5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

弁理士と国T、どっち目指そうかな??

1 :理系:02/09/28 00:04
どっちがいい?国Tは研究職ね。

2 ::02/09/28 00:04
ちなみに院には逝きませぬ

3 ::02/09/28 00:06
あ〜んど、2留してます。あ、でもソフトウェア開発技術者試験持ってるから、選択免除ね。今、大学4回だよ。単位不足で6年までいかなきゃだめなんだけど・・

4 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:11
理一にしとけ

5 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:12
国Tで研究職にいく当てがあるなら、いいんじゃない?

6 ::02/09/28 00:19
でも、2留してたら、採用されないって言われたんだ。しかも、院いかないし・・

7 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:27
ってか、ソフ開って取る意味あるの?

8 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:43
なんで??>>7

9 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:44
ていうか院いく意味あるの?

10 ::02/09/28 00:45
理系だから、あるっしょ>>9

11 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:49
1の所属大学によって意見が変わる。

12 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:50
>ソフトウェア開発技術者試験持ってるから、選択免除
そうだったのか(得心
免除資格に就いてはもっと詳しく知りたいな。

13 :名無し検定1級さん:02/09/28 00:51
とりあえず、MARCH・関関同立あたりのレベルの私立。院いく意味はあると思う。うちの大学で、レベルの高い研究室知ってるし。けど、経済的にも年齢的にも無理がある。

14 :名無し検定1級さん:02/09/28 01:09
院って、どうやったら入れるんだ?

15 :名無し検定1級さん:02/09/28 01:16
普通に弁理士。あんたみたいなタイプは公務員には向かない。
コツコツ型じゃないからね。

16 :名無し検定1級さん:02/09/28 01:21
理科大かな?
つーか、私大の院はやめた方が良い。

17 :名無し検定1級さん:02/09/28 02:27
国Tとか言うくらいだから一定のレベルの大学は行ってるはずだとすると、
どう考えてもとりあえず院だろうな。俺学卒だけど院出てれば良かったと思う。
国家公務員でも弁理士でも院出てた方が有利だぞ。

18 :名無し検定1級さん:02/09/28 04:54
国1から特許庁にもぐりこんで5年潜伏。
そして弁理士試験のほとんどの科目の
試験免除を勝ち取って
弁理士に転身。
これ最強(w

19 :名無し検定1級さん:02/09/28 10:04
↑最強!
税理士試験を受けずに院に行って前科目免除受けるのに等しい。

20 :名無し検定1級さん:02/09/28 10:31
>>18
今年の弁理士試験の短答式を現職審査官が2名受験してたね。
短答60問中のたった10問だけ(著作権法、不競法)ね。
もちろん受かったけど。彼らはもちろん修士卒だよね。
すると選択は免除。
そして、入庁5年たってれば工業所有権法全部免除(論文、口述)。
つまり、短答10問だけで弁理士になれる。これが最高だね。
やっぱ、国T→特許庁審査官5年→弁理士。これだね。

21 :名無し検定1級さん:02/09/28 10:39
>>20 >国T→特許庁審査官5年→弁理士
つまり、お国の偉いさんになるよりも
弁理士の方が儲かるって事だな?
普通、よほどの事情がなければ
高収入から低収入への自発的な転職はしない筈。

22 :名無し検定1級さん:02/09/28 10:43
>>21
審査官は偉くなれません。
せいぜい、審判長止まり。

23 :名無し検定1級さん:02/09/28 11:07
>>22
国T取ってそれじゃ確かに止めたくもなるな
どうせなら政治家を目指せ

24 :名無し検定1級さん:02/09/28 12:57
1は京大生っぽいな

25 :名無し検定1級さん:02/09/28 13:00
こんな糞スレはよ終われ

26 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:08
>>20
>今年の弁理士試験の短答式を現職審査官が2名受験してたね。

ある情報筋からの情報によれば
その二人の内訳は、現職が一人、ヤメ審が一人の模様。
二人とも論文式は全科目免除なので
論文式の合格発表には名前はでてないけどね。

27 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:14
>>27
ある筋とはどの筋じゃ(w
そんなことは特許庁内部の人間しか知らないはず

28 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:17
>>27
じゃなくて
>>26
のまちがい
スマソ


29 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:22
>>27
情報筋の情報を頼らなくても、
特許庁のHPで公開されている
「平成14年度弁理士試験短答合格者統計」、
「平成14年度弁理士試験論文受験者統計」、
「平成14年度弁理士試験短答式筆記試験合格発表」の受験番号を
よく見れば、
そんなことは自明と思われ。

30 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:40
>>29
この3つをみてもわかることは工業所有権法と選択を免除になった合格者が
2人いるということがわかるだけと思われ
福岡の合格者がヤメ審かどうかは情報筋でないとわからん
仲間に隠れて福岡で受験したかもしれんし(w
あと、東京の合格者も現役じゃなくてヤメ審かもしれんし

31 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:49
>>30
阿呆かいな。
庁に入って5年以上たった者が弁理士試験科目免除のために短答10問を受けたというそれだけのことでしょ。
それ以外に何の意味があるの。ああくだらない。

32 :名無し検定1級さん:02/09/28 23:55
>>30
>福岡の合格者がヤメ審かどうかは情報筋でないとわからん
>仲間に隠れて福岡で受験したかもしれんし(w
>あと、東京の合格者も現役じゃなくてヤメ審かもしれんし

「平成14年度弁理士試験短答合格者統計」、
「平成14年度弁理士試験論文受験者統計」の
「職業別内訳」の欄を見比べた?
二つの表で「公務員」は1人しか減っていないので、
現職が工業所有権法免除で受けていたとしても
高々一人ってこと。
東京と福岡のそれぞれ一人が
どっちがどっちということは
わからないけどね。

ま、この欄は願書での自己申告に基づくので
出願者がうそをついていたら、
どう推測しようもないけど。

33 :名無し検定1級さん:02/09/29 00:07
なんだか、1さんの問いから
スレがコースアウトしつつあるので、
1さんの問いに対してちょっとマジレス。

基本的には
1さんのやりたいことや重視していることが
なんであるのかをよく考えるべきだと思います。

もし自分で研究開発を行いたいのであれば
民にいくか官にいくかはさておき
研究職へ驀進するのが本筋でしょう。
そのためには
どういう手を打てばいいのかを考えていけばよいのでは?

もし自分で研究開発することのモチベーションを保ちにくいとか
知財がらみをすぐにやりたいとかであれば、
直接弁理士試験を狙うとか、
18さんが言っていた”これ最強”コースを目論むとか、
検討すればいいのでは、と思います。

34 :名無し検定1級さん:02/09/29 00:07
>>31
すっこんでろヴォケ
>>32
バックれたりして(w

35 :名無し検定1級さん:02/09/29 00:17
今後10年は弁理士急増して
その後かなり合格者数を減らすと思われ
また、技術分野はどんどん専門性が高くなっているので
小さな事務所は合併するか、様々なネットワークを張って
いかなければならず、一国一城の主を目指すのは難しいと思われ。

今後どうなるかマタークわかりませんが、こういうことを念頭に入れておく
必要あるでせう

36 :名無し検定1級さん:02/09/29 00:26
>>35
研究職になるにせよ弁理士になるにせよ
絶対確実ということはないので
あとは自分のやりたいようにやるしかない、
ということでしょう。
>>1に対する答としては。

なお、万一”これ最強”を狙うのだとしたら、
特許庁での採用面接のときに
その意図をおくびにもだしてはいけません。当然ですが。
「国家1種情報交換掲示板」というところで
今年の特許庁内定者のひとりもそう言っていましたよ。

37 :名無し検定1級さん:02/09/29 02:42
>>1がどういう進路をとるかを考える際には
各進路の難易度も検討する必要があるのでは?

(A)国1→研究職
最近の国1試験(理系)合格の難度がどうか。
(昔は、普段勉学に励んでいる者であれば
 1週間程度国1試験対策を行えば
 十分に一桁順位合格が出来る程度であったが。)
合格後に研究職として受け入れてくれるところがあるか。
(よくかんがえたら、国1で技官ならともかく、
 純然たる研究職のポストはそんなにあるのか?)

(B)弁理士試験→弁理士
今年度から新制度になった弁理士試験の難度はどうか。
>>1は選択免除だから、より有利といえるが。
(今年度の論文式での合格率が
 選択科目の免除のあるなしで倍程度違ったらしい。)
首尾よく合格したとして、
弁理士大増員時代に弁理士としての仕事がちゃんと確保できるか。

(C)国1→特許庁潜伏5年→免除されまくりで弁理士試験→弁理士
国1については(A)と同じ検討課題あり。
国1合格後にうまく特許庁にもぐりこめるか。
弁理士に転身する際の仕事確保については(B)と同じ検討課題あり。

(D)民間企業で研究職
うまく企業にもぐりこめるか。

・・・以上、論点を整理してみました。
これらに>>1のおかれた状況を勘案して考えてみるのがよいかと。

38 :名無し検定1級さん:02/09/29 02:45
俺の知り合い、
論文とか書いて学会で発表とかしてるんだけど(この間はアメリカの学会にもいった)
これって研究職?

39 :名無し検定1級さん :02/09/29 02:47
弁理士のスクール作ってくれ〜〜

40 :名無し検定1級さん:02/09/29 02:58
>>38
仕事内容的にはりっぱな研究職と思われ。
ただ、公務員の身分的には
「研究職俸給表」または「教育職俸給表(一)」が
適用されているか否かで分かれる気が。
(大学の技官ってどうだったっけ?)
よく大学の技官とかやっている人も研究しているらしいし。
>>1が何を望んでいるかがわからないことには。

そういえば>>1はどこにいった?


41 :38:02/09/29 03:08
>>40
研究職はなるの難しいの?

素人の俺としては、そいつがすごいのかそうでもないのか
なんとなく知りたいだけなんだけど。

42 :40:02/09/29 03:25
>>41
>研究職はなるの難しいの?

通常、
理系の研究職、かつ、公務員といえば、
大学院でPhD(博士号)をとって
アカデミックポストを得た人
というイメージがある気がします。

>>1
大学院に行かずに(学位をとらずに)、
理系の研究職、かつ、公務員になることに
言及していたので
あれっと思ったわけでして。

私も正直なところ
研究職の線引きについては
詳しくありません。

>素人の俺としては、そいつがすごいのかそうでもないのか
>なんとなく知りたいだけなんだけど。

ちゃんと論文・発表を行っているなら
研究職としてまっとうであると思いますよ。

43 :名無し検定1級さん:02/09/29 03:30
2、3年前の話だけど
国立の某研究所(今は独立行政法人)のひとが言ってたんだけど
技官の研究職採用は今はほとんどドクター、最低でも修士って聞いたよ

44 :41:02/09/29 03:39
そいつ、修士だよ。
周りには博士が多いらしく、
「俺は皆が知ってることを知らないことがたまにある。
 博士までとっておくべきだったかなー」
なんていっている。


45 :名無し検定1級さん:02/09/29 03:46
>>44
知識量と学位は必ずしもイコールではないと思われ。
博士号をとれるか否かはむしろ
研究のオリジナリティが認められるか否かにある。
いくら知識や他人の研究とかに精通していたとしても
本人のオリジナリティがないと博士号はとれない。
(まぁ、ドキュソな学位認定をしているような大学があれば別だが。)
もっとも、博士号をとるまでの過程で
それなりの知識も吸収していくのは当然だが。

46 :41:02/09/29 03:49
ねえねえ、あのさ、NASDAってどういう存在か知ってる?

47 :名無し検定1級さん:02/09/29 04:06
>>46
宇宙開発事業団のこと?
ロケットを打ち上げるところでしょ?

48 :名無し検定1級さん:02/09/29 08:45
理系学生のキャリアパスについて議論する良スレの予感。
あげ。

49 :名無し検定1級さん:02/09/29 14:37
特許庁ってどうなの?(パート2)↓
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1021178785/l50

弁理士統一スレ↓
http://school.2ch.net/test/read.cgi/lic/1027578528/l50

弁理士試験ML↓
ttp://www.ca.sakura.ne.jp/~patent/pa/index.shtml

このあたりもみておきませう。

50 :名無し検定1級さん:02/09/29 14:41
>>1
俺なら弁理士。
今後のこと考えたら弁理士はおいしいぞ〜

51 :名無し検定1級さん:02/09/29 14:43
すいません、スレに迷いました。
税理士のスレはどこですか?

52 :名無し検定1級さん:02/09/29 14:43
>>50
貴殿がおいしいと考える理由は?

53 :名無し検定1級さん:02/09/29 21:04
あげ。

54 :名無し検定1級さん:02/09/30 04:47
あげ

55 :名無し検定1級さん:02/09/30 16:41
>>50
弁護士の方がおいしいぞ〜
弁理士よりも知名度が高いし、
法律の素人達からは「先生」と呼ばれ、
収入、社会的地位、自己プライド・・・大きく満たされる〜

56 :名無し検定1級さん:02/09/30 16:56
企業法務弁護士だと弁理士と同等かそれ以上の収入でまともな企業人
だけとの付き合いで気楽であるが、民事刑事一般の零細マチ弁だと収入は
弁理士よりも下でドキュソな貧乏人やらヤクザやら右翼やら訳の分から
ない輩を相手にしなければならないので、かなりのストレスや身の危険も
あってキツイで。


57 :名無し検定1級さん:02/09/30 17:03
やっぱ安全で、儲かって、社会的地位が高くて、
先生と呼ばれるのは医者か教授だな。
でも漏れはハラワタとかグロいデキモノとか苦手だから、
医者には絶対にならん(なれん)!
親は一応医者なのにな。

58 :名無し検定1級さん:02/09/30 21:01
>>55
>>56
>>57
(たぶん医学部生でない、しかも、大学院にはいかない)理系の
>>1にとっては
あまり参考にならないかも(w

59 :>1:02/09/30 21:42
こんな学生ばかりのところで聞いても無駄無駄。

60 :名無し検定1級さん:02/09/30 22:12
>>59
そうか?
このスレの問答は結構社会人のものっぽい気が。
もっとも>>50以降は・・・だけどね。

61 :名無し検定1級さん:02/10/17 22:56
とりあえず国1?
弁理士はこれから余る一方という罠。

62 :名無し検定1級さん:02/10/17 23:05
>>61
特許関連で飯を食ってる人口は30万人。
それに対して弁理士は今現在、たった4850人。
合格者数を無茶苦茶増やしてるが、それでも目標の1万人に達するのは平成30年頃。
余る時代は当分来ないね。


63 :名無し検定1級さん:02/10/18 01:00
>>62
弁理士が余るかどうかはさておき、
弁理士がそれだけ増えれば、
平均的な収入面では公務員とそんなに変わらなくなるという罠。

64 :名無し検定1級さん:02/10/18 01:16
弁理士2万人以上になっても、平均収入1000万割りそうにないなw

65 :名無し検定1級さん:02/10/18 21:19
>>64
そうかなぁ?

ごく単純な計算でスマソだけど。
特許出願はだいたい年間40万件。
特許系の弁理士が例えば4000人いたとして、
一人当たり年間100件。
これ位が、ほぼ妥当な水準ではないの?

弁理士が1万人にでもなろうものなら、
仕事不足になるのではないかと・・・ガクガクブルブル

66 :名無し検定1級さん:02/10/18 22:05
>>65
単純ミス。
弁理士が1万人になったところで、特許事務所の中の弁理士の割合が若干増すだけ。
さすがに弁理士ともなれば強欲所長もそうひどい搾取はできない。
結局、特許事務所のスタッフの待遇が若干良くなるという程度の変化かな。

受験生の多くが「すでに」特許の世界で飯を食っているという事実を忘れないこと。

67 :名無し検定1級さん:02/10/19 00:05
>>67
どうなんだろう?

今年の論文合格者の内訳をみても
業界への新規参入者と考えられる無職とか学生とかをあわせて
100人くらいはいるでしょ?
100人といえばちょっと前までの1年分の全合格者数に匹敵する人数。
こういう数ってじわりじわりと効いてくるのでは?

それと
弁理士というステータス自体が値下がりすると
仕事に対する報酬の単価自体が
下がってくるということは考えられないかな?

・・・いや、杞憂であればいいのだけど。

68 :名無し検定1級さん:02/10/19 00:07
>>67において

>>67
ではなくて
>>66
であった。
スマソ。

69 :名無し検定1級さん:02/10/19 00:54
自問自答してて良レスかと思ったのに…

70 :名無し検定1級さん:02/10/19 08:10
>>67
堺屋太一ではないが「平成30年」頃にはそうなるかも。
でも、そのときですら新規参入者はいまより1500人〜2000人程度増えたという程度だし。
まあ、数からいったらゴミだね。

71 :名無し検定1級さん:02/10/21 21:16
事務員は受かりそうな年に「無職」になる人が多いから、新規参入者はもっと少ない

72 :名無し検定1級さん:02/10/23 01:25
ところで、明細書を一件書き上げるとどの程度の収入(単価)になるのですか?
年間の出願件数はそんなに変わらないから、
単価がわかれば、弁理士+特許技術者の飽和人口がわかるのでは?

73 :名無し検定1級さん:02/10/23 01:34
モノをつくると、その何倍もの金が動くのだよ。
簡単には計算できないもんです

74 :名無し検定1級さん:02/10/23 20:48
>>72
意味不明。
すでに、弁理士+特許技術者で明細書を書いてる。
飽和もへったくれもないだろ。

75 :名無し検定1級さん:02/10/24 23:32
>>74
年間の出願件数(特許で年間約40万件)と
一件あたりの単価(特許明細書で??万円)と
単価のうちの純利益率(??%)と
弁理士&特許技術者がそれなりの生活を維持するための標準年収(600万円くらい?)を想定すれば、
弁理士&特許技術者の飽和人口がおおざっぱに計算できるかと思って。

たとえば、単価20万円、純利益率75%と勝手に想定すれば
弁理士&特許技術者の飽和人口は一万人と計算できます。
実際には、企業内弁理士や知財部員の人もいてそれほど単純ではないけど。

弁理士だけでも一万人になった場合に特許業界はいったいどうなるのかな・・・

76 :公務員:02/10/25 00:26
まぁその計算ではうまく算出されんだろう。
事務所を通した出願の割合は?
明細書作成以外の売上げは?
純利のアベレージは?
特許技術者から弁理士に転身する人の人数は?

詳しい人がいたら補足よろしく。
わしゃ、どれも知らん。

77 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:05
>>75
>>76
そもそも弁理士一万人計画は
ちゃんと出願業務の市場規模(?)を勘案した上での施策だろうか?
そうでないとしたら、
結局過当競争になって業界全体があぼ〜んになってしまうという罠。

78 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:09
無資格者の待遇は悪くなるだろうな、仕事ができても

79 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:17
まぁ四国に4本橋を架けたのを見れば分かるでしょう。

80 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:17
>>78
まぁ、そうでしょうね。
まずは資格をもってなんぼ、の世界になるのでしょうな。

81 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:19
資格廃止したら?

82 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:20
>>79
それは
弁理士一万人計画が市場規模を勘案しての施策か、
という問いに対する答えと解してよろしいか(w

確かに説得力がありまくり。

83 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:23
公正取引委員会の室長って偉いの?
ゼミ選択の時に目に付いたのだが。
テーマは知的財産権法と独禁法だっけな?
なんかMBAも持ってたし。
偉かったら取ろうかなと思う次第であります。

84 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:24
>>81
廃止したら、
手続きの度に役所から却下処分を受けるヤシとか、
せっかくいい発明したのに手続きミスで特許とれないヤシとかが、
量産されるという罠。


85 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:25
>>84
試験勉強したらそういうミスがなくなるんですか?

86 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:31
弁護士なんていなくても自分で裁判のりきるからいーや
ってヤシの意見だよ。

87 :名無し検定1級さん:02/10/25 01:54
>>85
少なくとも、
出願した後で
明細書の分量を数倍にする補正をするようなイタイ香具師にはならないですむわな。

88 :名無し検定1級さん:02/10/25 08:09
>>87
いつの時代の話をしてるの?
今はそんな補正はできないよ。

89 :名無し検定1級さん:02/10/26 04:26
>>88
スレの話の流れをみてホスィ。
特許法の規定を知らないとそういう補正を平気でしてしまうという話。

なお、念のため言及しておくけど、
昔だってそんな豪快(?)な補正は原則的にマズーだった。

90 :名無し検定1級さん:02/11/09 04:58
sage

91 :名無し検定1級さん:02/11/25 22:13

            o                o
            /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
           /  このスレも無事に   /
           /   終了いたしました   /
          / ありがとうございました  /
          /                /
         /    モナーより      /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ∧_∧  /                /∧_∧
 ( ´∀`) /                /(´∀` )
 (    )つ                ⊂(    )
 | | |                   | | |
 (__)_)                  (_(__)

92 :名無し検定1級さん:02/12/01 15:39
特許管理士って弁理士とどう違うの?

93 :名無し検定1級さん:02/12/05 23:26
>>75
<年間の出願件数(特許で年間約40万件)と
今年は間違いなく40万件割ります
審査請求料値上げほぼ確定なので今後さらに出願件数減ります
でも弁理士は増え続けます

<一件あたりの単価(特許明細書で??万円)と
安いところは10万台前半
普通は20万前後です
30ページ前後の明細書だとこんなもんです

<単価のうちの純利益率(??%)と
事務や図面作成者の給料、その他諸経費引くとだいたい3〜4割です


94 :名無し検定1級さん:02/12/06 00:41
おぉ、このスレが久しぶりに浮上している!

>>93
情報サンクス。

で、情報を元に、特許出願系の弁理士の適正(?)人口を粗く計算すると、
20万(円/件)×30万(件)×0.3÷600万(円/人)=3000(人)
・・・いまの弁理士人口(5000人前後)でも過剰なの??

95 :名無し検定1級さん:02/12/06 00:52
>>94
素人ですけど、補正とか審判とかってのは事務所の収入にとっては
微々たるもんでつか?

96 ::02/12/06 00:53
まちがえた >>93とすべきでした

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)