、「少しでも知識を持とう」とする姿勢がある教師が
たくさんいるといいんだけど・・・。
と、LD児の親の希望。
この春就学なので不安でいっぱいです。


33 :実習生さん:04/01/14 12:10 ID:8YoBLRVz
このスレに教師の立場の方の書き込みが少ないのを見てると、
特別支援教育が始まったときの混乱って言うのが予想されるよ。

34 :実習生さん:04/01/14 18:27 ID:CeRa51QI
私立学校なのでお金はかかるけど武蔵野市に良い学校があるそうで、
知り合いが受け続けてる。
編入とかでも3回くらい落とされてるけど。
私立ってここのことですか。

35 :実習生さん:04/01/14 18:40 ID:B+0S0hKs
>>32
一番の困りものは、「子供のため」と言いながら、
実は自分の見栄や世間体のために、
子供を普通の学校に通わせる親だけどな。

客観的に見て、特学の方がいいと思われるケースも多い。
日本の普通の学校は、クラス単位も大きいし、
専門知識を持つ人も少ない。そういうとこでは子供の方が不憫。

医師に条件付きで修学の可能性を示されたら、
それを拡大解釈して通わせる親もいる。
その条件が学校には不足しているのに…。


36 :実習生さん:04/01/14 21:02 ID:Q3lYS3yd
う〜ん、でも特殊学級の対象はだいたい知的に遅れのある子で、
軽度発達障害みたいに知的に高い(普通)の子の場合、
その殆どは普通学級にいってますよね?
今は通級制度もできているし、普通学級に通いながら個別
指導、っていう形ができるので、うちの子はそうしている
けど・・・それで今は落ち着いています。
特殊学級に通わせたほうがいいかな?という子は確かにいるけど、
特別支援教育が始まったら、特殊学級そのものがなくなる可能性
があるんだから、普通学級の先生もある程度障害児の対応の勉強
をしておかないと、現実問題今後大変なんじゃないかなぁ。

ところで特別支援教育、先生達どのくらい知ってるんだろうね?


37 :実習生さん:04/01/14 23:25 ID:3HMCNmnj
2ちゃんで相談してどうするんだって言う・・・・

38 :飲酒する14:04/01/15 00:15 ID:dgKaaqoQ
>>36
特別支援教育が始まっても特学はなくならないよ。名前が変わるだけだよ。

普通学級の問題だけど、現在も普通学級の中に6.3%いるというのが、特別支援教育が始まった一つの根っこでしょ。
だから、今すでに普通学級の先生たちはこの分野のこと(障害についての基本的なこととか、指導法とか)を知っていなくちゃいけないわけ。というか、そういうことをよく知らずに今までやってきたようにやろうとして、現在学級崩壊とかになっているのじゃないのかね?
だから、鋭い先生たちはせっせと勉強してるよ。そうでない人もいるけど…


39 :実習生さん:04/01/15 09:11 ID:reR8pIeX
>>38
極論を言えば、
今まではその15,6人に一人いるという児童を
問題児として扱い、半ば切り捨てることで、
崩壊を避けてた側面もある。

この部分は、明らかに諸外国より立ち後れている。


40 :実習生さん:04/01/15 09:45 ID:q4QnZG2k
私の聞いた範囲では「特支教室」は実際には今までのような特学教室は外され
普通級内で学習させると言うことでした。(加配教師など出来る限りの体制を
前提に)
私は親の立場ですが(中度の自閉)出来るなら普通級へ行かせたくありません。
週2時間程度の交流学習が望ましいのです。
それ以上になると他の生徒になんらかの負担がかかるのではないかと不安で
仕方ありません。
その要因は、どんなにベテラン教師でも熱血教師でも突然息子のような特質を
持つ障害児が授業に参加すれば困惑する場面も多々あるだろうと想像つくからです。
その度に他生徒との関係や障害の理解を求めるのはハードすぎるのではないでしょうか。
もちろん特学の中でも担任は変わりますがどんなに勉強されていても実技では試行錯誤の
連続で親とも揉めることが多いのです。
実際にもうすぐ退職という先生が特学の担任になりましたが最初は生活技能面と
認知発達訓練に力を入れすぎて子供との溝が深くなってしまいました。
何十年と健常児を卒業させ実績と信頼を受けるいい先生だったのですが
うちのような自閉症児と向き合えるまで何ヶ月もかかったのです。

親としては特支教室が施行される7年には養護学校を希望しますが
まず無理でしょう。
退学が可能ならそうしたいくらいです。
この板は先生の意見を求めてらっしゃる方が多いと思いますが(私も含め)くだらない
私情ですいません。



41 :実習生さん:04/01/15 17:26 ID:0+mYV0zJ
軽度発達障害児が児童の6.3%っていうと、一クラスに1、2人は
いる、っていう確率になる。
でも、教師の殆どは知識がなく受け持っているという現状・・・。
特別支援教育が始まれば、嫌でも勉強せざるを得なくなるんだろ
うけど・・・(熱心な先生はセミナーに行ったりして勉強されて
いるけどね)。

それにしても、知的に普通な分、難しい障害かもしれない。
殆どの親は「勉強ができるのだから」と普通学級に入れる。
中には「個性」としてしか親も思っておらず、適切な対応を
されないまま放置、と言う子もいる。(診断機関すらない地域
もまだまだ多いのが現状。)
教師にも知識がなくて「親の躾がいけない」なんて誤解している
人も多いし・・・。
親と教師の連携が不可欠だけど、実際はお互い批判しあっている
パターンも多いんだよね・・・。



42 :飲み始めた14:04/01/15 23:04 ID:dgKaaqoQ
特別支援教育についての議論の始まりは「21世紀の特別支援教育のあり方に関する調査研究協力者会議(最終答申)」
だと思います。ここには就学について、合理的な理由があれば、市町村の教育委員会の判断で、条件整備をして、
養護学校(適)な人も、普通校に受け入れることもできるみたいなことが書いてあります。。
でも、特殊学級については今まで通り存続するとあるので、名前が変わるだけだと思いますよ。
もし、私の知らないところで何か答申がでていたら教えてください。(自治体によって違うのかな????もしかして)

この話題のもう一つの疑問点ですが、いわゆる軽度発達障害児については、上の最終答申に書いてありましたが、「在籍の基準をきちんと作りましょう」という話で終わっています。
だから、どうなるかわかりませんが、「特別に加配をつける」ことと「IEPみたいな物をつくる」という点は間違いないと思います。

最終答申についてリンクを張っておきますので興味のある方はご一読ください。
http://www.nginet.or.jp/box/koshino2001.html



43 :実習生さん:04/01/16 06:25 ID:UNDDgfkU
>>42


リンク先の長い文章に、「予算」という文字は1文字も含まれていないな…

44 :実習生さん:04/01/16 12:25 ID:50Hp2EIp
色々なところで話を聞くけど、
予算はかけないで、現在ある場所などと連携してって、言うところと、を強調されてよく言われる。

個別級については学校教育法改正に伴って、75条が廃止されたら存続がどうなるか怪しいと言う噂を聞いています。



45 :実習生さん:04/01/16 19:25 ID:TINa0rC2
個別がなくなったらどうなるのか・・・

すごーーーく混乱するだろうな・・・

46 :実習生さん:04/01/17 00:25 ID:fGW4vMON
はっきり言えば今のほとんどの教師がDQNってゆかあんまり
賢くは無いでしょ?
そういう教師にめぐり合った障害児は悲惨極まりないと思われ
もっと質のいい人材が教師を目指す環境が出来ればいいね
はっきり言ってアホでも教師になれるからね

47 :実習生さん:04/01/17 01:43 ID:Wg2Vzr3Q
>自治体によって違うのかな????
違います。
少なくとも東京都の最終報告には存続のその字も出ていない。
2003年12月に各自治体が出してる最終報告を読むことをおすすめします。


48 :実習生さん:04/01/17 09:03 ID:2bdM7/N7
子供の支援云々言う前に、

教師自体が 知的障害?LD・ADHD・アスペルガー?な人がいっぱいいます。
あの人たちを先に何とかしてください。


49 :実習生さん:04/01/17 10:49 ID:JD+eed55
>>48
ごみん。
俺、現代の小学生だったら
間違いなくLDでADHDだわ。
でも教師やってるよ。

50 :実習生さん:04/01/17 12:43 ID:seOO3JQZ
熱心な先生もいます。
忙しい中、軽度発達障害の勉強会に参加したりして、
知識をつけようと・・・。
でも、30人近くの子ども達をみて、さらに多動の子、自閉の子、
となると本当に大変。
もう1人加配の教師がつけば、なんとかやっていけますが・・・。

51 :実習生さん:04/01/17 13:20 ID:2bdM7/N7
49さん、マジレスですが、

教師自体が 知的障害?LD・ADHD・アスペルガー?であるのは別に
悪くないと思います。

自分の認知がズレてるんだということにたいして自覚があればいいんです。

そういったことを生かして、自分と同じような子供にどうやって生きていけば
いいかということを教えてもらえたら、これほど良い教育はないと思います。

しかし、自分の認知がズレていることについて無自覚で、立場の弱い子供達に負担を強いている
教師が多いということが問題だということです。


52 :実習生さん:04/01/17 15:04 ID:QewwWk4g
とりあえず東京在住で興味のある方は行ってみては?

東京都心身障害教育改善検討委員会
最終報告に関する説明会の開催について

http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2004/01/40e1f200.htm

53 :実習生さん:04/01/18 16:45 ID:YIYKgvGa
親が「自分の子は障害児」と認識して、適切な教育を受けさせなくては
話にならない。うちの子は違います!とかいって認めない親が
多いからね。こどもがかわいそうだなあ。大人になって苦労するよ。

54 :実習生さん:04/01/18 22:40 ID:BTid+6kV
うん・・・少なからずそういう親はいる。
「昔なら個性として受け入れられていた。
障害なんて、変な括りをつけないで欲しい。」
頑として言い張る親。
それで適切な指導を受けれずに苦労するのは子どもなのに・・・。

55 :実習生さん:04/01/18 23:20 ID:BCWjTs1U
そして担任はへとへと
周りの子も大変 てか?

56 :実習生さん:04/01/19 08:23 ID:EstXBkS8
親が親が言うが、

正直、今学校で適切な指導なんかできんだろ。
障害ない人間だって、今のカリキュラムでめちゃめちゃになってるのにさ。

小人数だったら自信持って発達障害の子供を指導できるという先生
いたら手を上げてください。

57 :実習生さん:04/01/19 09:04 ID:WOPyEP5D
>>54
>「昔なら個性として受け入れられていた。
>障害なんて、変な括りをつけないで欲しい。」
学校としては受け入れていたけど、
実際は問題児として半ば切り捨てていたんだよね。

昔(といっても20年ぐらい前まで)は、
クラスにどうしようもない児童が1〜2人はいたし、
それを『悪い手本』として認知させられてたし。

昔の小学校では、今だったら校長の進退問題に
発展するような指導が、平気で行われていた。



58 :実習生さん:04/01/19 09:27 ID:qY7iXVjF
親だってさ、ヘンに片意地張らないで
「うちの子は障害児」って認めちゃえば
ある意味、気がラクになるのにね。
普通の子とはどっかで差がついてくるんだし。

59 :実習生さん:04/01/19 09:57 ID:q4o7BoYb
普通の子だっていろいろ差はつくし

60 :実習生さん:04/01/19 10:01 ID:jo+vip8+
>うん・・・少なからずそういう親はいる。
「昔なら個性として受け入れられていた。
障害なんて、変な括りをつけないで欲しい。」

私の知り合いにも似たような事を言っていた母親がいたなぁ・・・。
多動・学習障害?の子の親だけど
引き合いに出すのが、「エジソン」「黒○徹子(トットちゃん)」
「ノーベル賞受賞した○中さん」。
「親がゆったり構えたからあんな風になれた。「障害」として認めて
烙印を押してしまったらせっかく持っている個性を否定することにな
る。だって、昔は個性として皆からも受け入れられ、当たり前に生き
てきたんだよ?子どもを信じなくてどうするのって感じ!!」
その後引越ししてしまったので今どうしているか知らないけど・・・。

障害として認める=個性を否定するって・・・違うような気がしたん
だけどね・・・。
確かに、親がゆったり構えるのは大事だと思うけれど。




61 :実習生さん:04/01/19 13:29 ID:7WTHV76N
>>60
トットちゃんは、お母さんが本人には言わなかったけど
小学校を退学させられてるよ。
「トットちゃん」の本も、一気に1冊書ききることは出来ないので、と
連載方式にしてもらって本にしたはず。

個性として受け入れたお母さんがいたからなんとかなっただけで
また、私学の学園があったから受け入れ先があったのであって
ご本人のあとがきにも、学園がなくなって、今の子はどうしてるんだろう
と言うようなことが書かれていました。

母親の個性として受け入れてくれる場所を探す努力が
半端ではなかったと思われ。
親が何もしないなら、障害児扱いも致し方ないかと。

62 :実習生さん:04/01/19 22:17 ID:9ygFZtls
精神科医に言わせると、ノーベル賞の田中さんは「個性」の範疇に入る人で、アスペルガーと
は言わないそうです。

63 :実習生さん:04/01/19 22:44 ID:CZpEiXoF
ぜひ、きいてみたかったのです。ノーベル田中さんのお母様に。
田中さんは、小さい頃、ものを一列に並べたり、くるくる回ったり、
さかさバイバイしたりしていたのかいなかったのか。

64 :実習生さん:04/01/20 01:09 ID:ODbbhGnL
小さい子は物を一列に並べて遊んだり、くるくる回ったりするものですよ。
近所の大半の男の子がやってました。ウチはくるくるはなかったけど、
ルリルリルリ〜っていっつも言ってた。本をぱらぱらパラ〜って早く捲るのも好きだった。
今ひとつ落ち着きがないし、人前にでると興奮するし、
知らない人に同じ質問を何回も繰り返すし・・・・
でも今は普通の年長児だよ。
習い事の先生にも「集中力がある」と言われているし、
落ち着いてイスにも座っていられるし、
幼稚園ではみんなと仲良く遊べるし、サッカーも大好き。いわゆる普通の子さ。

65 :実習生さん:04/01/20 08:22 ID:kytDZXXN
LD・多動・高機能自閉症児って、難聴の子供と状況が似てる気がする。
例えば、難聴の子が普通級に入ったら、聞こえてないのに聞こえてるものとして
扱われるでしょ。

軽度発達障害も、能力が無いのに、あるものとしてみなされているから、色々
トラブルが起るんじゃないかと。

逆に能力があるのに、ないものとみなされて放置されたりね。

66 :実習生さん:04/01/20 09:36 ID:iI1MHaA7
今、LD周辺児のためのフリースクールとか結構できて
きているけど、どうなんだろう?
健常児と共に画一的な学校教育を受けさせたほうがいいのか、
同じような障害を持つ子達がいるその子に合わせた教育を
してくれる学校のほうがいいのか・・・。

67 :実習生さん:04/01/20 14:57 ID:DORpbZ40
軽度発達障害の子にばんばん勉強させて、大学行けたはいいけど
大学生活で孤立とか、会社にも入れず卒後プー、または入っても
続かないですぐやめちゃう、という子多い。
かわいそうだよね。
普通に働ける、世間や会社でやっていけるように教育(療育)
してあげたほうがいいのではないの。

68 :実習生さん:04/01/20 16:40 ID:qyNS1Ge2
根本敬の「因果鉄道の旅」と言う本で、彼の友人である山野辺君と言う教師について語られて
いるのだが、この人物はなんらかの障害を抱えているとしか思えん。

69 :実習生さん:04/01/21 09:38 ID:vpMGIUwT
>67
両方頑張ってる親御さんが多いかと。>療育&勉強
でも、療育にも限度があるし対人関係が苦手な以上
一般職に就くのはやっぱり軽度発達障害者には不利なこと。
ならば、得意なことを生かしたエキスパートに育て上げ
実績さえ有れば認められる仕事に就かせたいと思ってる親御さんが多いのでは。

70 :実習生さん:04/01/21 10:23 ID:jHc0nk7P
>対人関係が苦手
多動や学習障害の子だと、対人面での障害はそれほどない、
かと思えるけど。(いや、個性的だからやっぱり難しいの
かな?)
障害を受け入れた親御さんは両方を必死に頑張っていると
思う。
あるお母さんは親の会に入り運営・活動・情報収集、
一回一時間1万もする 療育の教室に週1回通わせ、
障害児受け入れに理解ある塾を探し通わせている。
で、こんな風に出費が多く、金銭的に苦しいので働いて
いる。学校の役員もやって、学校と連携している。
いつも「体が二つ欲しい〜」って忙しそうだよ。
でも、お母さんの頑張りからか、そのお子さんは今すごく
落ち着いていて・・・すごいなあ、と感心するよ・・・。
逆に、子どもに多分なんらかの発達障害がある、と思われる
のに「個性です!!」と頑ななお母さんも知っている。
そのお子さんはよくパニックを起こし、教室の窓から
「死にたい〜!」と飛び降りようとして騒ぎを起こして
いるらしく・・・。
なんだか切ない・・・。

71 :実習生さん:04/01/21 11:37 ID:vpMGIUwT
>>70
>多動や学習障害の子だと、対人面での障害はそれほどない、
かと思えるけど。

いえいえ、やっぱり一番の問題はコミニュケーション能力の欠如なんです。
多動の行動のみに関しては、年齢と共に収まるケースも多いけど
LD、ADHDともに、やはり対人関係は苦手です。
どれも見た目は似たような感じに見えますが、
LDに関しては、場の雰囲気が読めない、人の感情が読めない、話がよく分からない
などの認知力の障害が原因でコミュニケーションに困難を生じます。
ADHDの場合は、感情の制御が効かない、結果を考えずに衝動的に動いてしまう、他人の話に集中できない、など
やはり対人関係に困難を生じます。
うちは視覚認知のLDですが、むしろ勉強はなんとかなるけど
集団に入ったときの対人関係が一番の問題です^^;

>あるお母さんは親の会に入り・・・
すごいですね〜。私も見習わねば!

72 :67:04/01/21 14:43 ID:MfB3+J4d
「普通に働ける、世間や会社でやっていけるように教育(療育)」
することは、勉強をさせないってことではない。
そうではなくて、双方のバランスを取れということ。


73 :実習生さん:04/01/21 18:21 ID:Wl9A+GFo
>あるお母さんは親の会に入り運営・活動・情報収集、
>一回一時間1万もする 療育の教室に週1回通わせ、
>障害児受け入れに理解ある塾を探し通わせている。
>で、こんな風に出費が多く、金銭的に苦しいので働いて
>いる。学校の役員もやって、学校と連携している。


多動や学習障害の子を持つ親はこれくらいしないといけませんね。

74 :実習生さん:04/01/21 20:59 ID:hFQGoaX5
>>73
それは極論。
叩きスレならいい燃料。

75 :実習生さん:04/01/21 21:41 ID:NBHVxHTP
教室に入れ込みすぎて、新興宗教の信者みたいなママさんいたよ。
何でもかんでも、そこの先生が絶対正しい。
他の話なんか耳に入らない。
一生懸命はいいけど、あーなっちゃうと、ちょっと…。

76 :実習生さん:04/01/22 01:08 ID:5uuVqNTM
なんにも無い時はいいんだ。
心配なのは不審者が侵入してきた、とか、大きな災害が起こった時。
状況を判断する事とか指示に従うという事の能力に乏しい高機能自閉症児を
自分は守る事ができるんだろうか?

・・・なんて事を何度注意してもストーブでハナクソ燃やしをしてた児童を見て
心配になる今日この頃。(ゆえにうちのクラスは大寒だというのにストーブなし
なんですよ。)




77 :実習生さん:04/01/22 08:26 ID:kfDk59HB
>>73 子供が軽度発達障害ってことが入学してからわかったんだけど、
   まだ、未診断で学校でトラブル起しまくってたころ、担任に言われたよ。

  >>70に書いてあるような、頑張るお母さんみたいな人がうちの学校にもいて、
   お母さんも○○さんみたいに風になってくださいって。
   障害級に入って、お母さんもがんばればお子さんも変わりますよって。

78 :実習生さん:04/01/22 10:31 ID:wi9HeoXM
>あるお母さんは親の会に入り運営・活動・情報収集、
>一回一時間1万もする 療育の教室に週1回通わせ、
>障害児受け入れに理解ある塾を探し通わせている。
>で、こんな風に出費が多く、金銭的に苦しいので働いて
>いる。学校の役員もやって、学校と連携している。

いくら親が頑張っても、
学校が理解・協力してくれないと苦しい。
一日の多くを子どもは学校で過ごすんだから・・・。
親だけ頑張ればいい、というもんじゃない。
親は何もしなくてもいい、とは思わないけど。

療育の先生は、「今、障害児教育が変わり始めている。
あと、4、5年先もすると、今とはだいぶ違っていますよ。
軽度発達障害を知らない、協力しない、とは学校側も言って
いられなくなる時代になります。」
と、言っていた。
専門知識がないと、先生も「どうしていいか」苦しいだろうし、
教師向け研修をたくさんやって知識をつけて欲しい。
先進的な地域は今すでにかなり頻繁にやっているようだけど、
そうでない地域もまだあるしね・・・。
これから、かな。

79 :実習生さん:04/01/22 10:50 ID:kfDk59HB
協力体制できるまで、4,5年先かあ。

もう、うちは義務教育もそろそろ終わりってころだなあ(w
でも、それくらいかかるでしょうね。

うちの地域は割合先進的と言われてる地域らしいですが、それでも普通級の先生は、障害がある子をなんで私が教えないといけないの?ってとこあります。

80 :実習生さん:04/01/23 00:56 ID:rNJFZi83
>>68
このスレで「因果鉄道」などという文字を見るとは。
2ちゃんおそるべし。

81 :実習生さん:04/01/23 12:57 ID:LTa7zl1k
昔は軽度発達障害、という括りがなかった。
その殆どが個性や親の育て方のせい、と言われ、普通学級に
フォローもなく在籍していた。
(今ですら、教師には知識の無い人が多いけれど。)
軽度発達障害の人は、一体、どんな学校生活を送ってきたんだろう?
トラブルを起こしても問題児扱い?
完全放置?
上の子のクラスに、ん?という感じの子がいる。
授業参観の時、1人床に寝転がっていた。
先生は完全無視して授業をすすめていた。
いたたまれなくなったお母さんが「起きなさい・・・!」
とその子にささやいていた。(けど起きない)
最後、先生がひとこと。
「今日ぐらい、ちゃんとできたらよかったのにね。○○くん。
情けないと思わない?」 
授業参観でそんなこと言う?と驚いた。
そのお母さんも気の毒で・・・。
ちゃんとできない、要因がきっとあると思うんだけど・・・。
わかってるのかなぁ。


82 :theから一時避難:04/01/23 17:26 ID:vHLhCiaN
・・・まあ、よくある話ですよ。
 >>1以下、高機能自閉症とアスペルガー症候群を同一の障害として扱われているようですが、いいのかな。
 広汎性発達障害の中でももっとも軽度のところにアスペルガー症候群があると思っていたのですが。
 もちろんそんな違いは、教育上の接近のしかたに大きな影響をもたらさないでしょうけれども。

83 :実習生さん:04/01/23 18:28 ID:/EOzol4p
>>81

私は今で言えば多分ADHDに分類される人間だと思うんだけど、
先生によって扱いは様々で、はみ出した行動があれば、叩いたり、怒鳴ったりする
先生もいましたけど、少数で、今思えば全体的に先生には恵まれてて、何度も言い聞かせていただいて
ゆっくり理解しながらやってきました。

このごろ考えるのですが、先生も今時は余裕ないですよね。
子供も、細かいこと指定してあげないと何もできない子が増えたって言うのもあるけど。

昔は授業終わって、職員室に行ってのんびりしてる先生と話をしたりとか出来たし、
先生にももっと時間があったと思うんだけど、
今はホント終わったらすぐ会議、研修、平日の授業も増えて、話をする時間もないし。


それと、この頃は先生が子供に対して「そんなこと子供に言っていいのか?」って言うような酷いこと言いますね。

なんか学校に限りませんが、大人と子供という概念が今1つなくなってきて、
立ち居振る舞いがおろそかになってる気がします。
そう言うのが良くないなあと思ったりする今日この頃・・・・って、
全然話がそれてすみません。

でも、障害とか特別支援言う前にそこらへんをもっと考えて欲しいと思うんでage


84 :実習生さん:04/01/24 12:36 ID:niQiAKBB
昔よりも今のほうが児童数が少ないし、クラス辺りの人数も減らしている
傾向があるし、TTとか・・・生徒を指導するにはやりやすそうですけど
ね・・・。
今の先生のほうが忙しいんですね・・・余裕がない状態ではゆったり
子どもを見守れなくなってしまいそうですが。

一時期、「学級崩壊」という言葉が巷でよく聞かれたじゃないですか?
多動の子が1人いて、その子のせいでクラスが落ち着かなくなり
学級崩壊してしまった、という話をよく聞きました・・・。
多動の子は昔からいたはずなのに、なぜ、と思いました。
教師の指導力が落ちたのか?子ども達が変わったのか?


85 :実習生さん:04/01/24 12:43 ID:lVbCmeoz
親が躾をしなくなり,
地域人も教育放棄
そして保育所幼稚園で自由保育が始まったから

86 :実習生さん:04/01/24 14:08 ID:Kxqp7qwL
>多動の子が1人いて、その子のせいでクラスが落ち着かなくなり

全てが多動の子ではないと思う。

87 :実習生さん:04/01/24 14:39 ID:Vjqd+i/L
これから養盲聾学校他の人々も 権利とかで
どんどん「普通の」学級に入ってくるから
もっと普通の人に指導できなくなるし 落ち着きがなくなる

88 :実習生さん:04/01/24 15:14 ID:9ENl7S4l
兄弟も減って、家族も核家族になったし、地域って言うのが無くなって、子供の集団力が落ちてるって言うのはありますね。
放課後寄って遊べる場所もないし、習い事してるから、時間もないし。

そう言う意味では変わったなって思いますね。

89 :実習生さん:04/01/24 15:16 ID:9ENl7S4l
それと、集団力が落ちてるって言うのもあるけど、体力も凄く落ちてて、
うちの子供が行ってる学校が都市部って言うのもあるかもしれないけど、5時間目
くらいになると、みんな座ってられないくらいくたびれてるんですよ。
授業もかったるいって言うのもあるけど、基本的に体力ないみたい。

町探検って言う授業で町中を歩くんだけど、ちょっと歩いたら、目が据わってる子が
いて、可哀相だったよ。

90 :実習生さん:04/01/24 15:23 ID:9ENl7S4l
先生の指導力が落ちてるかどうかわかりませんが、
先生というだけでみんな黙って言うことを聞くという習慣がなくなってきてるなあと思います。

授業参観で保護者もお喋りしてたりするので、そういうのは良くないですね…。

91 :実習生さん:04/01/24 18:16 ID:q2Tc/r21
>>81
小〜中学校ではよくパニックや癇癪を起こしてたね。
しょっちゅう教室を飛び出していつもの所に隠れて泣くんだけど
最初は教師も何か相手してたけどその内完全放置になったね。
小5の頃教師にビンタされたりしたよ。相手が先にやって来たからそれに怒った事を明確に主張してたらさ。
俺は昔から、時間をかけて分析すれば分かる(本当にはあまり分かってない)
からリアルタイムでも分かってるもんだと勘違いされていたらしい。
だからただの問題児扱いだったと思う。 俺が教師や周囲の思い通りにならないから
放置&虐めになった様だ。 奴隷じゃねーもんそりゃ無理だ。
でも、用務員のおじさんだけは、隠れてる俺を見つけたら必ず相手してたよ。
周囲の人と教師が俺の特性を知ればこんなトラブルはほぼ起きない。
それを証明する事例で、高校では、俺の特性が奇異だと寄ってたかってピックアップしたり
都合よく利用したりする環境ではなかったから
大きな問題はほとんど無く、人格面の評価も他の健常者達より高い評価を受ける事すら
できました。
中学時点で他の奴より成績悪かった様だけど、環境が変わったらいきなりトップになりました。
特性の理解・配慮によってここまで変わるらしい。
(これはアスペルガーの場合。診断受けたのは高校卒業してから)



92 :実習生さん:04/01/25 04:25 ID:TtGU/afU
>>91
周囲の理解や環境によって
健常児以上に、発達障害の子が変わるという
よく分かるお話でした。ありがとうございます。
自分の子もアスペですが、彼のためにもっと理解を深めようと思いました。

93 :実習生さん:04/01/25 12:28 ID:btGZ1V0X
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/baby/1069310842

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1065726498/
のスレでも少し話題で出ているようですが、
軽度発達障害の子は「ちょっと変わっている」程度にしかみられない
ため、「障害児というレッテルを貼るのはどうかと思う」
というような意見が世間一般ではまだまだ多いようです。
私の周りにも「変わっているからと言って病気(←ではないが・・・)
にするなんて、おかしい」
と言う人が多いです。(うちの子はアスペルガーです)
学校の先生にまでそのような事を言う人がいるので、閉口してしまい
ます・・・。
もっと、この障害に対する正しい理解が広がる事を願ってやみません。

94 :実習生さん:04/01/25 13:54 ID:Z/yT0Ydx
病名が付いたら付いたで一般人たちから基地外とごっちゃにされる危険も。
現に自閉症とASは。

95 :実習生さん:04/01/25 14:54 ID:lgrV7UQe
>>94
>病名が付いたら付いたで一般人たちから基地外とごっちゃにされる危険も。
私は幼少期に「自閉症様の障害」と診断された者ですが(未療育)
それもあって成人後確定診断受けに受診できずにいます。
(診断されたら(下手すると受診がばれただけで)、
まず間違いなく失職…正社員ではありませんが…なので、
受診するとしたら無職になった後になるでしょう。
今は職場の環境に恵まれているので、職場の環境の方が
変わらない限り、今の職を失いたくないのです)

96 :実習生さん:04/01/25 15:20 ID:ZxGmClKt
>>92
理解もそうですが、自分は基本的に理解の無い環境にいますが、そこで救われた事があります。
それは、「好きな事やこだわりを邪魔されない事」です。
人生の半分以上は酷い何かしらの虐めがありましたが、それでも人格障害等の二次障害が
起きなかったのは、いくら嫌な事があっても家に帰れば機械をいじっていられるし、毛布にくっついて
ほお擦りしたり、端っこで自分をこちょばしたり出来たからでしょう。
これが知らず知らずにストレス発散になっていたと思われます。
しかも機械いじりで得たスキルは生活上でも役に立ちます。 中学頃からは、ビデオデッキ等の
精密部品の修理や調整も出来る様になりましたから。
こういう趣味の延長上で、電気工事士の資格も取りました。簡単でした。


97 :実習生さん:04/01/25 15:22 ID:ZxGmClKt
それと、今の社会はASに全く理解がありませんよ。 技能面では満たしていても採用されなかったり
面接そのものを拒まれたりします。 診断もらう前は一発合格して就職していたのに
ASであるとそこまで社会では弱者となる様です。
ついでですが、ASには電気工事士は無理かと思いました。
なぜなら、相手の気持ちを読んだり相手と協調したり、1の言葉で気を利かせて10動いたりする事が
当たり前ですから。 それで無理でリタイアして、後に試しに受診したらASの判定を受けた次第です。

長々とすいませんでした。



98 :実習生さん:04/01/25 16:06 ID:tXDmQbTV
>相手の気持ちを読んだり相手と協調したり、1の言葉で気を利かせて10動いたりする事

これがどうしても出来ないのであれば、別に電気工事士に限らず会社勤めと言う形で働くのは
無理ですね。
自宅で一人でできるなんらかの仕事を探した方がいいと思います。

99 :theから一時避難:04/01/25 16:08 ID:AD2x/msi
 レッテル貼りに関しては、否定的な考えの人に遭遇したことあります。
 グループ会で転入児の実態報告したとき、対応上の注意を喚起したかったので
教育上のアセスメントとしては掟破り承知で「反抗挑戦性障害・汚言症・遺糞症
等が疑われる。」と報告したら、スーパーヴァイザー気分で出席していた部主事
に「○○症のような見方はダメ」と言われました。教育上の見立て違い(それも
重い方への)で死にはしないと思うが。<被虐待情緒障害児の話でした>
 AS?。養護学校にはもっと重度の人しかいないからあまり接触したことないけど、
養護学校の先生でもわかってないな。「地域の特別支援教育のセンター的機能」
なんて今のままでは任せられない。

100 :theから一時避難:04/01/25 16:17 ID:AD2x/msi
おっと、上に誰かが。
 「自宅で一人で・・・」
 確かに大人になって職業生活にはいると、いくつもの職場を際限なく短期間で
転々としていく人が多いので、「あなたの言ってることはノーマライゼーション
に反する」みたいな安っぽい批判はできません。が、彼らにとってもっとも安心
できる「自宅で一人で」が本当にいいのかどうか、少し検討が必要でしょう。
 それにはここはウッテツケ。
 

101 :実習生さん:04/01/26 01:40 ID:igCcZJp2
>>98
簡単に言うなよ。そんな都合のいい仕事なんかないぞ。
そういう唄い文句の詐欺なら沢山ある。 そんなリスク犯せる程
裕福ではないし、内職なんかじゃ食ってけない。
それに、ここいらが自閉者共通の障害な訳だ。 何か、自閉者は死ねと言われてる気分になるな。
むかつく。

ASでも高機能群に属する俺は、今までの膨大な記憶を使えば普通に健常者レベルまで行くが、
それをしっかり機能する状態で一日持続させるのは至難の技だよ。
特に連続しての意思疎通では、耳鳴りがしたり目の前にノイズが入ったり
少し時間が飛んだりする位の負担がかかる場面がある。
高機能群に属していてもこれという事は、それ以下のAS者は少なく共これ以上
適応が困難だと思われる。


102 :実習生さん:04/01/26 01:44 ID:igCcZJp2
何か、生存エリアの円から蹴り出されたギザギザのカスの自閉を示す映像が見えてきてむかつく。
その後、蹴り出されたそれの生まれた、それに刻まれた時間や存在の意味の無さ、
それを解体していく時、それが生まれ、動いていた時間や長い記憶、存在の、より意味の無さ。
それがどんどん崩壊し、やがて消えていく様子が悲しい。
「それ」に「俺」を代入し、俺自身が俺を解体し、その様子と刻まれた記憶を重ね見たものを
頭の中で見た時、迂闊にも泣いてしまったよ。


103 :実習生さん:04/01/26 07:45 ID:bL0eTIjw
ASは高機能群より、健常者に近い群の事を言うんじゃなかったかな?

104 :実習生さん:04/01/26 10:30 ID:X+93S3pb
>>91

>小〜中学校ではよくパニックや癇癪を起こしてたね。
>しょっちゅう教室を飛び出していつもの所に隠れて泣くんだけど
>最初は教師も何か相手してたけどその内完全放置になったね。
>小5の頃教師にビンタされたりしたよ。相手が先にやって来たからそれに怒った事を明確に主張してたらさ。

いまうちの息子がこういう感じです。


>俺は昔から、時間をかけて分析すれば分かる(本当にはあまり分かってない)
>からリアルタイムでも分かってるもんだと勘違いされていたらしい。

これって、とても理解できます。私もそうだし、息子もそう。


>でも、用務員のおじさんだけは、隠れてる俺を見つけたら必ず相手してたよ。

こう言う人が学校にいればいいですね。

うちの子の場合1年のときは校長先生がそういう感じで相手をしてくれてて、
今は障級の先生と保健室の先生が気持ちをやりすごしてくださっているようです。

本当は担任の先生ももっと余裕が出るように、数学だけでなく普段からTTを入れて欲しいです。
生徒の数を減らして一人に担任させるより、学級は二人で見たほうが効率が良いと思います。

ただ、先生同士ってなんだか連携を取るのが難しそうな性格の人多いですね。

ココが一番の問題点だと思うのですが、一体どうしてでしょうか。不思議です。

105 :実習生さん:04/01/26 14:25 ID:vT2rmGyb
教師と呼ばれる人種が、最も社会性がないって知ってる?

106 :実習生さん:04/01/26 14:31 ID:IbwLTEOG
>>105
知らない。


107 :実習生さん:04/01/26 17:28 ID:igCcZJp2
>>103
ここで言う高機能ってのは、高機能自閉症の事じゃなくて、能力面での事ですよ。


108 :実習生さん:04/01/26 19:52 ID:IZRBvNpt
>>5のテレビ番組で紹介された、支援センター掲示板より。

それいゆがTVに出ると聞いて驚き、次に堀田さんが出演すると聞いた時
は、!!の連続でした。
撮影が進むにつれ泣き虫の堀田母は少しですが強くなっていきました。
 毎日、泣いたり、落ち込んだりの日々を過ごして来たけど、智子先生、
それいゆを知り私達は信頼できる人に出会いました。 それと同時に、
和史君も、もっとも信頼、絶対にまもってくれる智子先生に出会い変わっ
ていきました。  先日の講演会で、和史君の行っている学校は、
日本一?と言われた時も驚きましたが、担任を始め特学の先生、保健の
先生・・とたくさんの先生が堀田君を支えています。テレビでは、最後に
少し、学校の支援を映してくれましたが・・もっと学校での手立てを映し
て欲しかった。なあ〜。
また、他の学校での取組み、手立て等をたくさん聞きたいです。よろしく
お願いします。   




109 :theから一時避難:04/01/26 19:55 ID:W5Q/FOFy
「ここで言う・・・」の<ここ>ってどこからですか?
>>1の段階では、確かに高機能“自閉症”って書いてあるのですが。

>>103:高機能自閉症とアスペルガーの違い・・・
言語によるコミュニケーションの困難の有無が診断基準とかどこかで
見たような気が。DSM−Wかなあ。


110 :theから一時避難:04/01/26 19:59 ID:W5Q/FOFy
あ、またしてもいつの間にか上に・・・
それ、見なかった。

111 :実習生さん:04/01/26 20:39 ID:IZRBvNpt
>>109
IQ70(ボーダー)以上の自閉症を高機能群。(高機能自閉症)
の、中でも言語に遅れの無い者はアスペルガー。
幼児期に言語に遅れがあった者でも、成長と共に知能が標準に達し
言語の遅れがみられなくなる者もいるので、明確に線引きをしていない
専門家も多いようです。

>>110
28日1:20〜再放送ありますよ。
28日夜は思春期の子が出てきます。

112 :実習生さん:04/01/26 20:52 ID:igCcZJp2
>>109
「ここ」とは、自分のレスの中の事です。
則ち、自分が言った「高機能」とは、「高機能自閉症」の事ではありません。
「高機能」の内容は、記憶のデータベース等から、その条件における事象を
パターンの連続の中から繋いで推測したり、反応のズレを強制的に補正する方法を作ったり、
また、パターンを適正に感覚化して強制的に適応させる等を行う為にも必要である、
「理解力」がかなり高いと能力評価で評価されたので「高機能」と使いました。
しかし、基本的に感覚が違うので常に「普通」ではいられません。


113 :実習生さん:04/01/26 21:01 ID:sbM6WDLI
関連スレ
自閉症(AS,LD,ADHD,チック)について語りませんか?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1065726498

114 :theから一時避難:04/01/27 10:06 ID:t1tcSM/h
28日見まーす。
“ここ”了解
>>113:いってみよっかなー。
 チック? 会議(ケース会のようなもの)で児童の実態報告したとき。
「汚言症(コプロラリア)の可能性が・・・」と言ったら、○○症という
見方はいけないとか何とか。学校の先生って、子供の“異常行動”について
<不随意な行動>という見方があまりできない。
              ・・・わかりにくい話で失礼しましたあ。
(2チャンネルの人たちって何でネーム書かないのかなあ。ID:は変わるから識別できない。)

115 :実習生さん:04/01/27 17:33 ID:9PX4pRIh
娘の同級生の男の子がASだと思う。親は気づいてないっぽいけど。
どんなに嫌がっても抱きついたり触ったりするみたいです。
相手の気持ちがわからないから仕方ないとは思えない。
気が小さくて担任にも言えずに泣いている娘が可哀想です。


116 :実習生さん:04/01/27 18:57 ID:xJeQjXy7
>>115 娘さん可哀相ですね。

そのことだけで、男の子がASかどうか決めつけるのはちょっと疑問ですが
子供って障害の有無に関わらず、相手のことを想像できない場合があります。

115さんが、、何かの機会に、そっと、その男の子に「嫌がってるからやめてね。」って言ってあげることって出来ませんか?

うちのADHDの息子は過敏性なのですが、肉厚なのが災いして、女子につつかれて泣いてたことがありました。
息子から言っても冗談と思われて聞いてもらえないようだったので、私から「ああ見えても、感じやすいの。すごいイヤみたいで家でも思い出して泣いてるので、すまないがやめてもらえないだろうか。」と
話したら理解してくれました。

注意するって言うより、今後の良い関係を築く話をするように気持ちを持っていって話をしてみてください。

117 :実習生さん:04/01/27 22:10 ID:PcJdjQu8
>どんなに嫌がっても抱きついたり触ったりするみたいです

もしもその子がアスペなら、娘さんの反応を「勘違い」している
可能性があります。
きっとその子は娘さんに好意がある、気になるんだと思う。
仲良くしたい、という気持ちがある、で、抱きつく。
娘さんが「嫌!」と騒ぐ、すると、「相手をしてくれた」、と
喜ぶ。(これって、健常の子でもありそう、ですがアスペの子の場合
「嫌がられている」とは思っていない、純粋に喜んでいる。)
担任の先生に「娘が困っている」と話してみる、というのはどうなんで
しょうか?仲介役が必要だと思いますが。


118 :実習生さん:04/01/28 00:08 ID:59aooRR0
診断もないのに勝手に人のことアスぺとか決めつけるのはどうかと思います。
今後の特別支援にしても、勝手に教師が決めつけるんでしょ?

素人に診断できると思ってる時点で、偏見を助長してるよ。

119 :実習生さん:04/01/28 13:08 ID:8R2HT+Im
>今後の特別支援にしても、勝手に教師が決めつけるんでしょ?

それは、違うんじゃないかなぁ・・・?
軽度発達障害の診断なんて素人ができるものじゃないよ。
学校は専門機関じゃないんだから。
教師にも学校にもそんな権限は持たされないと思われ。

115さん、その子がASかどうか、というのは置いといて、
(私も、あなたにASだと判断する権限はないと思うし、
素人なんだから勝手に決め付けてはだめだよ)
娘さんが困っているならやっぱり学校の担任に連絡するべきだと
思うよ。
そのままじゃ娘さんが不憫だよ。



120 :実習生さん:04/01/28 14:10 ID:59aooRR0
>>119 でもさあ、今後の特別支援教育についてすすめるにあたって、クラスの支援が必要そうな子供の
人数の割りだしってチェックシート配られて、教員がやってるんでしょ?
診断受けてないような子供を教師が人数に入れてるって聞いたよ。

うちの子供の学校の校長なんか、「特別支援教育って言うのは軽度発達障害の子供へのケアもそうなんですが、
不登校の子供も含まれます。不登校の子供の中には、診断は受けてなくてもアスペルガ−とかADHDとかの子供もいるんですよね。」
と、こんな言い草でしたよ。

実際不登校の子供のなかには発達障害があって、学校のシステムについて行けない子どもは
いるでしょう。だけど不登校=発達障害じゃないはず。

でも、学校長(うちだけと思いたいけど、多分他にもいるんじゃない?こんな教師)からして、不登校=発達障害
みたいな口ぶりで保護者の前で言っています。

保護者のなかにも、クラスでやってけない子供に「あの子ってADHDとかじゃないの?」って
言うような保護者が増えた。

今までは、教師が自分の手に追えない子供たちを「親のしつけがなってないから。」と言って来たのを、今度はそう言う障害名に
置き換えて言うんじゃないかと心配だよ。

121 :実習生さん:04/01/29 02:56 ID:34Wdpqas
>>115
うう、その男の子うちの子に似てる…;
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。
うちは診断済みなんだけど、やっぱり人とくっつくことが
大好きで、抱きついたり手を繋ぐことを求めます。
家では「君は良くても、抱きつかれて嫌な子もいるんだから止めようね」と
繰り返し教えていますが
「相手から抱きつかれる」「他の子が抱きついてるのを注意したら逆に責められた」等から
かなり混乱しているようです。
多角度から捉える、状況や場面を把握する、ということが苦手なんですね。
その子が本当にアスペかどうかは分からないけれど、アスペだと仮定して
(先生を通してでも良いので)その子に「うちの子は抱きつかれるのが嫌だから
抱きつかないでね」と具体的に伝えるのがベストかと思います。
場面把握で混乱するタイプの場合、言葉で具体的に「○○は○○してはダメ」と
示す方が理解しやすいのです。
そうすれば「嫌がってる子に抱きついてはいけない」という曖昧な認識から
「○○ちゃんには抱きついてはいけない」というハッキリした認識と共に彼のルールに出来る可能性が高いです。
その際、怒ったり叱ったりするのではなく、ハッキリ的確に冷静に伝えて下さい。


122 :実習生さん:04/01/29 03:00 ID:34Wdpqas
追記
上記で具体的にハッキリ説明を、と書きましたがその子が
聴覚認知力の弱い子の場合は言葉での理解は難しくなるので
絵や図にして説明した方が伝わりやすいです。

123 :theから一時避難:04/01/29 09:48 ID:AEAnhJJ9
>>118;の問題提起に戻るが・・・
 「決めつけ」という表現を使っておられますが、教師には<アセスメント>が
できるようであって欲しいですね。自分の仕事(治療ではなく教育)のために、
「この子は○○症かもしれない。それに応じた指導を考えなくては」のように。
もちろんDSM−Wのようなものを眺めて考えるわけですよね、素人なりに。
 実は職場で、やはり118号のようなことを言われたことがあるのですが、
その「偏見を助長」って、どういうことを言っているのかわからないんですよ。
教師の態度が思いやりのあるものに変わるのでは?ただの<変な子>としか見て
いなかった時よりも、子供の側から世の中を見なくては、と思えるようになるのでは?

124 :実習生さん:04/01/29 10:17 ID:KFpoRlUX
>>123 

どう言った状況で>>118のようなことを言われたのか、良かったら教えて下さい。

125 :実習生さん:04/01/29 10:29 ID:gsyD0vF7
教育のためのアセスメントですか・・・。
たしかに教師はもっと専門知識があったほうがいいと思います。
しかし、発達障害かどうかの「見立て」は(こう言うと語弊が
あるかもしれませんが)片手間にできるものではありません。
たくさんの臨床経験を積んだ専門家でないと難しいのです。
その辺りを先生方に熟知していただかないと、「わかったつもり」で、
簡単に「あの子は○○障害に違いない」などと言ってのける人が
出てこないとも限りません。
軽度発達障害に近い個性的な健常の子はたくさんいます。
そういう子達まで、「障害児」とされてしまうと困ります。

>でも、学校長(うちだけと思いたいけど、多分他にもいるんじゃない?
こんな教師)からして、不登校=発達障害みたいな口ぶりで保護者の前で
言っています。

この程度の知識で「発達障害を語る」教師がいるんですからね・・・
思いやられます。



126 :theから一時避難:04/01/29 22:20 ID:3b8tWMmC
 ・・・そうですか。125号さん(何で2チャンネルの人たちって名前入れない?)に考えを
変えてもらうつもりは毛頭ないからこれ以上の進展はない。
 私の方は、最近の一連の答申のおかげで、教師たちの間に「(○○症かなぁ)」という見方が
流行してくれるのは歓迎です。学校の先生(特に、なぜか若い女の先生)は、みんな頭がよくて
小学生のころからひたすらいい子で、行動が普通じゃない子供の事を主観的に(この表現で通
じるだろうか?いい言葉が浮かばない)理解できる人が少ないのですよ。そんな彼女たちが「
(もしかしたら・・・)」という今までと違う見方をしてくれるならありがたい。
 障害児か否かではなくて、問題は、その子が特別な教育的ニーズを持っているか
どうか、ですよね。
 <変わった普通の子>には特別な教育的ニーズがない。まあ普通に考えて
“障害児”と呼ばれるくらいの子のほとんどは、特別な教育的ニーズを持って
いるな。
 私は<虐待>やってるんですが・・・いや、被虐待情緒障害児への対応法を
考えているということですが、広汎性発達障害の子どもたち以上に<○○症>
を持った子=特別な教育的ニーズを持った子として見ることの必要性を感じますよ。

>>「どういった状況で言われたか」?。ひ、ひ、ひ。書けません。

127 :実習生さん:04/01/29 22:53 ID:NQJPXFTx
>何で2チャンネルの人たちって名前入れない?

それはここが2chだからでしょうね。他の板を見てきてみてください。
2chは匿名掲示板だからこそ本音を書いたり出来るんです。
コテハンは叩かれる元になるので、みんな使いたがらないですよ。

128 :実習生さん:04/01/30 08:37 ID:BDFPbuxw
theから一時避難さん、

>学校の先生(特に、なぜか若い女の先生)は、みんな頭がよくて
>小学生のころからひたすらいい子で、行動が普通じゃない子供の事を主観的に(この表現で通
>じるだろうか?いい言葉が浮かばない)理解できる人が少ないのですよ。そんな彼女たちが「
>(もしかしたら・・・)」という今までと違う見方をしてくれるならありがたい。

>ただの<変な子>としか見ていなかった時よりも、子供の側から世の中を見なくては、と思えるようになるのでは?

と、書き込まれていますが、


 人 を 障 害 者 扱 い し な い と 、 子  供 を 扱 え な  い 教  育 シ ス テ ム

 又 は 教 師 側 に 問 題 あ る っ て


あなたは、考えませんか?

そこに、思い至らない限り、今後の特別支援は無意味です。
新たな混乱と差別を生むでしょう。


129 :実習生さん:04/01/30 09:02 ID:BDFPbuxw
 教育とは、その子の特性を把握した上で、その子の持てる能力を伸ばしてやることだと思います。
そう言った観点で、発達障害の知識があることは邪魔にはならないと思います。

しかし、その子個人を見つめることがなければ、どんなに発達障害の知識があったとしても、
それは邪魔になるばかりです。障害ばかりみて、その子を知ることが出来ない~です。

障害・・という言葉は私はあまり好きではないので、
あえて「特性」と書きたいと思いますが、確かに、身体の器官に何らかの原因があることによって
共通の「特性」を持つ子供達は存在します。支援の方法もある程度は共通のものが使えるとは
思います。

しかし、同じ特性があっても、みんな一人一人違います。

ADHDの子供だと言えばADHDの本を
アスペルガ-だといわれればアスペルガ-の本を
調べたところで、その子供のことを理解できるということではないのです。
その子について自分がわからなかった特性を見つけることはあるでしょうが、
基本的にはその子供との付合いです。

その子を伸ばしていこうと真剣に関わっている先生には軽度発達障害の概念はあってもなくても
いいようなものではないですか。

逆に、自分には理解できない子供と、関わることを最初から拒否している先生には
何があろうとも、先には進まないということです。


130 :実習生さん:04/01/30 09:16 ID:BDFPbuxw
私が一番恐ろしいと考えているのは、発達障害は薬を飲めば直ると言う安直な考えが現場にあることです。
教員によって障害と決めつけられた子供が、服薬を迫られないとも限りません。

実際私が知っている例がいくつかあるうちの1つをあげます。

知能は通常以上に高いけれども、認知に問題のある小学生のお子さんの話です。

学校と話合いを続けてきて、何の進展もなく困りかねたある保護者は、ドクターと
相談して、服薬を決めました。

服薬で落ちつけるようになり教室に入れるようになったのはいいのですが、教室ではその子供に対して何の対処もなされず、彼はそこにいるだけの
状態です。

ある日、彼は友達とトラブルを起こしました。
休憩時間に友達とボール遊びをしてて、ボールが自分のところに来ないと言って
泣いた・・というただそれだけのトラブルです。

その時担任は彼の保護者を呼び出して「今日は薬を飲ませてないんですか?」とイヤな顔で言ったそうです。
担任の先生は年齢的にはベテランと呼ばれても良い年の先生で、彼を担任してから2年目の先生です。

その学校ではベテランの先生ですら、こう言う有様です。
若い先生がどうなのかは、言うまでもありません。

131 :theから一時避難:04/01/30 09:36 ID:H4aFGGwT
 129号書き込みには、もっとも過ぎて誰も反論しないような部分があります。
そういう部分にわざわざ「激しく同意」とは書きませんが、誰でも考えている
ことは同じでしょう。
 さて、見解が分かれる部分ですが、知識がかえって一人一人の子供を知るこ
とを妨げる?実は、「その子」の障害について知っている〜そのことのために
「その子」そのものがわからない乃至わかろうとしない、そういった経験を
したことがないのですよ。これに対しては「自覚してないだけ。」という反撃
が可能ですが、我々はお互いの子供との接触ぶりを知りませんからね。
 129号書き込みが指摘するような問題が生じるのは、その教師が修理モデル
に拠っている場合ですよ。成長モデルから子供に接近する教師にとって、
その子の“障害”についての知識は役に立つだけです。邪魔にはなりません。
(「修理モデル・成長モデル」という言葉を説明なしでいきなり使いました。
ご存知なら問題ないが。『スクールカウンセラー/その理論と展望』山本和郎ほか)


132 :theから一時避難:04/01/30 09:44 ID:H4aFGGwT
いつの間にか上に一つ乗っていたのですが、これ↑がまさに典型的な
《修理モデル》からのアプローチですね。

>>127; theではネームを推奨しているために、至る所で激しい乱闘が起きています。
「2で誰もネームを入れないのは、適当なところで切り上げるための知恵だろう」
と書いたら更に反論されましたが)

133 :theから一時避難:04/01/30 09:51 ID:H4aFGGwT
もう一つ。130号書き込みの出だしを貸してください。
「私が一番恐ろしいと考えているのは、彼女たちが、子どもたちの《問題行動》は、
力ずくで矯正すれば改善されると思っていることです。」

134 :実習生さん:04/01/30 12:40 ID:BDFPbuxw
ID:H4aFGGwTさん個人がが、実は、「その子」の障害について知っている〜そのことのために
「その子」そのものがわからない乃至わかろうとしない、そういった経験をしたことがないのですよ。
というのは、非常に結構なことです。

実は私もそう言う経験をしたことがありません。


しかし、そう言う経験をしているであろう人は存在します。
そして、もう1つ、「情報伝達」の問題も含んでいると思います。

平たく言うと、同じ情報でも、Aさんが言ったことをBさんが何らかの思惑を持ってCさんに伝えた場合、
同じ情報でも、全くニュアンスが違ったものになりえるということです。



>>133 出だしを貸すとはどういう意味ですか?

「私が一番恐ろしいと考えているのは、彼女たちが、子どもたちの《問題行動》は、
力ずくで矯正すれば改善されると思っていることです。」

 の、彼女とは誰でしょうか? ちなみに例に挙げた教師は、男性です。

135 :実習生さん:04/01/30 13:45 ID:dIGqva17
theってどこ?

136 :実習生さん:04/01/30 18:31 ID:7zO/arfp
軽度発達障害の成人を取り上げた番組が31日深夜(1日)
フジテレビ(関東ローカル)で放映されます。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/nonfix/
軽度発達障害の本を精力的に出版している花風社と、
先日自伝を出版された泉流星さんが出演されるようです。



137 :theから一時避難:04/01/30 21:05 ID:1+X37uQ1
@134号書き込みの人へ。>>126でした。で、通じたかな。
A130号、ちょっと待て、待て。
 その事例は保護者が医師と相談して薬物治療を導入したものでしょう?教師関係ないでしょう、
少なくともその報告では。どうして、いずれそのうち教師に決めつけられて薬漬け・・・に飛躍
するかなあ。
B129号、ちょっとはまってないか。ディスプレイから少し離れて深呼吸してみましょう。
教員たる者、文献研究を怠っていいわけないでしょう。ADHDの本を読むのは、その子を理解
するためでもあり、ADHDを理解するためでもあります。そんなことまで否定してどうする。
 今日全国的に放送大学大学院の「精神医学」の単位認定試験があって、問9に広汎性発達障害が
でましたよ。邪魔になるだけ、なんて言ってるようでは、興味ないでしょうね。せめて>>136:でも
見てください。関東圏なら。

138 :実習生さん:04/01/30 22:05 ID:BDFPbuxw
>>137

なにも文献研究を怠っていいとは言ってないですよ。
ただ、情報を捻じ曲げて使う人間が教育の現場にいると言うことを
言いたいだけです。

そう言う人間もいるので、教師が「素人なりの自己流の解釈」で人を障害扱いするのはやめてほしいと。
ただそれだけです。

139 :130:04/01/30 22:34 ID:BDFPbuxw
>>137

>>どうして、いずれそのうち教師に決めつけられて薬漬け・・・に飛躍するかなあ。

 薬漬けという言い方は私はしていません。

 現場には発達障害に関して、安直な考えの教師がいるのです。
 
 発達障害といっても、障害の差は個人によってちがいます。
 本来服薬が必要がないのに、名前がついてしまったら、服薬を迫られる
 ケースもでてくるでしょう。
 教師の対処のいかんによっては、追い詰められて、問題行動が出る子供も
 出てくるでしょう。

 親の中にも、「服薬している」ということを免罪符のように思ってる親もいます。
 
 そこで、安直に薬を飲めばということにならないと言えますか?

 ・…私の考えがただの飛躍した行き過ぎの意見であればいいんですけどね。

140 :実習生さん:04/01/31 00:12 ID:vO/FN+vN
ID:1+X37uQ1って

ここに書いてる人と
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1026880600/l50
                         と同一人物?

141 :実習生さん:04/01/31 18:25 ID:OpXPT/4q
フジテレビ『私達をわかって〜軽度発達障害者、心の叫び』
(2004年1月31日(土) 27:13〜28:13 放送)

142 :実習生さん:04/01/31 23:02 ID:+fI3BliT
>>141
地方では放送ないみたいですね?

143 :theから一時避難:04/02/01 10:12 ID:qRhygMJf
>>140:あたり!
>>141:見たよ!
それから・・・逐語反論の応酬になると必ず「そんなこと言ったんじゃなくて〜」
ばっかりで不毛になるから、こちらのコメントなし。

144 :実習生さん:04/02/01 13:38 ID:8uN87s3C
地方都市に住んでいます。
息子がアスペです。
就学が控えていますが、その中で感じるのは、「教育現場と医療(福祉)
の連携」が殆どなく、全て親任せ、ということです。
学校の校長先生とお話しても、「福祉センターはどう言われているん
でしょう?」「発達検査の結果を今度持ってきてください」、
「学校は、あくまで「教育機関」ですから・・・たくさん子ども達が
いる中で1人の子どもの事に動いていられないんですよ」
といった具合です。




145 :theから一時避難:04/02/01 18:11 ID:VCErD8oB
>>144:
いや、もうすぐ変わりますよ。・・・たぶん。

今頃スマンが、>>130の人よ。ハロペリドールだろうがジアゼパムだろうが、その手の薬はそこらのドラッグストアで売ってるものではありません。教師の決めつけで、飲まされたりはしませんよ。心配せんでもよい。

146 :元LD:04/02/01 18:15 ID:vlTkK2Q8
>>144
まぁ、しゃーねーわな。できる限り戦うしかねぇよ。
あまり公的機関をあてにせんこった。

147 :実習生さん:04/02/02 02:44 ID:GecyrduJ
>>144
どこも似たようなもんですね。うちもそんな感じです。
とある人のアドバイスで、これからは児童相談所、教育委員会にも相談に行って
「繋ぎ」になってもらえるよう、持ちかけてみるつもりです。
しかし
>「学校は、あくまで「教育機関」ですから・・・たくさん子ども達が
>いる中で1人の子どもの事に動いていられないんですよ」
これは、ひどい。
今後、特別支援教育が始まるに当たって、こんな回答はあまりにも無責任過ぎます。
教育委員会(市より県の方が有効かも)に、これは相談しておくべきかも。


148 :実習生さん:04/02/02 08:26 ID:Ic6J+6CU
>>145 臨床だって、そんなに当てにならないよ?わかって言ってる?
   
    教員の決めつけで飲まされたりしないって言うけどね、親が追い詰まるの。
    医者だって、親の報告で、薬出すんだよ?
    学校まで来て見てるわけじゃない。
    親だって逐一子供に張り付いてないよ。
    学校の先生の報告聞いて医者行くんだよ?
    わかんないかな〜 そう言う「構造」が。(ー△ー;)  
 
    まぁ、貴殿は、過去の書き込みを見る限り、ラベリングして、それで、気が済むようなタイプの人間だし、
    障害がある子供を持つ親同士の葛藤なんか全然わかってないみたいだからね。
    で、思い通りに進まないと親がわかってないとか言いそうだね。(藁
   

149 :実習生さん:04/02/02 08:53 ID:Ic6J+6CU
>>145

ハロペリドール これって、分裂病の薬?
ジアゼパム これってチックの薬?

軽度発達障害の子って、そう言うの飲まされるんですか?

150 :149:04/02/02 09:11 ID:Ic6J+6CU
すいません、今、精神分裂病って、統合失調症って名前に変わったんですね。
ぐぐったそのまま貼ってしまいました。訂正します。

151 :実習生さん:04/02/02 09:22 ID:Ic6J+6CU
現状批判ばかりしててもしょうがないので、一応子供達を指導する上での配慮と
言うか、お願いしたい点を書いてみます。

 
 指示を1つづつ出して言って欲しい。

 
 上手く例が出せませんが、
 机の上のものをしまって、本を出して、読んだら、感想文をノートに書きましょう。

 みたいな。

 みんな聞き取りのスピードが違うので、全部できる子もいれば、
 最後の指示まで聞いたら最初の指示を忘れる・・そういう子がいて、
 忘れちゃうと、あとは、できなくてうろうろする→回りに何か言われてケンカする。
 →クラスが落ちつかないという学級が多いみたいです。 

152 :実習生さん:04/02/02 09:28 ID:Ic6J+6CU
もう1つですが、障害名を聞いてびびらないでほしいということです。

障害がありますと言ったとたんに、障害名だけ聞いて、何も話をしないでわかったふりをする先生、
又、私の管轄ではありません・・みたいな態度の先生おられますが、
そういうの、かんべんしてほしいです。

親ですら勘弁してほしいのだから、子供はもっと伝わってると思います。

ちょっと変わった子って何をやらかしてくれるか結構見てて楽しいと思うので
また、やらかしおってと、目くじらたてずに、思わないで大らかに見てもらいたいです。

笑顔1つで全然空気が変わるものなので普通級の先生方(ここにはおられないと思いますが(藁)・・
宜しくお願いします。

153 :訂正:04/02/02 09:30 ID:Ic6J+6CU
×目くじらたてずに、思わないで
○目くじらたてずに、嫌な奴と思わないで・・

154 :theから一時避難:04/02/02 10:08 ID:0oPHzeSc
>>152:
 あと10年ぐらいすると、小中学校で交流教育を体験した世代が教師になって、教師の障害者観もかなり変化すると期待しているのですが・・・。
 今は、障害者問題を論じると、どこでも必ず148号のような<青臭い人道主義者>が勘違いしたり、おっしゃるとおりの反応を見せられたりですが。

 (138の「人を障害(者)扱いするのはやめてほしい」って、私が言わせてしまったのかなあ)

155 :theから一時避難:04/02/02 10:21 ID:0oPHzeSc
149さん。まともな医者は保護者の言うこと聞いていきなり「じゃあ薬」とは言いませんよ。まともな医者は、行動上の問題には環境因があると考えてくれるはず(都立梅ヶ丘病院市川宏伸氏談)。

156 :144:04/02/02 10:56 ID:v2hsBjeP
>学校の校長先生とお話しても、「福祉センターはどう言われているん
>でしょう?」「発達検査の結果を今度持ってきてください」、
>「学校は、あくまで「教育機関」ですから・・・たくさん子ども達が
>いる中で1人の子どもの事に動いていられないんですよ」

これだけなら、いいです。
先に入学した一つ上のアスペルガー児の親御さんは、校長先生に
「集団登校は他の児童の危険が心配される(多動があるので飛び出さ
れたら困る)のでやめていただきたい、単独・親付き添いでお願いする」
「児童の安全を守るのが学校の第一の責務ですので」と入学時言われ、
さらに入学後は「教師だけではどうにも心配、親の付き添いが必要だと
思うのでお願いします」といった具合で、あまりの対応に不満を感じ、
親御さんは教育委員会に掛け合ったそうですが、「対応は学校それぞれに
まかせていますのでこちらではなんともできない」とあっさり逃げられた
そうです。
この校長先生はこの春定年退職されるので、そこに期待したいです(藁

まだまだ、この程度の学校対応、多いですよ・・・。
こういう話をちょこちょこ聞きますから。
一年間、親が付き添いを続けた、とか、送り迎えを続けたとか、
子どもがいじめを受けたのがわかり学校に連絡しても、
「ずっと子ども達を見守れるわけではない。教師の手が足りない」
とか言われたり。みんな嘆いています。その自治体にもよるでしょ
うけれどね・・・。

theから一時避難の言われるように、個別指導計画を立てていただいて、
その子に合った指導をしていただけるなら、親としてはありがたいと
思いますよ。(その辺りは親の中でも意見は違うかもしれませんが)
だって、「違う」んですもの・・・その子の特性を理解してその特性に
沿った指導をしてもらえるなら、子どもにとっては救いになるんじゃ
ないでしょうか?今の学校教育は、軽度発達障害の子達にとって、
適切な教育とは思えません。

157 :144:04/02/02 10:58 ID:v2hsBjeP
theから一時避難→theから一時避難さん
失礼しました(藁

158 :実習生さん:04/02/02 11:15 ID:QEm8ar01
学校って下位を救おうとするけど
上位の才能を伸ばしてやるってことはしない傾向があるよね。
軽度の親は少しは遠慮しろと思う。

159 :実習生さん:04/02/02 13:13 ID:okXs3vP/
>>156
親の付き添いを求めるのはまだいいかも。
だって間接的に「うちじゃ見きれないので親がついてて下さい」って
言ってるんだし、有る意味素直かもw
しったかぶりして、症状を軽視して、健常の集団行動に無理矢理あわせようとして
子供が苦しんでるのに、知らんぷりしてるとこよりかはマシだよ。
でも、教育委員会も酷いね。
もう、学校がこういう状態なら
学校に変化を求めるのではなく、自分で場所を変えた方がいいかもね。
軽度発達障害の教育方法に積極的に取り組んでる学校(モデル校になってる学校とか)や
面倒見のいい私立、フリースクールとか。
簡単なことではないだろうけど、子供がダメになるよりかずっといい。

160 :実習生さん:04/02/02 21:29 ID:Ic6J+6CU

>>154 <青臭い人道主義者>ですか。(w

  貴殿は人の質問には答えずに、必ず、そうやって、人に見下したようなレッテル貼るね。
    

161 :実習生さん:04/02/02 22:29 ID:vOtM1Ycj
復讐
http://gos.jp/alt/patio/patio.cgi?mode=view&no=14


162 :実習生さん:04/02/02 23:35 ID:Ic6J+6CU
>>159 横レスすいません。

>軽度発達障害の教育方法に積極的に取り組んでる学校(モデル校になってる学校とか)や
>面倒見のいい私立、フリースクールとか。
>簡単なことではないだろうけど、子供がダメになるよりかずっといい。

 モデル校かあ。うちの自治体は、
 そう言う実験クラスみたいなのあったらしいんだけど、
 予算の関係で、解体するとか言う話だったよ。

 貧乏人はどうしたらいいのかしら(´・ω・`) ショボーン

163 :159:04/02/03 02:02 ID:KUaoebKZ
>>162
うちも貧乏だよ(泣
去年から始めた療育もお金かかるし、ますます貧乏に加速が・・。
私立は無理でも、フリースクールぐらいの出費ならなんとか・・・と思い
私もがんがってパートに出てます。
162さん、お互い頑張りましょう〜。

164 :実習生さん:04/02/03 03:27 ID:GhGvXq0z
この病気っていろいろな噂がありますが、どうなんでしょうか?
@高齢出産の所為
A遺伝の所為
B遺伝と環境
C突然変異的

165 :実習生さん:04/02/03 08:17 ID:aUBfw9Tc
>>163 もはようございます。レスありがとうございます。

159さん、療育は、どこで、どんなことされてます?医療機関で受けられてますか?
フリースクールは「ここは!」ってとこ見つけられてます?

・・・って、質問ばかりですいません。

うちは、療育的なことは、ことばの教室で、人との関わり方について
指導を受けましたが、正直今1つの感じで、自分で調べて、家で出来る自立のための訓練をやってるという感じです。

学校は、特学に籍を移しましたが、学校の方針で交流させられてて交流先に随時先生が
ついてきてくれるわけではないので、交流のときは、交流の先生頼みなんですが、
交流の先生は、何度話しても(親だけじゃなく、特学の先生からも)
簡単なことについてもなかなか聞いていただけず、うちの子供は毎日パニックです。(いや、クラスごとパニックと言う感じですが)


166 :165:04/02/03 08:31 ID:aUBfw9Tc
ちょっと療育から話はそれますが、

交流の先生は、人柄は良い先生なんですが、

さっき言ったことを忘れて違うことを言う
ルールを作れない・・(その時の気分でルールを作る)
または、ルールはあるけれども、複雑すぎて、他人にわかり辛い
段取りが異常に悪い
気分次第で、時間割が変わる
説教が長い(クラスでトラブルがあると、平気で、1時間2時間つぶす)
時間感覚がない
時々生徒を叱るときに、ちょっとこれはひどいなという言葉を使う

という弱点があります。

うちも、在籍は特学なので、交流には多くのことは望んでないのですが、1つ、うちの子供は、「高温」に
弱いので、夏場は、キツイのですが、その先生は、窓がついている廊下の
壁の窓を塞ぐような形で、掲示物を掲示するんです。
で、クラスが集中しないとかいって、前後ろのドアを閉めるんですよ。
クラス中ぐったりです。うちの子は当然パニックです。

それを、言っても、外してもらえないんです。

その程度のことが通じないとは・・・トホホホホと言う感じです。


167 :165:04/02/03 08:42 ID:aUBfw9Tc
ここって、普通級に在籍する児童・・ということだから、特学在籍のうちの話は多少スレ違いかも
しれませんが、交流級にいることが多いので、書いてみました。
スレ汚し、お許し下さい。

168 :実習生さん:04/02/03 09:19 ID:p3n0dXUw
>>164
23で産んだけど「典型的なADHD」と言われたので
1の高齢出産は我が家の場合ないと思われます。

2と3については自分では普通だと思ってるけど
他人の目から見たらどうかはわからない。

169 :159=163:04/02/03 10:05 ID:vTDZAzDY
>>165
もはようございます。

>159さん、療育は、どこで、どんなことされてます?医療機関で受けられてますか?

診断してくれた病院では、療育の予約がいっぱいなのと
うちは軽度の部類にはいるので医療機関での療育は紹介してもらえなかったんで
個人が経営してる療育教室みたいなのを自力で探してに通ってます。
他人との関わりやコミニュケーションを個別や団体を通して学習したり
不器用を克服するため手先の発達を促す遊びや体操など軽度の
作業療法的なこともしてくれてます。

>フリースクールは「ここは!」ってとこ見つけられてます?

まだ、絞り込むところまではいっていませんが
全国のフリースクールを紹介している本を買って、内容・距離・予算などから
通えそうな所をいくつか目星つけてるところです。
余談ですが、先日とあるフリースクールの先生の講演会を聞きに行ったのだけど
とっても良い先生で、もしフリースクールに通うことがあれば是非そこに通わせたい!と
思いました。(ただしそこは高校生〜の学校だったので、小学生の内の子はまだ入れませんが;)

交流の先生のお話、大変ですね。発達障害を持つ子には混乱する接し方ばかりですね;
もうすぐ年度が変わるけれど、交流の先生は代わらないのかな?

170 :実習生さん:04/02/03 13:18 ID:LISKFC82
>>164
はっきりしているのは「A遺伝の所為」だけですね。
@とCはほとんどまったく根拠なし。

双子や養子の研究をみればわかるけど、一卵性双生児だとほとんどが一致。
普通のきょうだいや二卵性の双子になるとぐっと確率が下がる。
これはつまり多因子遺伝するということ。
(=普通の親からもいくらでも生まれるし、逆に親がそうでも子に遺伝するとは限らない)
親の育て方はまったくといっていいほど無関係。
ただ一卵性でもわずかに不一致のケースがある。
これがどういう理由かよくわかっていない。

171 :実習生さん:04/02/03 13:37 ID:TAhWFgnl
今後特別支援教育が始まったら少しは現状が変わるだろか。。。

172 :実習生さん:04/02/03 13:50 ID:vTDZAzDY
>>170
遺伝については「難産のせい」という説も聞いたことがあるよ。
難産が原因で脳に何らかの異常が起きたのが原因だけど
母親が難産体質だと、兄弟はみんな難産で生まれてくる可能性があるわけで。
さらに、
母親の血統が「難産体質」という遺伝を受け継いでる=代々的に難産が原因の障害児が生まれてくる、
ので、障害の因子そのものが遺伝するのではなく
「障害を持った子になりやすい出産をする体質の母親」が、遺伝されているのだ、と。
根拠的には憶測レベルだけど、ちょっとなるほどとも思いましたw

ADHDについては「狩猟民族の末裔の血」という説も聞きました。
これも憶測の域を出ないけど、面白い見方だと思いました。


173 :実習生さん:04/02/03 15:29 ID:LISKFC82
>>172
難産が原因だとすれば双子の一卵性と二卵性で一致率に差は出ません。
だから胎児期や出産時の原因によるものはあったとしてもごく少数でしょう。
それと、そのような外傷による場合、知的な障害を伴うことが多いんじゃないでしょうか。
都合よく(?)ADHDになる部分だけ傷害されるのは物理的かつ生物学的に難しいかと思います。


174 :theから一時避難:04/02/03 16:58 ID:UJyJi1Gy
(盛り上がっているな)
 148さん(どこかのお母さんと見た)。申し訳ありませんが、おたくのお子様が
通学なさっている学校のコーゾーにつきましては、一切存じません。全国に学校は
たくさんあるので。
 >>172:〜の血」?もめますよ、また。予想外の解釈する人いますからね。


175 :実習生さん:04/02/03 18:26 ID:TAhWFgnl
http://www.asahi.com/edu/tenki/TKY200402020106.html
どうなる特別支援教育・・・


176 :165:04/02/04 08:44 ID:SM4XuG9R
>>169 159=163 さん、詳しく教えていただいてありがとうございます。

個人が経営している療育教室、ネットで探してみたことがあるんですが、
月謝が高かったので、うちは断念しました。(;_;)

教えていただいたカリキュラムを参考にさせていただいて、家で出来ることを見なおしてみます。

フリースクールを紹介してる本・・それ、良いですね〜。φ(..)メモメモ
どういう場所か見当もつかないので、漠然とどうなのかなあと言う感じですが
公演会で、先生のお話を聞くというのも1つ良いですね〜。
私も積極的に動いていきたいと思います。やる気がでてきました。
ありがとうございました。

とりあえず、小学校はなんとかやりすごして、
中学校進学について考えてるのですが、

小学校をやりすごせるかどうか・・。
年度が変わって、どうなるか戦々恐々としています。

交流の先生は、だいたいうちの学校は、毎年先生が代わってるようなので、
恐らく代わると思います。

特学も新年度から、ベテランの先生がぬけて、若手有力な先生が産休に入るので、
前途多難というところです。


177 :実習生さん:04/02/04 09:06 ID:SM4XuG9R
>>175 記事ありがとうございます。学生さんが入ってくれるのはいいなと思いました。




178 :theから一時避難:04/02/04 10:13 ID:OTYrxov2
 そんな困った先生の話を聞くと「オレが行ってやろうか?」なんてよく思う
のですが、そういう自分もよく連絡帳で保護者のご機嫌を損ねます。『和み』の
つもりで書いたことで大失敗というのを懲りずに繰り返します。よく言われる
「他人の気持ちが読めない」というのは、大人になって職業生活にはいると、こういう
ところで問題になります。最後の学校を卒業してから、14年間で11回職場を
変わったのですが、本当の問題は職場でうまく行かないことだけではないですよね。
 そういえば遺伝論が話題になっていたが、私の場合両親ともやはり普通と違う
ような・・・そんな、大人になった当事者の側からの話がたくさん書き込まれて
いますので、よかったらここへもどうぞ。
http://medicine.dot.thebbs.jp/r.exe/1051417992.e40
(2ちゃんねるのsage方がやっとわかった。)

179 :実習生さん:04/02/04 19:03 ID:BCdEOelw
アスペルガー症候群のテレビ、
今日も放送します。
観ましょう!

180 :実習生さん:04/02/04 23:58 ID:PylVDCbR
小5の息子がADHDです。
小1の3学期からリタリンを服用していました。
けれど、この半年(夏休み以降)は服用を中止してました。
2学期に入って、何度か軽い興奮状態になって
保健室に避難したことがあったのですが、
その度に担任の先生と本人が話し合って、その場は解決していました。
2学期最後の日の二者面談でも、
「成長過程には、力の加減がわからないことはありがちですから」
と、理解のある態度を見せて下さってたのですが…

ところが、今晩突然、その担任の先生から電話がありました。
「息子の行動が目に余るから、
リタリンの処方をしている医師と直接会って話がしたい」
と言うのです。
何でも、先週の木曜にまた興奮状態に陥ったらしいのです。
初耳でした。全く連絡がなかったのです。
興奮と言っても、そばにあった消火器の立て札を強めに揺らして、
その後は廊下の隅でうずくまっていただけなんだそうです。
先生は、
「薬の効き目が悪いから暴れるのだ」と言います。
しかし、実際はずっと服用してません。
それに、そもそも学校の先生と心療内科の医師が、
保護者をすっ飛ばして話し合うなんておかしいような気がします。

一体どうしたらいいものか…
悩んでます。眠れません。

あ、長文スマン。

181 :実習生さん:04/02/05 09:27 ID:kLpk17O7
>>180 一瞬私の知り合いの人かと思ってしまいました。
でも、学年が違うので、違う方ですね。

私の知り合いのお子さんも、服薬しているのですが、学級(普通級)で
適応できず、教室から出ていくのはしょっちゅうでした。
お母さんは忙しいかたで、子供さんの障害に対しての対処については、あまり
学校と話合ってなかったようなのですが、

担任の先生から、対処のしかたを勉強したいので、かかりつけのお医者さんと
話をさせてくださいと言われたので、合ってもらったそうです。

その後、お医者さんから呼び出しを受けて、医者から特学への移動をせまられたそうです。

特学へのことは担任の先生から一言も話を受けてなかったのに、医師から言われる
って、どう言うことなのかと、話がこじれています。

>>180さんの担任の先生がどう言う意図で医者に合わせろと言ってるのか
わかりませんが、

医者に合わせる前に、どういった意図なのか良く話し合った方がいいと思います。
担任の先生が子供の薬を増量しろと医者に言うというのは全然筋が違うことですし。


182 :181:04/02/05 09:43 ID:kLpk17O7
 上の書き込み、会わせるが、合わせるになってまして、すいません。
 寝ぼけてますね。(苦笑

 担任の先生と話合いをされるときは、できれば、ご両親でお話されたほうが
 いいと思います。それと、興奮したときの状況を、お子さんとも良く話をして下さい。

 うちも息子がADHDで、学校に行く機会が多く、現場をよく観察していますが、
 担任の先生の見方と、子供の気持ちと、実際の状況は、かなりズレがあります。
 先生の気持ちと、子供の気持ちの擦り合わせを親がやっています。
 
 担任の先生も、根本的には、対処で困っておられるのだと思うので、
 クラスでのルールはどうなっているか、どう言うときに興奮するとか、
 担任の先生に確認を取って詳しく聞いてください。
 これからのこともあるので、記録に残しておくといいですよ。

 また、できるなら、担任の先生以外の人、同じクラスの生徒などからも
 事情を聞くとまた違うこともありますので、情報を沢山集めてみては?
  
 あくまでも
 薬の増量の話は、その話をまとめて、薬以外の対処がないと判断されるときに
 なされることだと思います。 

183 :181:04/02/05 10:15 ID:kLpk17O7
服薬の話とはちょっとズレるんですが、担任の先生からの連絡の話で
うちであったことを少し。

うちの息子も、よく、学校から、パニックになったとか、興奮状態になったとか言われていて、
お宅のお子さんはおかしいと先生に言われて、親がパニックを起こしていましたが、

親が学校でついててわかったのですが、何もないのに、興奮状態になることは、マレで、だいたい、クラスの子供たちに、何かキツイことを言われてたり、
本人が勘違いをしてたり、いきなり楽しみにしていた授業が説教でつぶれたり、先生の指示が聞き取れてなくて、ぼさーとしてて間際で焦って失敗してたりと
何らかの理由があることがわかりました。

先生は細かいところまで見てませんので、ざっくり「パニック」と言う言葉で片付けて、
この子はパニックをおこす子だからと、思われてざっくり扱われているようです。

でも、うちみたいに、泣き暴れる子供であろうが、何も表現しない子供であろうが、
イロイロな状況や、子供の気持ちというのがあるのだと私はこの頃は思っています。

ところで、
今の時期に担任の先生が服薬のことを言い出すというのは、私の予想ですが、次年度の引継ぎなどの
関係もあるし、行事もあらかた終わって、今年度の全体の〆に入って見なおしの時期に入ってるからじゃないかなあと
思うんです。

うちも、担任の先生に、先日突然、いままでドリルやってなかったところ家で、やらせてくださいと
言われましたし。担任の先生もちょっとあせっておられるのかな?
クラス全体の落ちつき具合はどうなのかなあ。それも影響しますしね。

184 :実習生さん:04/02/06 03:52 ID:NTdjndyk
学級崩壊の原因はADHD児のまねをした普通児の所為か。
専門の施設を作って隔離してよし。

185 :飲み始めた14:04/02/06 04:48 ID:A8yXJdNe
>>180
担任も人間なので うまくいかないことは 自分以外の物のせいにしたいもの
どこかで リタリンについて過度に期待するような情報を仕入れちゃったんじゃないの?
だったら、きちんと説明してあげたら理解するかも。(今までも飲んでないしっていうことをね)

学校の先生と医師が保護者の頭越しに連携するのはちょっとおかしい。できれば担任・保護者(できれば本人)の3人で受診が基本だと思うよ。

それともう一つ、これは知り合いの医者から聞いた話だけど…
向精神薬みたいなのは効き方に個人差があってその量や種類を調整するのがとぉってもむずかしいんだそうです。
だからそれを飲んだり飲まなかったりされるとどれがきいてどれが効かなかったかわかんなくなって、結局どんぶりで処方するようになっちゃうと言ってました。

186 :実習生さん:04/02/06 04:50 ID:siCERGUL
リタリン漬けにしてしまおうか。

うちの子はアスペだから親
  とか
うちの子はADHDだから親
  とか
この子は障害がありますから教師は

死んでくれ。くそが最近よく分からんけど
心理学オタがからんできたりなんなんだ最近の
この現状は

187 :実習生さん:04/02/06 07:47 ID:8BXRBscM
>>186 藻前が逝け。

188 :実習生さん:04/02/06 08:09 ID:8BXRBscM
ところで、真面目な質問ですが、

教師がADHDで、授業がめちゃめちゃな場合はどうやって支援していったらいいですか?

189 :実習生さん:04/02/06 09:16 ID:NTdjndyk
だから言ってるだろ。
薬飲んでもダメな奴は隔離してよし。
世の中平等じゃないって決まってるんだから
若いうちから知らせておいた方がいいだろ。
IQ検査も元来は外既知を間引くためのものなんだから。
日本の学生の質を下げる手伝いはしないで頂戴ね。

190 :実習生さん:04/02/06 09:51 ID:8BXRBscM
>>189 日本の学生の質を下げてるのは、文科省だろ。
教師リストラのための特別支援学級進めたら、障害者が、普通級に出てくるぞ。
藻前は反対運動でもやってろよ。


191 :実習生さん:04/02/06 15:17 ID:QS69+b+r
>教師がADHDで、授業がめちゃめちゃな場合はどうやって支援して
いったらいいですか?

せめて担任は持たせないほうがいいような・・・。



192 :実習生さん:04/02/06 23:47 ID:YzViAZMl
>>188
真面目な話ならどうやってその教師がADHDってわかったん?
人格障害や躁病や統合失調の教師もいるよ。


193 :188:04/02/07 00:13 ID:Ze9twRZz
その教師がADHDって診断あるってわけじゃないんですけどね。
人格障害とか躁病とか統合失調かもしれないんですけど。

さっき言ったことを忘れて違うことを言う、相手の話が聞けない、授業終了時間が守れず授業がのびまくる
授業に関しては、オリジナリティーがあって、研究もしてるので、やる気がないわけではないんですけど、
とにかくまとまりがないというか、筋道が立てられない、超不器用(ピアノが超下手で、リズム感が全くない・良くものを落とす・プリントを配れない(めくるのが下手なのでイライラするらしい))
教室を飾るのが好きらしいが、バランスが悪く、教卓にプリントや図工の絵などが何種類もいつも散らかっている。

悪気はなくて愛嬌はあるんですけど子供の反応を見ながら授業できない。
やることが酷いので、周囲の先生は呆れてますが、働きかけてはいるのですが、踏み込めないみたいで。

194 :実習生さん:04/02/09 10:04 ID:f1z3P+aA
病院逝きを勧めたら・・・

195 :実習生さん:04/02/09 11:00 ID:ZKsqkklt
>>194 誰が勧めるの?

196 :実習生さん:04/02/10 13:00 ID:xIDL/tcW
自治体によって、軽度発達障害に対し対応が全然違う・・・。

A市は、通級教室が各学校にあり、発達センターの医師が学校に赴き
直接学校の先生に指導、教師向け研修も盛ん。
ところがB市はまったくと言っていいほど「何も無い」。
特別支援教育が始まれば、この格差は多少は、埋まるのでしょう
かね・・・。



197 :実習生さん:04/02/10 15:55 ID:fjPHLKek
>>196 国としては、予算は出さない、有りものでやりなさいと言っているという話なので、元々予算のない地域は恐らく底上げはしないと予想します。
又、指導しなければ、罰則があるとか強制力もなさそうなのですが…。
どうなんでしょうね。

198 :実習生さん:04/02/11 11:20 ID:KBb2Y5rH
文部科学省→各自治体→各学校→各教師→各親

構図としてはこんな感じでおまかせ〜というところかと。

199 :実習生さん:04/02/11 19:58 ID:7VupZBiT
>>198

じゃあ、親レベルでは、もう、学校は当てにならないということで、終了?

200 :実習生さん:04/02/13 08:10 ID:PIkCqHfi
なんか、本当に終了しちゃってますね(苦笑

201 :実習生さん:04/02/13 09:05 ID:G7imsQsk
自閉症児
ハッキリしてるのは必ず心の底から信念を持ってバカにしてる人がどこかに居るって事
表では優しくこれやってと言ってても、心でなんやこいつはって思ってたら分かる。

正常人間でも、回りの人間は誰も助けずマジになんやこいつはってバカにしてたら、必ず自閉症児に成る。
正常人間も自閉症児も何も変わらないって事

202 :実習生さん:04/02/13 09:37 ID:voftvUw0
文部科学省→各自治体→各学校

ここまでは間違いない。
あとは学校(校長)が発達障害に対しどう捉えるか、っていう
所でしょう。
今の学校って、校長の教育理念で対応ががらっと違ってくるので
校長が変わると対応が180度変わります。
もちろん、自治体によっての格差もあるでしょうけどね。


203 :実習生さん:04/02/13 10:49 ID:PIkCqHfi
うちの校長はバリアフリー派なんですよ。
普通の子と障害がある子が一緒に学ぶのがいいんだって言うの。

だけど、軽度発達しょうがにには全く理解がなく、バリアフリーにするにはどうしたらいいかってことを全然考えてない。
軽度の子なんか普通級にうじゃうじゃいて学級崩壊寸前の学級もあるのに、授業回ってるの見た事ないよ。

まぁ、委員会の犬なんで、委員会も問い詰めつつ、校長の意思を文書で確認しに逝ってきます。

204 :実習生さん:04/02/13 10:50 ID:PIkCqHfi
201 素人はひっこんでろ。

205 :203:04/02/13 14:52 ID:PIkCqHfi
校長に文書出したら、「なんで、文書で回答ださなきゃいけないんだ。」と逆切れされました。
上手くやるから安心してなどと言ってますが、この様じゃ、先が思いやられます。

206 :203:04/02/13 14:52 ID:PIkCqHfi
しかも、LD・ADHDと言わないといけないのに、ろれつが回ってません。もうダメポ。

207 :実習生さん:04/02/14 12:16 ID:vKnNjBQy
子どものクラス(小学1年生)に、多動の男の子がいるのですが、
保護者は、参観日や懇談などにほとんど来ない状態で、
ほかの保護者は、不満を募らせています。
多動の男の子は、病名がついているのか、ただのかまってちゃんなのか判らないので、
他の保護者もその子にどう対応していったらいいか、判らない状態です。
担任も特に懇談の場で、多動の男の子について話すわけでもありません。
一保護者として、多動の男の子にどうしていったらいいのでしょうか・・・。

208 :実習生さん:04/02/14 13:30 ID:eTQ3p5BR
>>207

まず、担任に相談することから始めてはいかがですか?

209 :実習生さん:04/02/14 13:30 ID:No9XjS2S
>>207
保護者の方々の「不満」が子供たちにまで伝わって、多動のお子さんが
学級で孤立しないように注意しなくてはなりませんね。

逆に、ADHDの子が動き回る→担任が適切な支援を行うことができない
→ADHDでない子も便乗して担任の言うことを聞かなくなる→学級崩壊、
というパターンもあります。

多動のお子さんやその保護者の方のケアをしていくのはもちろんですが、
(「治療」としてのケアは教師の仕事ではありませんが・・・)
まわりの子供たちや学級全体の保護者の方々への対応をきちんと考えていくのも
学級担任の重要な仕事だと思います。
もし担任が動いてくれていないとしたら、「建設的」な気持ちで相談してみては
いかがでしょうか。

210 :209:04/02/14 13:43 ID:No9XjS2S
補足しときます。
担任が動いてくれてないとしたら、と書きましたが、
担任ひとりに責任を負わせるのはちょっとかわいそうですね。
学校全体が組織的に支援していく体制がないと、担任ひとりの力では
どうにもならないこともあります。

とはいえ、直接校長や教育委員会に行ってしまうのではなく、
やっぱりまずは担任に相談を・・・

211 :実習生さん:04/02/14 14:47 ID:mrHGSvSX
>>193
そんな教師は、本来は研修か分限免職になるはずだが。
【関連】
教員の個別研修について考える
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1017302802/
【承認】三重県不適格教師研修【必要】
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/company/1070862487/
不適格教員、指導力不足教員、人事考課、教員評価資料
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/meikyoro/不適格教員資料.htm



212 :193 :04/02/14 16:30 ID:R0nqbrxK
>>211 本来はそうなんですか?うちの学校だけでなく、うちの自治体は、校長が教員
を、良い意味でも、悪い意味でも評価するシステムがないみたいです。

213 :実習生さん:04/02/14 17:02 ID:WNCan2by
>>212
勤務評定や指導力不足教員認定制度が揃っていても十分機能してないところはある。

いくらなんでも、ADHDの子の指導ができない教師を全員クビにはしないだろ。



214 :193:04/02/15 09:09 ID:7jfw9Xaj
>>213 すいません。ADHDの子を指導できないというのではなくて、先生が
    それ(ADHD)っぽいんですが…。

215 :実習生さん:04/02/15 13:19 ID:sVlH4mJk
>>202
>今の学校って、校長の教育理念で対応ががらっと違ってくるので
>校長が変わると対応が180度変わります。

それ、今年度、すっご〜く実感した。
うちの学校は悪い方へ変わった。

216 :実習生さん:04/02/15 13:47 ID:mhKmGbhq
>>215
どういう方向に変わったの?
よかったら教えてください

217 :実習生さん :04/02/17 18:13 ID:M3u6FNDE
【教育】文科省、学習障害児教育見直しへ…中教審に検討要請[02/17]
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1077008676/l50

218 :実習生さん:04/02/18 11:41 ID:uArYyZ2N
適正就学を巡る混乱(1)
ある小学校の惨状
http://kids.gakken.co.jp/campus/jiritu/medical/backnumber/02_02/top.html

219 :保護者:04/02/18 12:48 ID:uZF3Z/ud
>>218 うちもそう言う感じですよ。軽度発達障害の親は障害級嫌がりますね。
   どっちか言うと、普通級でなんとかやっていけるようにと苦労してますね。

   逆に障級を勧めるとしても障級で軽度の子をどのように受け入れるかと言う学校側からの話し合いもないです。
   
   うちは入学時には全くひっかからず、入学後にトラブルがあったので、
   わざわざ学年途中で診断した軽度ですが籍を移動して先生と時間を確保したのに、同じような子が、普通籍のまま取り出しでやってきて
   その分、個別での指導が減ったり、うちの子供が交流のときに先生がついていけなくなったりしたら、
   正直、気分的には嫌ですね。まぁ、学校から納得の行く説明あればいいですけどね。

220 :実習生さん:04/02/19 15:58 ID:/u+7TIt5
LD・多動・高機能自閉症児の指導について、勉強面ばかり言われますが、身体を使う教科の指導
ついては、余り言われないのはなぜなんでしょうか。

結構手先が不器用で困ってる、又は成人してから困る人多いと思うんですが。

221 :実習生さん:04/02/19 16:07 ID:cSncttgU
>>220
ムーブメント教育の手先かっ!
このクラムジー野郎めっ!

222 :実習生さん:04/02/20 08:10 ID:QJZY20zt
>>221 いや、全然関係ないんですけど。なんで?怒ってるの?

223 :220=221=:04/02/20 08:17 ID:QJZY20zt
それと、クラムジー野郎ってどう言う意味?

224 :勉強約立たず:04/02/20 08:24 ID:KuIBl8lE
ついでにムーブメントの意味も教えてくだはい

225 :221:04/02/20 11:35 ID:MUuIXfw3
別に煽っただけで怒ってるわけでは…
アメリカでは不器用さを示す子どもをクラムジーチャイルドと呼ぶと。
ムーブメント云々は
ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/movement/
このへんで

226 :220=221=:04/02/20 15:27 ID:QJZY20zt
>>225

 どうもありがとうございます。勉強になりました。
 こう言うのは、どうなんでしょうね。
 
 うちの子は普通の体育が出来ない(瞬時にルールの判断がわからなかったりして恐いらしい)
 障級で時々風船バレーなんかをやってもらってるんですが、そう言うのは結構
 いいなと思います。まぁ、生活の問題点というか、手先のこととはちょっと
 違うんですが。

227 :実習生さん:04/02/22 14:49 ID:8nHYOpbT
あ・が〜る

228 :実習生さん:04/02/24 10:30 ID:cT2fos5O
>>226
うちの子も体育大の苦手です。
なので体育の時は特殊に通級してます。

229 :実習生さん:04/02/24 16:15 ID:A82YFbC5
不器用、というだけの子は
「発達性協調運動障害」
「運動機能の特異的発達障害」
という用語で定義されているようですが
一般的な認知はまだまだですね

230 :勉強約立たず:04/02/24 16:56 ID:qWfcc0ws
通知表1の子は、全員自動的に
「発達性協調運動障害」
「運動機能の特異的発達障害」
のレッテルが貼られる?

231 :実習生さん:04/02/24 18:46 ID:E4pTOT7j
厨房時代、漏れは主要5教科は4や5、副教科は4が主でしたが体育は1でした

232 :実習生さん:04/02/25 08:39 ID:ghxqK0o7
うちは、不器用は不器用なんですけど、とっかかりが悪いだけというか、
本人に合うように教えて、一度きっちり出来るようになったら、その後は出来るんですよ。
そう言うのは障害と呼ばれる範疇なんでしょうか。


233 :実習生さん:04/02/25 10:26 ID:NBJRmEup
不器用の診断基準は主に
はさみの使い方が極端に下手
とか
ボタン掛けが極端に下手
とかで見るからそうじゃなければ
特に問題は無いと思われ

234 :実習生さん:04/02/25 13:42 ID:ghxqK0o7
例えば、その極端に下手な人って言うのは例えどんなに頑張っても下手なままなんでしょうか?

私自身も不器用ではあるのですが、性格的に粘着なので、とにかく周りを見ないで根性で続けて人並み以上になったことがいくつかあって
そこだけ見たら器用そうに思われるのですが、とにかく初めてやることについては
不器用なので、びっくりされることしばしばです。



235 :実習生さん:04/02/25 14:14 ID:mlkqWDNp
>>234
障害との区別は、誰がつけるのでしょうかね?

家庭教育も大きいのではないでしょうか? 子どもが不器用なら、親がもう少し
見てあげるべきだと思います。
そうすれば、貴方のように、自力で克服できるような習慣もつくでしょう。

DQN親だけでなく、「教育熱心」さゆえに、学校などを過度に信頼する人も
いますね。極端な話、教師が何を教えてくれるというんですかね?
物理的にも、広く浅い勉強しかしていない小学校の教師などに、実技の指導
なんぞムリに決まっているのに。

236 :実習生さん:04/02/26 08:04 ID:uJCHdrQ6
>極端な話、教師が何を教えてくれるというんですかね?
>物理的にも、広く浅い勉強しかしていない小学校の教師などに、実技の指導
>なんぞムリに決まっているのに。

あなたはどう言う立場の人ですか?
無理に決まってると言いきっておられますが現場をごらんになってますか?

237 :実習生さん:04/02/26 10:55 ID:uJCHdrQ6
>物理的にも、広く浅い勉強しかしていない小学校の教師などに、実技の指導
>なんぞムリに決まっているのに。

逆に、親は教師より勉強してない人の方がはるかに多いですよ?

238 :実習生さん:04/02/26 23:31 ID:R/hQrO0H
LDの人って将来、どういう職業に就くのでしょうか?

239 :実習生さん:04/02/28 01:05 ID:iTYA/hCA
純粋なLDだけなら問題のある部分を回避できる職業につけばいいわけだが。


240 :実習生さん:04/02/28 23:25 ID:OlU/8GRN
 以前は「うちは知的障害でなくて自閉症」なんて、
あたかも自閉症には特異な才能が期待できるような
思い込みを抱くやつらがいた…今は、軽度知的障害
でもLD云々… ましてや、
 家庭や地域での子育て能力の低下の結果や犯罪者
を「障害」者にして学級崩壊の原因にしたり…
 ビル・ゲイツやアインシュタインもそうだそうな…
 とりあえず、欧米ではカルト扱いのユングを崇め
たてるようなこの国は、アメリカでもマイナーなテ
ィーチやSIを万能のように崇めたてる。まず、こ
れからも専門家や専門機関のレベルが低いことが分
かる… まるで…みたい



241 :実習生さん:04/02/29 02:24 ID:WBP1Nwmx
成功者
診断なくとも
皆アスペ

242 :実習生さん:04/02/29 13:33 ID:8K1kVrqu
TEACCH指導者の派閥争いは醜い

243 :実習生さん:04/02/29 13:45 ID:C51QiOjw
240 それを言っても始まらないんだから、何か前向きなこと言ってよ(w

   >まるで…みたい
   …って何?

242 へぇーそうなんですか。どこにでも派閥争いはあるんですね。

244 :実習生さん:04/03/02 13:12 ID:r7Drpd/L

今夜の実況は こちらで

冬のひまわり
http://live8.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1078195268/

245 :実習生さん:04/03/02 13:39 ID:iNe5eW+X
なんにしろ、当人が「自分は“普通”じゃない」と
認識すらできていないのは たちが悪い罠。

246 :実習生さん:04/03/02 17:46 ID:TY4QHwDg
軽度発達障害の人はみんなほぼ確実に自分が普通とちがうって感じてるだろ。


247 :実習生さん:04/03/02 20:17 ID:WTjzjbF2

今夜の実況は こちらで

冬のひまわり
http://live8.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1078195268/

248 :H−H :04/03/02 22:12 ID:C9XRfER8
下の子(3歳)がしっかりしてきて、発達障害の上の子(7歳)を
バカにするような言動を取るようになるにつれて、ますます上の子が不憫になってきた。


249 :実習生さん:04/03/03 11:16 ID:FFMezpMH
っていうか、私も文部省の答申かな見たことあるけど、子供のころの自分に全部
該当する。むかしのほうが、教員の質がよかったって言うことだね。
 なんだあ、かんだあ、いったって教員の質が悪いんだよ今は。
 といいつつ実は、今年実習に出る通教生である。


250 :実習生さん:04/03/03 11:26 ID:FFMezpMH
子育てお疲れ様です。私は、教員志願で将来養護学校に勤めたいですが、実は、
こんな私にも、精神的に病んでしまったいとこがおります。大きくなれば大きくなるほど
不憫に思います。いつまでもいつまでも、暖かく見守ってください。上のお子さんのいいところ
沢山発掘してください。よくいうでしょ。こういうお子さんは、とても得意なことが、ひとつだけある。
それは、私たちよりはるかに、上手にできる。それが、パズルかもしれない。
絵画かもしれない。昔、山下画伯とかいましたよね。少しちがっていたら、
ごめんなさいねl

251 :実習生さん:04/03/03 22:29 ID:C+DjiCGC
>>248 私も障害ないけど、子供の頃3歳年下の弟に馬鹿にされていたよ(w
私もまけずに弟を馬鹿にしていたものです。

当時は弟うざーだったけど、今だからわかるんだけど、下の子って慢性的に上の子に愛情取られてると思うからそうやって親や兄弟の気をひくんだよね。
上のお子さんが障害持ってて手がかかるとしたら、下のお子さんも自分にも愛情が欲しいって
思ってるかも。

大変だと思うけど、二人ともかわいがってあげてくださいネ。

252 :永田( ´_ゝ`):04/03/03 22:56 ID:Yhlgz4KS
個性と障害との境界線ってなんだろうな

253 :実習生さん:04/03/04 07:55 ID:o+0N07vX
人や自分が困るかどうかじゃない?
誰も困らなきゃ障害じゃないんじゃないかと。

254 :実習生さん:04/03/04 15:47 ID:F/QBQo7L
うちの息子はLDで字がどうもうまく書けない。
診断的にはLDだけど、ADHD的な注意欠陥や衝動性が激しい。
字の問題や不注意の為に成績は悪いんだけど、理解力は結構あるみたい。

授業妨害はないし、友達とも小さいトラブルはあるものの楽しくやれている。
教師からは学習に力を入れて…と言われていて、もっともなんだけど、
無理強いしたら逆に反動が出るかも?と思ったり、友達と遊ぶ方を優先
させてコミュニケーションスキルを身につけるほうがいい気もする。

ADHD的な要素が年齢と共に落ち着いてきたら、自然と成績も上がるのでは?
とも思っているんだけど甘いですか?


255 :実習生さん:04/03/04 18:43 ID:w7z1tIjG
>>254
LDの人でも社会で活躍している人いますよね。
トム・クルーズとか。彼も子供時代、問題児扱いされて
何回も転校したそうです。今でも字の読み書きは苦手で、
せりふは全部テープに入れてもらって聞いて覚えるとか。
字がだめな代わりに驚異的な暗記力を持つ人もいます。
お子さんも自分にあった生き方を見つけられるといいですね。

ちなみに私もADHD傾向がありましたが、今はふつうに
社会人してます。


256 :実習生さん:04/03/04 23:01 ID:F/QBQo7L
>>255
レスありがとう!
私自身もかなりADHD的な傾向があったけど、なんとかやってます。
ただ、私は学力的には問題なかったから…
しかし、大人になっても落ち着きのなさや不注意、だらしないと思われることに対する
劣等感が強くて(実際にはかなり落ち着いたのに)いつも自分に自信がない状態の方が
問題だった気がしてます。
うちの子には変にコンプレックスを持たずに自分にあった生き方をしてほしいと思っています。

でも、判読不可能な文字や、やる気なさそうな態度を見るとかなり不安です。

257 :ADHD児童の母:04/03/05 08:22 ID:+PmdiIQh
うちは人との関わりは最悪なので、
人との関わりが良いのは、周囲に協力を求めることもできるので羨ましいです。


苦手なことが、自然に何かが上手になるということは難しいと思います。

根本的に文字が判読しにくいのはどういうところでひっかかってるのか、
書くのが苦手なのはどういうところでつまづいてるのか、
丁寧にみてあげて、訓練は必要と思います。

私はLDはないので、(でも、カタカナの判読がちょっと怪しい)LDの指導についてはスキルを
持ってないですが、例えばノート1つでもかなり文字が書きやすくなるとかあるみたいですよ。
その子によって、補助線が入ってるのがいいとか、大きいマスがかきやすいとか、小さいのがいいとか
あるみたいなので、1番使いやすいフォーマットを根気良く見つけていくのがいいかと思います。

あと、指先の書く力とかどうですか?
筆圧のかけ方、エンピツの制御(線がはみでる)とかでうちの子も結構漢字とかうんざりしてとりくみが悪い
んですけど、絵を描かせたりして随分良くなってきましたよ〜。

集中力つけるのに、習字はいいかなと思っています。字がでかくて読みやすいし。
筆って扱うのに気合いいれないとだめだから。
でも、お金ないんで、習いにいかせてないんで、思ってるだけなんですが。

258 :実習生さん:04/03/06 22:36 ID:C3bPeEPJ
>>257
今のところは人懐っこい性格なのでうまく行っているけど、もう少し大きく
なると浮くかもしれないと心配しています。
なんとなく幼稚な感じなんですよねぇ。

文字の事としては、形の認識もおかしいし筆圧なども安定していないし、
また気持ちの問題というか比較的うまく書けるときと書けない時の差が
大きい気がします。
今専門機関で読み書き検査を終え結果待ちなんですが、そこの訓練に
通いつづけるにはちょっと遠いので躊躇しています。

本人に負担がかかり過ぎない程度の学習方法をうまく考えられたら
いいのでしょうけど、難しいですねぇ…
あまり強制してかえって勉強は苦痛だと思っても良くないだろうし。
習字も考えた事はあるのですが、墨で真っ黒になって帰って来そうで
なんだか恐ろしいです。

259 :実習生さん:04/03/08 15:54 ID:fmgPTC/K
>習字も考えた事はあるのですが、墨で真っ黒になって帰って来そうで
>なんだか恐ろしいです。

あらかじめ、上下黒の服着るとか(w

>また気持ちの問題というか比較的うまく書けるときと書けない時の差が
>大きい気がします。

これって、純粋に気持ち?体力ないとか疲れやすいとか、そういうことはありませんか?
体力つけとくと割りと気持ち安定しますよ。

勉強は早くから好きにさせといたほうがいいですよ。
ゲーム方式の楽しい教材なんかどうですか?
パソコンでやれる奴とか。

うちは、パズル式になってると、国語でも算数でもいくらでもやってます。
真面目な書き取りとか、量が多い単純な計算とかはすぐ疲れた疲れたいいます。




260 :実習生さん:04/03/08 17:14 ID:DyN5CGd+
あらゆるものを見てヒキコモリを連想してしまう。私は異常でしょうか?
判定ヨロシクおねがいします。

261 :実習生さん:04/03/09 01:17 ID:sVe+pkXW
>>259
そうです、体力が無いのかもしれないです。
昔から疲れた顔をしている時ほど落ち着き無いです。
どうやれば体力つきますかね?
カラテなども習ってるし、外遊びなども好きなんですが…
むしろ安静にさせて体力回復を、とも思っているけどそういう時ほど
あれこれ気が散るようでおとなしくしたり早めに寝る事などもできない。

勉強もゲーム式だったら喜んでやってます。
でも、一番のネックは書く事です。
漢字は下村式口唱法っていうのがいいんじゃないか?と思って本を買ってみました。
興味は持ったようですが、なかなか続かないです。
ただ、紙に書くことにこだわらないで、指で字を書かせて見るのもいいみたい。

262 :実習生さん:04/03/09 08:52 ID:AiPM9rgY
>>261

 まず、体力がないってことを認識しといたほうがいいですよ。
 認知がズレてると、それだけで、ストレスためてくたびれてると思うから。

 動くときは楽しく思いっきり動く。休むときは休む。

 生活のメリハリつけるって言うのが大事かなと思います。

 睡眠時間は早めにたっぷりとってあげる・・9時に寝ると設定したらもっと前から
 寝る雰囲気に持っていく。

 空手は基礎運動・・ストレッチとか、走ったりとか週にどれくらい取り組まれてますか?
 うちは多動なので多動の場合を書きますが、どうも、動作を「ためる」筋肉が弱いみたい
 なので、ゆっくり身体を制御していくような運動がいいかなと思ってやってます。

 療育の先生に縄跳びをすすめられたんですが・子供一人で飛ばないし、親も縄跳び嫌いなんで
 やってません(苦笑)泳ぐのをちょっと続けてるんですが、全身運動だし、呼吸も深いので
 体力作りにいいかな〜と思ってます。
 

263 :実習生さん:04/03/09 10:48 ID:AiPM9rgY
書くことって必要に駈られないと、なかなか取り組まないですよね。
うちの子は、絵を書くのは好きだったので、それの説明とか自分で入れたりするので
自分で字を書いたりしてますが、そう言う趣味でもないと、自分で字を書こうとかなかなか思わないですもんね〜。

一時期療育の先生にお手紙いただいてて、やりとりしてたりしたのですが、
襟を正して文章を書く良い練習になったと思います。
そう言う「お手紙」とか書く機会を作っていくって言うのはどうでしょうか?

自分でいきなり白紙の状態の場所に字を書くって言うのはキツイ場合があるので、
文字をなぞる練習から入って良かったことがあります。
うちは、文字をなぞる前に、エンピツで絵(子供の好きな絵
)の下書きをして、その上をなぞらせる練習をしました。

あと、別紙を見ながら書くということが難しい場合があるそうで、書き取りをするとき、
別紙の見本をノートに写すのではなく、見本になる文字と書く場所が同じ1枚のプリントに書いてあるものを使ってるのを見た事があります。

>下村式口唱法 ・・今度本屋さんで見てみます〜。

264 :実習生さん:04/03/10 23:59 ID:TVQwcocb
>>262
いつもレスありがとう。
しっかり学習や療育に取り組まれていますね。

我が子はどうも私の言うことはふざけてしか聞かないので、
なかなか自宅で本格的に学習に取り組ませるのが難しいです。
私自身は勉強に支障無かったし、自分で自宅学習なんか
続かなかったと言う弱みもあるのでちょっと気弱です。

今の担任はとってもよく見てくださって、すごくありがたいのですが、
親の私では先生のおっしゃるようには指導できない感じで、
少し辛い部分もあります。
今日も連絡帳でいろいろ書いてくださってます。

ただ、もう少し落ち着いて、体力(?)などもつけば、理解力のある分
なんとか追いつけるのでは?と少し期待しているのですが。
文字をなぞらせるのも、少しやれば飽きてくるし、投げやりな線を
シュッと引いてなぞれてなかったりするし。

ただ、遊び感覚でやればうまくいくこともあるので、そういうように
細々とやっています。
なんだか、日常生活を普通にこなさせるだけでも難しいところもある
ので、ちょっといっぱいいっぱいです。

265 :実習生さん:04/03/11 03:12 ID:dXRrF75w
大人になったLDは何をしてるんでしょうか?
やはりひきこもってるんでしょうか?

266 :実習生さん:04/03/11 11:50 ID:c4vinKJy
普通にサラリーマンやってる人知ってるよ。

267 :ADHD児童の母:04/03/11 13:24 ID:XdJoOd8E
>>264 

いやーうちは、3ヶ月不登校になったことがあるんで、親が教えるクセがついちゃって。
学校も今は行ってますが、いついかなくなるかわからないので、もう毎日ドキドキです。
私も子供の頃は家で勉強なんかしてなかったのに、子供に勉強させるのは辛いもんがありますが、
まぁ、うちは子供が新しいもの好きなので、問題集とか好きそうなの自分で選ばせてやってます。

ところで、なぞらせる課題ですが、文字の前に、線とか、△とか○とか□とか簡単な形から入るといいですよ。

最終的には、字が使えなければ、ワープロでもいいし。(と、うちの特学の先生がよく言ってます)
ただ、テストとか、筆記になるので、私自身も学校の先生には、「他人に読める字を書きなさい」と
良く言われたものですが、これから制度も字の苦手な子に合うようなものも使えるように変わっていくといいですよね。

268 :実習生さん:04/03/12 22:33 ID:lsYWLgeM
>>267
不登校だったことがあったら心配ですよね。
うちには新1年の娘もいるんだけど、幼稚園時代から結構登園を
嫌がる子だからなんかわかります。
娘の方もやはり人との付き合い方が下手なので…
こっちもちょっと心配。

文字の前に線や図形をなぞらせるのやってみますね!
ところで、うちの主人は丸文字っぽい字を書くんだけど、本人いわく
こういう文字にしたら書きやすかったし読みやすいそうです。
習いたては「はね」や「はらい」などをきっちり習得しなければ
いけないけれど、最終的には読める字でさえあればいいんだな、と
深く感心した私です。

(2chなのに、メールのやりとりのようになっちゃって少し嬉しいです。
育児板ではこんなふうにはいかないですものね!)

269 :実習生さん:04/03/13 16:57 ID:svTcSJgn
・特殊学級でやる必要はない?
・競争させなければ伸びない?
http://kids.gakken.co.jp/campus/jiritu/medical/backnumber/02_06/top.html

270 :実習生さん:04/03/14 03:42 ID:ZgAQrHz8
>>266
そんなバカな!

271 :実習生さん:04/03/16 03:16 ID:5AL7GXPc
今子供をやっていたらどうだったのかとよく思いますが・・・

落ち着きがなさすぎて、母親が家事をしている間はテーブルにつながれ(犬のようですね)、
ストーブにあたると暖かい、中に手を入れたらもっと暖かくなるだろうと
手を入れて火傷したり、
目の前にあるものはすべて飲み込み、呼吸停止になって病院に運ばれたり・・・
なんて話に暇がない子供でした。
もちろん言語障害もあり、4歳になっても言葉が話せないので
療育に行きましたが馴染めず脱走したりもしました。
母は嫌な顔ひとつせずに「言葉が話せないなら字が書ければいい」といって
私に字を覚えさせて他人と意思疎通を図らせようとしたそうです。
そのため言葉より先に字で意思疎通を覚えました。

小学校に上がっても、親は(私には何も言いませんでしたが)
学校ともいろいろあったようです。

それでもなんとか大学も出られたので親には感謝ですね。


272 :実習生さん:04/03/16 16:42 ID:uHZIxoZT
今でこそ大学で教員をやっていますが小学校時代はそりゃあひどいものでした。
昼休みが終わって他の子が全員教室に入っても一人でなんの不安も疑いもなく校庭で遊び続けていたり、
ランドセルを持たずに学校へ行ってしまったり、授業中なのに何故か学校を抜け出して虫とりをしていたり、など。
隣の子に砂をかけられて目が痛かったので、つぶっていたら寝てしまって4時間め音楽の時間でようやく起きたり。
先生にお手紙を持たされて喜んで帰って親に見せたら、苦情の手紙だったり。
忘れ物の帝王でしたが、注意力はなくても機転はきく。全部の教科書を机の中に入れておき、時間割などしない。
宿題は授業中にやっておき、できなかったらできないとあきらめて乗り切っていました。(人の顔色がわからないので度胸があるように見える)
というような生活でした。当然、いじめられっ子。ですが孤高の人なので、妙なところでは尊敬されていたようです。
中学までは完全なはみ出し者で不登校も3ヶ月くらいしてました。
高校で理数、芸術方面の才を見出してくれる先生とめぐり合い、得意なところだけを生かして専門職につきました。
母親には今でも感謝しています。不登校の時も学校に行けと言わなかったし、博物館や美術館に行って一人で遊んでいました。
結婚もできたし、少しずつ仲間もでき、なんとかなんとかやっています。

しかし、今でもうまく気持ちを擦り合せるように馴れ合いする方法がわからないし、皆勤賞を取るような規則に忠実で決まりを破ると怒ったり意地悪する学生さんの気持ちがつかめません。
そういう学生さんにはたぶんうまく指導ができていないだろうから、悪いなあと思っていたりします。



273 :実習生さん:04/03/16 23:43 ID:4WVnJucL
「自衛隊は『自閉隊』と言われていた」 石破防衛庁長官
http://www.asahi.com/politics/update/0316/012.html

274 :実習生さん:04/03/17 02:34 ID:DMzvIa7a
アスペルガーの奴ってかなり頭良いみたいだよ。
LDの奴はどっかの能力が特化するから大物になる可能性大。
ラストサムライの主演のトムクルーズは文字が読めないLD。
その他歴史上の科学者もLDやった奴多い。
ビルゲイツもLDらしい。
LDの奴はどっか他人より桁違いに特化している可能性あるから、そこを見つけ出して、
伸ばしてやればいい!間違いない!


275 :実習生さん:04/03/17 10:37 ID:20R9/F6L
石破防衛庁長官「自衛隊は自閉隊」発言
http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news2/1079486271/

276 :実習生さん:04/03/17 15:47 ID:cJb1PXeo
>>274 それ、息子に言ったら頑張って勉強しています(w
嘘つきな悪いお母さんを許して。

277 :実習生さん:04/03/17 21:32 ID:20R9/F6L
政府は16日、構造改革特区の第4次認定を内定した計画88件を発表し
た。教育関連は分野別で最多となる32件で、不登校や学習障害(LD)
の子どものフリースクールなどが特区制度を利用して正規の学校を設立す
る計画が認められた。株式会社が設ける通信制高校も初めて登場する見通し
だ。


http://www.asahi.com/edu/news/TKY200403170119.html

278 :実習生さん:04/03/18 18:19 ID:AEBt6eHk
LD児対象のフリースクール増えてるね。
でも学費が高いのでうちは無理だ・・・。

279 :実習生さん:04/03/18 20:28 ID:uMUNEHRN
俺、多分ASです。勉強(・∀・)得イイ!! はあながち嘘では無いと思う。
N本大学系高校の特進コースに通ってますが、各クラスにASが2人はいます。
あと多動も。俺も含めてほとんどが抜けてる印象が否めない香具師らですが、
潜在的な能力はヤパーリ高いです。感性が鋭いって国語の先生に言われます。
物を見る視点が普通の人と違うらしくて、文章を見ると分かるらしいです。

280 :実習生さん:04/03/18 20:37 ID:Qq7VmBGD
>>279
それはASではありません

281 :実習生さん:04/03/18 21:16 ID:1Fxoep78
僕は22歳の高機能自閉です。大学生やってます。
能力にはかなりの偏りがありまして、理数系が強いのですが、記憶できる容量
が普通の人よりも小さい感じがします。なんでもすぐに忘れてしまいます。
それは生まれたときからで、努力ではどうにもなりませんでした。
でも、注意欠陥をある方法によって克服できたように、何かいい方法があるのかもな
とも思っています。誰か、知りませんか?自閉症児の学び方。
生活に支障はまったくありません。軽度なのだと思います。
コミュニケーション能力に関しても、普通に人と関わっていく分には、
ほとんど問題ありません。普通の人と大きく変わることありません。
ただ、人と深い仲になるのが苦手です。なんでも法則通りになってないと
すぐにわからなくなることが少なくないんです。あいまいさっていうのかな。
恋愛もしたことありません。割り切れない感情をうまくしょりできないんです。

282 :実習生さん:04/03/18 21:23 ID:1Fxoep78
おーわーることのなーい
 
 たーびーじのはーてでー

283 :281:04/03/18 21:38 ID:1Fxoep78
嘘です。法則通りになってなくても、別にかまいません。
混乱するだけです。
ぶっ壊れろと言われれば、いくらでもぶっこ割れてやるぜ!!うひゃげららっw
でも、それは僕が変だからというのが原因じゃない。
みんなさ、もっと自由でいいじゃない?みたいな風に自分で思っていても、
頭の中のストッパーが外れない人たちから見れば、ただの基地外にしか見えない
んだとわかってから。何をするのも怖いんですよ。
教師ともそりが合わなかったなあ。教師やってる人って目の前の法則がすべて
正常に機能してるのが当たり前だと思いこんでいる人が多すぎるから嫌だ。
面白くない大人が多いな教師には。なんか面白気なことやってると、
すぐにバカだと思われるんだけど、別にバカでも天才でもないんだけどな。
勘違いばっかりされるからつらいな、この病気は。口がうまい人には特に
バカだと思われるんですよ。

284 :実習生さん:04/03/18 22:08 ID:dVNLXNMF
281‐3って酔っ払い?

285 :実習生さん:04/03/18 23:58 ID:3mqBcg3d
>>284
おまえスレタイが読めないのか?

286 :実習生さん:04/03/19 08:13 ID:j45u13Q1
>>285 いや、スレタイは読めるけど、マジ281‐3の文章が意味分からん。
酔っ払いの愚痴にしか見えないんだけど、マジな書き込みなんだったらゴメン。

287 :実習生さん:04/03/19 21:23 ID:46u/BC5D


  自 称 は も う お 腹 い っ ぱ い  




288 :実習生さん:04/03/19 21:53 ID:j45u13Q1
春休み終わったら新学期ですね。
どういう人が子の担任になることやら。

毎年先生が変わるのも良し悪しで、せっかく理解してもらえたわと
思ったらまた一から関係をつくるのは少しくたびれモードです。

289 :実習生さん:04/03/19 22:33 ID:HDvTqw9n
http://www.nishinippon.co.jp/kyushu_flash/kyushu_flash.html
鳥栖市の小学校 ADHD児童に給食とらせず

290 :実習生さん:04/03/19 22:34 ID:HDvTqw9n
http://www.nishinippon.co.jp/kyushu_flash/kyushu_flash.html
鳥栖市の小学校 ADHD児童に給食とらせず

291 :鬱のミヤ:04/03/19 23:49 ID:mE+tlnGt
小3男子の給食取り上げる 担任、ADHD児に「罰」 03月19日午前10時38分

佐賀県鳥栖市の小学校で3年生担任の女性教諭(42)が、前日に給食の食器を
片付けなかった罰として、男児の給食を取り上げ食べさせなかったことが19日、
分かった。男児は教室内を歩き回るなどの症状があり、注意欠陥多動性障害(A
DHD)と診断されていた。
 教諭は事実関係を認めている。市教委は「食事など生理的な欲求を対象とした
指導は論外で、人権侵害だ」と問題視。男児の両親は日常の指導にも不信感があ
るといい、市教委は厳重な処分を検討している。
 市教委によると、教諭は給食後に自分の食器を片付けるよう指導していたが、
16日に男児が片付けなかったため、17日の昼「約束を守れなかった」などと
して、男児に配られていた給食を取り上げた。
 男児はしばらく机にうつぶせていた後、ベランダに出て教室に戻らなかったと
いう。男児は午後3時すぎに下校、家でラーメンを食べていたのを不審に思った
両親が問いただし、判明した。(福井新聞)

292 :実習生さん:04/03/20 00:23 ID:5KOwL9fh
>>281
>注意欠陥をある方法によって克服できたように、何かいい方法があるのかもな

注意欠陥をどうやって克服?
薬物治療?ていうか本当に克服出来るものなの?

293 :鬱のミヤ:04/03/20 00:39 ID:PQvwv5MF
将棋の羽生さんって絶対、アスペルガー症候群だと思う。
あと、キャスターの筑紫哲也さんもそれっぽい感じがする。

294 :実習生さん:04/03/20 12:12 ID:VIzEi2Rf
>>292

ADHDは克服というより、薬物での治療(軽減)はできる。
大人になれば見た目上の「多動」傾向などは弱くなるが、
基本的には「治る」ものではない。

てか、このスレで自称ADHDとかASとか言ってるヤシらって、
ほとんどが人格障害の類ではないか??

295 :実習生さん:04/03/20 12:16 ID:VIzEi2Rf
>>293
をいをい、アスペを量産するなよ。
DSM‐IVでも読んでからもう一度考えてみ。

296 :実習生さん:04/03/20 12:28 ID:hGE1EaZI
成功者
診断なくとも
皆アスペ

297 :鬱のミヤ:04/03/20 14:41 ID:NI5BtA3m
ぜんそくやてんかんの生徒の指導をテーマにしたスレもほしいなぁ

298 :実習生さん:04/03/21 13:12 ID:WN0jbHqy
 レオナルド・ダヴィンチって、ADHDなんだって?(w

127 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)