5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

絶対にフリーターになるな!

1 :就職戦線異状名無しさん:02/11/18 06:21
新卒社員は、もちろんスキルもキャリアも
ありません。
だからこそ企業も4月一括採用によって新入社員に集合研修を受けさせて効率よく(=コストに見合うリターンを十分得られるように)スキルや社会常識を身につけさせます。
これは、新卒で厳しい採用選考を潜り抜けてきた社員は、将来その会社の根幹を担う人材に育て上げるためです。
一方、中途採用はキャリア採用になります。
「キャリア」採用とは、既に職歴があり、
そのスキルを自社の業務に「直ちに」役立たせることができるであろうという人材を
採用するものです。
したがって中途採用で募集する社員というのは、一般的には職歴があることが大前提になります。
ただ、中途採用でも職歴のあるなしを問わない企業もあります。
ただし、そうした企業が募集する職種は、
ノルマの厳しい営業職(=社員の定着が悪い)が多いようです。
つまり、人生の中で、最も有利に採用選考を受験できるチャンスが新卒採用ということになります。
新卒採用のチャンスを逃してしまうと、職歴のあることが前提となる採用になりますので、一般的にはかなり厳しいことになります。
これが企業社会の「論理」です。
あなたの「論理」を企業が受け入れなければならない理由はどこにもありません。
それに異論を唱えても変わるものではありません。
現実です。

>>2 へと続く。


2 :就職戦線異状名無しさん:02/11/18 06:21
考えてみてください。
もし企業が中途採用で職歴のない方を募集したとしたら、どうなってしまうでしょうか?
職歴のない方を採用するたびに、新入社員研修と同じくらいの時間とカネをかけて教育を施すということになり、ものすごく効率の悪いことなんです。
「効率が悪い」ということは、「カネがかかるわりには効果が低い」ということです。
4月一括採用で集中的に採用選考を進めれば、バラバラにやるよりもカネも時間もかからないんです。
社員一人を採用するために、何百万円という金がかかるのです。
一度に大量に募集すれば、募集社員一人アタマのカネも少なくてすみますが、
少人数ずつ数回に分けて募集すると、一人単位のコストは数倍に跳ね上がります。
1回あたりの募集人数を半分に押さえても、求人広告や人手や時間は半分にはならないからです。
営利企業である以上、採用活動にも「コスト意識」が求められるわけです。
ですから、「4月一括採用」という、一見無意味のような慣習にもちゃんとした理由があるというわけです。
人生に一度しかありませんが、だれにでも平等にチャンスはあるわけです。
景気低迷のため、内定をもらうことは難しくなってきていますが、死に物狂いでやっても絶対に内定がもらえないということは
ないのではないでしょうか?
もちろん「自分のやりたいしごとではない」という不満はあると思いますが、
22前後にもなれば、「自分がやれること」と「自分のやりたいこと」の区別くらいつけられなければいけないと思います。
就職するということは、その道で「プロ」になるということです。

3 :なるほど!よくわかったYO!:02/11/18 07:38
3age

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)