5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初学者の質問に合格者や中上級者が答えてくれるよ40

1 :氏名黙秘:04/03/18 00:46 ID:+oghq1GC
1)本スレは「学習上生じた疑義」について質問するスレです。質問者はなるべく具体例を挙げ疑問点を明確にして質問すること。
「○×って何ですか」「○法×条の趣旨は?」といった抽象的な質問は避けて下さい。

2)スレ違い質問は原則スルーされます。スルーされたら他のスレへ。
・「どの本がいいの?」「どの予備校のどの講座がいいの?」 → α)
・大学の宿題・試験 → β)
・法律初心者その他 → γ)

α)基本書または予備校テキストに関する質問先:
1.新☆基本書スレッド 2004第4刷【通算第25刷】
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1078864676/l50
2.C-BOOKvsDEVICEvsシケタイ 第八版
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1069249226/l50

β)学部試験・ロースクール未習者の質問先:
学部試験質問スレ
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1074769975/l50

γ)上記以外の質問先(含、ヴァカ質問):
司法試験板一番の速さで答えてくれるスレ part20
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1077717820/l50
※「東大の伊藤眞教授は公務員なのに予備校を経営してますが許されるのでしょうか」
「弁護士だとスッチー喰いまくれますか」といったヴァカ質問も受け付けます。

δ)ロースクール関連サイト:
1.新司法試験Q&A(法務省)http://www.moj.go.jp/SHIKEN/shinqa01.html
2.ロースクールニュース http://www.houkadaigakuin.com/

過去ログは>>2-10あたり

2 :過去スレ:04/03/18 00:47 ID:+oghq1GC
1 http://makimo.to/2ch/ebi_shihou/995/995092161.html
2 http://school.2ch.net/shihou/kako/1006/10062/1006271567.html
3 http://school.2ch.net/shihou/kako/1013/10135/1013528060.html
4 http://school.2ch.net/shihou/kako/1016/10165/1016557232.html
5 http://school.2ch.net/shihou/kako/1020/10200/1020061936.html
6 http://school.2ch.net/shihou/kako/1023/10231/1023115373.html
7 http://school.2ch.net/shihou/kako/1026/10267/1026744625.html
8 http://school.2ch.net/shihou/kako/1029/10297/1029779858.html
9 http://school.2ch.net/shihou/kako/1032/10324/1032449218.html
10 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1034273483/ (html化待ち)
11 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1036157611/ (html化待ち)
12 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1037967159/ (html化待ち)
13 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1039875820/ (html化待ち)
14 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1042469470/ (html化待ち)
15 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1044011089/ (html化待ち)
16 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1044974722/ (html化待ち)
17 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1046330978/ (html化待ち)
18 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1047742144/ (html化待ち)
19 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1049695414/ (html化待ち)
20 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1051114155/ (html化待ち)

3 :氏名黙秘:04/03/18 00:49 ID:+oghq1GC
21 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1052308089/ (html化待ち)
22 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1053491257/ (html化待ち)
23 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1054899637/ (html化待ち)
24 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1056333946/ (html化待ち)
25 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1056333946/ (html化待ち)
26 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1058610705/ (html化待ち)
27 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1060531509/ (html化待ち)
28 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1062832892/ (html化待ち)
29 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1064593708/ (html化待ち)
30 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1066501534/ (html化待ち)
31 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1067535050/ (html化待ち)
32 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1068734795/ (html化待ち) 
33 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1069432776/ (html化待ち)
34 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1070285385/ (html化待ち)
35 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1071939954/ (html化待ち)
36 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1073497748/ (html化待ち)
37 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1074831000/ (html化待ち)
38 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1076484347/ (html化待ち)
39 http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1078367937/l50(前スレ)

4 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/03/18 01:05 ID:???
      ∧∧   ∧_∧ カレードゾー
      (,,゚Д゚)   ( ´∀`) o
      /  |   (    づ_,..................,____
   〜OUUつ _,,...!-‐'''" ̄          ̄~`''ー-.、_
       ,,r‐'"      ,r-ー、..,,,,r''""゙`ヽr-、,、_    ~`ー、
     ,r''"     r'~゙ヾ'"          "  ヽ,_      ゙ヽ,
    ,r"      ,r"~                  `'ヽ,、_    ゙:、
   ,i"     r'"                       ゙''j     ゙:,
  ,!     ,i'"   _,,,,,,,,_         _,,,.___,.,  __,、,   "ヽ,    l,
  |    ,r'.;:'"~:::"::::::::::::::~`''''ー―::::'''''"::::::::::::::::~~::::::::゙''"`ー:'''':、   |
  i,   ,r'::r:::::ヾ;::::::::::ヾ;;;;;ソ::、::ソ:::::(;;;;シ:::ヾ::::::,r':,r、:::::::::::::::::::::::::::゙i   ,!
   ゙i  !;:::::ヽ'''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::シ:ヾシ:::::::::::::::〉::::::::'''''シ:::::::::::::::::ノ ,:'
   ゙i、 ゙i、:::::::::〈:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`ー''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r" ,r'
    ゙ヽ、゙ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ーミ;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::,,r'" ,r'
      ゙ヽ、~゙ヾ;:::::::::::::::::::::く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,r''",,r''"
         `ー-ニ_ー--、::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,,,,r‐'二.:r''"
             ~゙`''''ー---゙二二二~--―''''"~


5 :氏名黙秘:04/03/18 02:49 ID:???
>>1
スレ立て乙。

6 :前スレ オサライ:04/03/18 10:04 ID:???
977 :氏名黙秘 :04/03/17 21:01 ID:???
>>974
問屋が介入権行使して報酬請求できなきゃ商売にならんから。
>>975
昔は「捺印」という用語を使ったが、今は「押印」と言う。
従って同じ。


978 :氏名黙秘 :04/03/17 21:21 ID:???
転質について教えてください。
転質には責任転質と承諾転質とがありますよね。
んで、承諾転質については350条→298条準用ということのようですが
ここで疑問があります。
298条は不動産質には準用されませんよね?
すなわち、不動産質権には質物たる不動産の果実収取権があるから
298条Uでいう承諾がなくとも使用・賃貸・担保に供することができるんですよね。
だとすると、不動産質には責任転質はありえず、常に承諾転質ってことになるのでしょうか?
なんだかわけがわからなくなってしまっていて・・・誰か教えてください、お願いします。

7 :前スレ オサライ:04/03/18 10:05 ID:???
981 :氏名黙秘 :04/03/17 23:19 ID:FXEqSuLU
すいません平成14年度論文試験刑法第1問について質問です。
これについて甲に共謀共同正犯を成立させる見解が多かったのですが、
この事案では共謀共同正犯を成立させるのが一般的なんでしょうか???
個人的には共謀の事実があるとは思えないのですが・・・。

982 :氏名黙秘 :04/03/17 23:23 ID:???
正確に引用しろよ。

甲は、Aに電話で罵倒されたため憤激し、A方に赴けば必ずけんかになるだろうと思いながら、
この機会にAを痛めつけようと考え、こん棒を用意するとともに、友人の乙に、こん棒を持っ
ていることは隠し、これからA方に話合いに行くが、けんかになったら加勢してほしいと依頼
した。乙は、気が進まなかったが、けんかの加勢くらいはしてやろうと考えてこれを承諾し、
一緒にA方に行った。甲は、Aを呼んでも出てこないので裏口に回り、乙は、玄関先で待って
いたところ、出てきたAが乙を甲と取り違え、いきなり乙に鉄棒で殴り掛かってきた。そこで、
乙は、Aの攻撃を防ぐため、玄関先にあったコンクリート片をAに向かって投げたところ、コ
ンクリート片はAの顔に当たり、顔面擦過傷を負わせ、さらに、Aの背後にいたBの頭にも当
たり、頭部打撲傷を負わせた。なお、コンクリート片を投げたとき、乙はBがいることを認識
していなかった。
 甲及び乙の罪責を論ぜよ(ただし、特別法違反の点は除く。)。

8 :元受験生:04/03/18 10:51 ID:???
7へのレス
(′_`)フーン こんな問題だったんだぁ。。。

さて、甲は乙に「喧嘩になったら加勢して欲しい」と
依頼しているわけですよね。 そして、共謀は犯行の現
場で行なう必要があるなんていう決まり事はないですか
ら、共謀はなされていると認定して良いです。
ここで、甲が「痛めつける」という意図を有していた
ことと比較して、「喧嘩になったら加勢」という点で傷
害の共謀を認めて良いのか、一瞬だけ躊躇される方がお
られるかも知れません。しかし、喧嘩闘争で正当防衛は
否定するのが一般ですし、素直に共謀を認めておいて良
いと考えられます。気になるのであれば、なお書で一言
付け加えてもいいですね。
その後、a方の玄関先まで一緒に行っており、この段階
までは依然として共謀は認められますよね。
そして、甲は裏口に回ったのは犯罪を止める意思ではな
く、依然としてaを痛めつける意図だったのですから、乙に
離脱意思を表明し、乙がこれを了承するということもない
ので、共犯関係からの離脱も認められませんよね。
その結果、共謀を認める方が多かったのではないでしょ
うか。
本問題は「ド」がつく基本問題ですから、基本に忠実で
分かり易い答案で守るのが良いと思います。合格レベルの
人間は皆きっちり書いてきますので、差がつきにくいです。
こういう問題では、ないしは科目では「きっちり守って」
自分の目で見て他の人が落ちて行きそうな問題でカスの様に
浮かび上がるのを目指すのが良いのではないかと思います。。。

9 :元受験生:04/03/18 11:28 ID:???
8のコメント(ジブンデヤルナヨw)

なお、前スレでも似た様な問題を見たのですが(その際は
「暴力団が事務所に乗り込んだ」という事案でした)、価値
判断としては、わざわざ喧嘩をしに又はなると分かっていて
犯行場所に行っておきながら、正当防衛がどうだこうだいう
のもおかしな話だというのがありますよね。。。
そこで、急迫性の要件や防衛の意思の要件の認定で、さら
には共犯との関係でどう説明するかになりますね。。。
普段から、何かの事案で(判例か)それを一度考えておく
と試験では楽ですね。。。

10 :元受験生:04/03/18 13:48 ID:???
さて、いよいよ元受験生のアイディで
ここに登場するのも終わりだ。
「本当の意味での自由を手にしたい。」
なんてね。w
以後、元受験生としてカキコしてい
ても私ではないので、悪しからず。

11 :氏名黙秘:04/03/18 14:32 ID:???
>>all

age進行でお願いね。


12 :氏名黙秘:04/03/18 14:42 ID:???
(゚听)仕切り厨イラネ  

13 :カバ吉 ◆3AhEBF26VM :04/03/18 15:19 ID:???
>>6
不動産質において自由にできるのは使用・収益ですよ(356条)。
この条文から天然果実の収取・賃貸等が自由にできることは導かれますが、
担保に関しては、転抵当の規定が準用される(361条)んじゃないかと思います。
これは推測ですので鵜呑みにしないで下さい。転質の規定が適用されるかもしれません。
とりあえずあなたの言う、356条があるから自由に担保できるというのは誤りだと
思います。

14 :氏名黙秘:04/03/18 16:01 ID:???
>>8
さすがに本試験にそんな簡単な問題は出ません。

問題文の記述から、乙さらに甲にも積極的加害意思までを認めるのは
少々困難であり、また、手段の相当性から乙に正当防衛が成立すると
なるであろう点でフィリピンパブ事件と異なっているのです。違法の
連帯性等も問題になってきます。

落ち着いて考えれば、揉めそうな時に誰かに付いて来てもらうことは
通常に行われることであり、その同行者が正当防衛行為を行った場合に、
頼んだ者に犯罪を成立させるのが本当に妥当なのかという、微妙な
価値判断を含む問題だったわけです。

15 :氏名黙秘:04/03/18 16:37 ID:???
≪14
まぁ、その辺りを問題文に書いてある事情を上手く拾って
事実認定しろってことだろ?
「甲は、Aに電話で罵倒されたため憤激し、A方に赴けば必ず
けんかになるだろうと思いながら、・・・これからA方に話合
いに行くが、けんかになったら加勢してほしいと依頼した。」
っていう事実のうち、
既に「甲は、Aに電話で罵倒されたため憤激し、A方に赴けば
必ずけんかになるだろう」という点や「けんかになったら加勢
して欲しい。」という状態で話合いになるのかという点を重く
見れば、喧嘩の一歩手前の状態なのだからA方にちょろちょろ
出て行くなという方向に話が進むだろうし、
「これからA方に話合いに行くが、」という点を取ると、飽く
まで話合いに行くのだから、いきなり殴りかかられてもという
ことにもなるだろう。
結論はどちらでも良いので、自分なりに考えて結論を導けって
感じなんじゃないの?
それでもさぁ、一昔前の問題の様に憲法の問題でいきなり国会
法を出してきて、基本的な視点から考えてみろっていう問題と
かよりも簡単だと思うけどなぁ。
アンタが若手合格者なら、そんなことは関係ないかも知れんがな。。。

16 :氏名黙秘:04/03/18 16:42 ID:???
≫15
その偉そうな口の聞き方は止めろw

17 :氏名黙秘:04/03/18 16:52 ID:???
(部分的)犯罪共同説をとる場合、非身分者が身分犯の犯罪を共同した場合に
共同正犯をとるというのは矛盾になりますか?

18 :氏名黙秘:04/03/18 16:55 ID:???
>>15
まあ、そういうことですね。結論はどうでもよかったと思いますが、
フィリピンパブ事件そのままのような論証を書くと印象は悪かったと
思います。

あと、その「一昔前」の問題は、過去問集でも見た記憶がありません。
いつ頃の問題でしょうか?

19 :氏名黙秘:04/03/18 16:59 ID:???
>>17
いえ別に。65条の解釈問題です。

20 :17:04/03/18 17:05 ID:???
>>19
ありがとうございます。
Aプラスの論証に行為共同説からすれば〜みたいな論証があったので、
不安になってしまいました。
安心しますたです。

21 :氏名黙秘:04/03/18 17:08 ID:???
作為義務の保証人説長谷川京子で二分説と統合説ありますが、作為義務の錯誤の場合二分説だと法律の錯誤で故意を阻却せず統合説だと事実の錯誤として故意を阻
却しそうに思えるのですが故意を阻却しない場合もあるみたいです。(作為義務の発生を認識しつつ規範意識の鈍磨により自己の作為義務を認識しない場合は違法性の
意識を欠くものとして法律の錯誤として故意を阻却しない・・等)しかし大谷先生の教科書には作為義務は構成要件要素だから錯誤があると故意は阻却するとしか書いてい
ません。大谷先生は作為義務の錯誤において故意は必ず阻却されると考えているのでしょうか?どなたか教えてください。

22 :氏名黙秘:04/03/18 17:09 ID:???
≫18
キミノイウトオリダ

過去問は確か平成10年ぐらいだったと思うが。。。


23 :氏名黙秘:04/03/18 17:18 ID:???
>>20
ただ、説によって論証の仕方が異なってくるので、確認をしておいて
下さい。

>>21
「長谷川京子」という部分がよくわからないのですが、確か大谷説では
作為義務を構成要件要素と扱いつつ、素人的意味の認識さえあれば
作為義務の存在を明確に認識していなくても故意は阻却されないと
扱っていたと記憶しています。間違っていたらすみません。

24 :氏名黙秘:04/03/18 17:20 ID:???
≫21
ソージャネーヨ

作為義務を基礎付ける事実(親の監護権に基づく作為義務を基礎付ける
川で溺れているのが自分の子供かどうかという事実)の認識の齟齬は構成
要件的錯誤の問題とするんだろー。
逆に作為義務の有無や内容の認識(自分の子供の監護権に基づく作為義
務があるのかどうか)の齟齬は法律の錯誤として処理するんだろーがー。

25 :氏名黙秘:04/03/18 17:26 ID:???
>>22
問題を確認しましたが、国会法の当該規定の合憲性を問う問題と
考えればそんなに難しくもないような・・・。

26 :氏名黙秘:04/03/18 17:40 ID:???
>>21
大谷説は作為義務を規範的構成要件として素人的認識があれば故意があるとする。
溺れているのが自分の子供でないとその者が考えていても一般人であれば自分の
子供だと気づくことができたのであれば故意は阻却されない。
なお自分の子供だと気づいてはいたが親に子供を助ける法律上の義務はないと考え
ていた場合は法律の錯誤となり違法性の意識の可能性が無ければ責任が阻却される。
ちなみに大谷説を貫くのであれば責任故意が阻却されるとは書かないように。

>>24
質問よく読め。>>21は二分説の処理じゃなくて大谷説の処理聞いてるんだろが。

27 :氏名黙秘:04/03/18 18:36 ID:???
>>24>>26
http://gold.jpg-gif.net/bbs/10/img/30214.jpg



28 :氏名黙秘:04/03/18 21:38 ID:???
 25へのレス
 そうだよ^^
 本番一発目だから、みな落ちて行ったみたいだよ。

29 :氏名黙秘:04/03/18 22:07 ID:???
483条の引渡しを為すべき時とは
履行時ではなく履行期であると書いてあるのですが
履行時と履行期とはどう違うのですか?
特に履行期がよく解りません。初心的質問ですいません

30 :氏名黙秘:04/03/18 22:23 ID:???
>>29
履行時=実際に履行する時
履行期=履行すると約束した時

でよいのではないでしょうか?

31 :氏名黙秘:04/03/18 23:05 ID:???
窃盗犯人は盗品運搬罪の犯人になれないのはなんででしょうか。

32 :氏名黙秘:04/03/18 23:06 ID:???
窃盗罪は状態犯で不可罰的事後行為だから。

33 :氏名黙秘:04/03/18 23:08 ID:???
>>32
盗品運搬した窃盗犯人を
盗品運搬罪だけで起訴したらどうなるんでしょうか。

34 :氏名黙秘:04/03/18 23:08 ID:???
>>31
なれますよ。他の窃盗の盗んだ盗品を運べばよいのです。

35 :氏名黙秘:04/03/18 23:10 ID:???
>>34
そんなトンチ問題聞いてないです どっか逝って

36 :29:04/03/18 23:15 ID:???
>>30
レスありがとう

37 :34:04/03/18 23:23 ID:???
>>35
じゃあ、もっと趣旨が分かるように質問してください。

>>33の場合、一罪の一部起訴の場合に該当するといえると
思います。当該物が盗品であること、及び、運搬の事実が
存在するので、有罪判決とすることも可能でしょう。ただし、
当該物が盗品であることを証明する場合に、被告人が窃盗
犯である事実が明らかとなると考えられるので、公訴権濫用
論の対象になってくるでしょうね。まあ、現実には余り考え
られない場合だと思いますから、深く悩む必要はないのでは
ないでしょうか。

38 :氏名黙秘:04/03/18 23:28 ID:???
>>37
なるほど ご苦労

39 :氏名黙秘:04/03/18 23:32 ID:???
>>38
補足として、訴訟上では、当該運搬行為が不可罰的事後行為と
して不可罰となるためには、被告人が当該盗品を盗んだ犯人だと
いうことが証明されなければならないという点を指摘しておきます。

なお、質問の趣旨を明確化すべきといったのは、窃盗教唆による
盗品運搬が盗品等罪を構成するかにつき争いがあるからです。

40 :氏名黙秘:04/03/18 23:32 ID:???
また馬鹿が発生してるね

41 :氏名黙秘:04/03/18 23:45 ID:???
>>34
>>39
近年まれに見るアホレスだな。
そんなんで論文試験受けたら関係ないことばっかり書き続けるんだろう。

42 :氏名黙秘:04/03/19 00:02 ID:???
>>33
それは可能。ただし、盗品運搬罪の判断がなされたら
窃盗罪では起訴できなくなる

43 :氏名黙秘:04/03/19 00:13 ID:???
誰だ一罪の一部起訴なんていってる奴は。

44 :氏名黙秘:04/03/19 01:18 ID:???
>>41
関係ないことばっかり書き続けたのかも知れませんが、
合格はできました。

>>43
窃盗と盗品等運搬は公訴事実の同一性の範囲内にある
ので、一罪の一部起訴と解することも可能だと思いますが。

では、あなたならどう処理しますか? ぜひお聞ききしたい
です。

45 :氏名黙秘:04/03/19 01:25 ID:???
>>44
ここは初学者の質問に答えるスレであって、法学論争スレではないんですけど。
このスレで論争を展開されることは初学者にとって無用の混乱を与えるだけだと思いますが。
つーか同じ轍を踏むようなマネするなよ・・前スレと同じ展開にしたいのか?

46 :氏名黙秘:04/03/19 01:33 ID:???
>>45
いや、前スレの問題と異なり、この点については私自身も
明確な答えを持っているわけではないので、純粋に質問
したのです。

47 :氏名黙秘:04/03/19 08:16 ID:???
>>44
一罪の一部起訴ではないでしょ。
ここにいう「一罪」は「公訴事実の同一性」とは別概念だよ。
例えば同一日時の横領と窃盗は前者にあたらない(いずれかを起訴することが
他方の一部起訴にはならんよね)が後者にはあたる。
だから一罪の一部起訴ではなくいわば全部起訴であって、単に実体法上成立した犯罪と
素因が公訴事実の同一性の範囲内にあるだけ。
一罪の一部起訴は一方の構成要件該当事実が他方のそれを包含する場合のみだと思う。

思いついたまま書いたので流れなくてスマソ。

48 :氏名黙秘:04/03/19 08:31 ID:???
択一で問題解く速さって基礎固めながら場数踏んだら伸びるものなんですか?

49 :氏名黙秘:04/03/19 09:28 ID:???
>>47
そうですね、そうとも考えられますね。ただ、窃盗・横領の関係と
異なり、窃盗・その不可罰的事後行為の関係は包括一罪とも考えられる
のではないでしょうか?

この点に関する議論は目にしたことがありません。どなたか参考文献を
ご存じでしたらお教え願います。

>>48
速くなります。ただ、慢然と回数を重ねるより、問題をパターン化して
パターン毎の処理方法を確立するといったアプローチを取った方が
より効率的に速くなると思います。

50 :氏名黙秘:04/03/19 12:14 ID:???
憲法判例百選83事件の判決はどー考えても納得出来ない。

51 :氏名黙秘:04/03/19 12:34 ID:???
ふーん

52 :氏名黙秘:04/03/19 12:34 ID:???
判例・通説では、
1) 大学の入学許可は、どのような位置づけになっているのか?
2) 大学と学生の間に契約締結の自由はあるのか?
よろしくお願いします

53 :氏名黙秘:04/03/19 12:38 ID:???
>>52
請負契約。もちろん、各種約定が主に規律しますけどね
ありますけど、社会通念上の制約はあります

54 :氏名黙秘:04/03/19 12:40 ID:???
和田アキ子って破傷風なんですか?



55 :氏名黙秘:04/03/19 12:46 ID:???
>>52
私立なら契約だろうからそれでいいだろうけど、国公立大学はわかんね。
もしかすると、公務員と同じで「任用」なのかなあ。

56 :氏名黙秘:04/03/19 13:45 ID:???
私立の入学許可は承諾という扱いなんじゃないかな・・・。

57 :氏名黙秘:04/03/19 14:15 ID:???
学生の方にはないよ。
附合契約だからね。
大学側が入学するであろう合格者一人一人と個別に契約内容を作成するわけには
いかないだろw


58 :氏名黙秘:04/03/19 14:16 ID:???
契約するかどうかは学生の自由だが。

59 :氏名黙秘:04/03/19 15:34 ID:kshMrZih
学校と学生が契約してるとして
先生が授業を教えなくて債務不履行になったばあい
損害賠償は
先生に? それとも 学校に?
先生にはできるの?学校と契約むすんでるのに?

60 :氏名黙秘:04/03/19 15:39 ID:???
>>59
初学者以前の方はおひきとりください。

61 :氏名黙秘:04/03/19 15:43 ID:???
>>59
学校に。もちろん、教えないことが債務不履行かは別問題
つうか、契約だけじゃなく、様々な法律によって教育関係の契約は
規律されている事に注意。

62 :氏名黙秘:04/03/19 15:59 ID:???
こんにちは。共同保証における保証人の求償の要件についての質問なのですが、
よろしくお願いします。

共同保証の場合で、ある保証人が他の保証人に求償をする際、分別の利益のない
場合には、保証人に事前・事後の通知を要求する443条が465条1項で準用され
ていますが、分別の利益のある場合には、準用されていません。
とういうことは、保証人の求償権の要件としては以下のような理解で正しいのでしょう
か?

共同保証で分別の利益のない場合
主たる債務者への事前・事後の通知が必要(463条1項・443条)
他の保証人への事前・事後の通知も必要(465条1項・443条)

共同保証で分別の利益のある場合
主たる債務者への事前・事後の通知のみが必要(463条1項・443条)

63 :氏名黙秘:04/03/19 16:11 ID:???
>>62
うん

64 :氏名黙秘:04/03/19 16:30 ID:???
いやん

65 :氏名黙秘:04/03/19 16:34 ID:???
刑法で質問です
自招防衛を否定するのに
急迫性の要件で切る見解ありますよね
この立場は、どうして急迫を満たさないと考えるのでしょうか
ちらっと考えたのは、
急迫性とは、防衛行為に及ぶ前の客観的事情を考慮し、正当防衛の成立が肯定できるか
という規範的概念なのかな、と

66 :氏名黙秘:04/03/19 16:36 ID:???
学説で支持者っていたっけ?
判例理論だよな、確か。

67 :氏名黙秘:04/03/19 16:39 ID:???
判例だね。

68 :氏名黙秘:04/03/19 17:01 ID:ImJ5Oclv
学者だと荘司や堀内教授です。
堀内の本には、この場合積極的加害意思と異なり
としか書いてないのです

69 :氏名黙秘:04/03/19 17:02 ID:???
荘司と堀内か・・・。

70 :氏名黙秘:04/03/19 17:05 ID:???
>>65
書研刑法に詳しく書いてあった記憶がある。今手元に無いから見られないけど。

71 :氏名黙秘:04/03/19 17:09 ID:???
今は無き書研スレに書研説の紹介があったような。

72 :62 :04/03/19 17:31 ID:RfQv9QyD
>>63
レスありがとうございます。

73 :62 :04/03/19 17:33 ID:???
申し訳ない。上の書き込みをsage忘れました。


74 :氏名黙秘:04/03/19 19:56 ID:wQZ09aha
61さん有難うございます。

ということは大きな病院での医療過誤で訴えるとき
不法行為構成をとれば担当医師と病院両方を訴うるけれども

契約にもとずいて(善管注意義務違反で)訴える場合
契約したのは病院なので担当医師が憎くても病院
だけしか訴えれないわけですか?

しょがく者以前ですいませんが、調べてもなかなか
わかりません。だれかお願いします。。。

75 :74:04/03/19 19:57 ID:wQZ09aha
訴うる→訴えうる

76 :氏名黙秘:04/03/19 20:48 ID:???
>>74
わが国の損害賠償制度は損害の公平な分担を図る趣旨であり、加害者に
懲罰を課す趣旨ではないので仕方ありません。

どうしてもというなら、当該医師の告訴・告発を行ってみてはどうで
しょう?

77 :氏名黙秘:04/03/19 21:35 ID:???
>>70
>>71
ありがとうございます。書見みてみます

78 :氏名黙秘:04/03/19 22:46 ID:fsVgijYw
甲と乙が強盗の共謀をして両者実行に着手したとします。途中で甲が殺意を生じて被害者を殺害した場合、乙の罪責を検討するときの論証、どう流せばいいのでしょうか?

79 :氏名黙秘:04/03/19 22:59 ID:???
>>78
乙はなんかしたのかい

80 :74:04/03/19 23:22 ID:7EXWsss+
やはり契約にもとずくと
担当医師ではなく病院しか訴えれないわけですね?

脳内事例です。そして病院は担当医師に対して雇用契約違反
として損害賠償するため全体的に妥当な結論になるわけですか?

81 :氏名黙秘:04/03/19 23:27 ID:???
妥当な結論ってのは誰にとって?

82 :氏名黙秘:04/03/19 23:29 ID:???
そもそもなんで不法行為は無視するの?

83 :氏名黙秘:04/03/19 23:46 ID:???
いや、医者個人と病院の共同不法行為もありえる。

84 :氏名黙秘:04/03/19 23:54 ID:8qbxtE/s
社会全体からみて妥当なという意味です。

@純粋に契約にもとずいて損害賠償請求すると
病院にしか損害賠償請求できないから
担当医師は賠償を免れる。Aでも病院から雇用契約に
もとずいて担当医師は損害賠償請求される

どこまであってますか?
不法行為は無視です。脳内事例なので。。。
たびたびすいません。

85 :氏名黙秘:04/03/19 23:57 ID:???
>>84
目障りだから。

×もとずく
〇もとづく

86 :氏名黙秘:04/03/19 23:57 ID:???
社会全体に妥当かどうかを判断するなら刑事も考えないといかんだろ。

87 :氏名黙秘:04/03/20 00:00 ID:???
うーん。
ただ、内部の求償関係において病院は医師個人に対して損害を賠償出来るな。
ただカルテとかレセプトとかの関係で病院を被告とせずに医師個人のみ被告
とすることは到底考えられない。
それに病院と共に医師個人を訴えることも出来ないではないと思う。

88 :氏名黙秘:04/03/20 00:17 ID:SsTGFDCo
いや、契約による損害賠償請求なら
医師個人を訴えることはできないんじゃないかな。
だって契約者は病院だろ。

87の共に訴えるという法的根拠は何?

89 :氏名黙秘:04/03/20 00:18 ID:iqdAjDWB
>79
乙は暴行脅迫は甲とともに実行し、財物も奪取したのですが、乙が去ったあと甲が殺害したというわけです。ある答案では共犯の本質にさかのぼってましたが、なんとなく違和感があって・・・・

90 :氏名黙秘:04/03/20 00:19 ID:???
>>87
それ、債務不履行構成の場合ですよね? 不法行為構成の場合は当然に
医師個人のみを訴えることがてきますよ。

あと、なぜにカルテやレセプトが関係してくるのかよくわかりません。

91 :氏名黙秘:04/03/20 00:26 ID:???
カルテの所有権は病院だから病院を被告としないとダメなんじゃないかな。
レセプトはカルテの内容が正しいかどうかとかを裏付けるものだからカルテ
と関係あるしね。
契約者が病院であるならそうだが、例えば患者がその病院にその医者が
いたからその病院の診療を受けた場合や、その医者に対して書かれた
紹介状によってその病院のその医者の診療を受けるためにその病院へ行った
場合などは、通常の場合に比べて医者個人と患者との人的関係が強いと
いえ、一般の社会通念に照らして病院を被告とするより医者個人を被告と
した方が適切な場合がないとはいえない。
まぁ難しいかな。

92 :氏名黙秘:04/03/20 00:36 ID:???
>>89
乙については強盗の共同正犯が成立することを前提に
強盗致死が成立するか問題になる(こちらは結果的加重犯のほう)
思うに、結果的加重犯は基本犯が危険な行為なんで
重い結果が生じないように行為者に義務を課すもの
だから、重い結果につき過失があれば、結果的加重犯成立

あてはめ
結論:乙には強盗致死罪成立


93 :氏名黙秘:04/03/20 00:37 ID:???
つうか、医者個人じゃ取れる金も限界あるでしょ
だったら病院の方がなんぼでもいい

94 :氏名黙秘:04/03/20 00:44 ID:???
>>92
乙にどんな「過失」があるの?

95 :氏名黙秘:04/03/20 00:49 ID:???
>>94
通常は、甲が殺害に及ぶ予見可能性がありながら放置したことだろうね
事情ないからなんともいえんが、警察官を一人が刺して傷害致死、という事案あるでしょ
それと同じ。某司法試験委員の教科書には>>89そのまんまの事例が載ってる
その先生は授業で同じような問題だしてた。回答は>>92の流れ

96 :52:04/03/20 00:58 ID:???
>>52で質問した趣旨は、以前 入学金の返還訴訟で、
入学金は入学を許可したものであるから、返金すべ
きものである というような判例があったと思ったから
です。
そうなると、オウムの入学拒否問題の判決の行方も
変化するのではと思ったのです。

97 :氏名黙秘:04/03/20 01:00 ID:???
あの娘も国立とか市立だったら拒否されなかったろうに。
受けなかったのかな。

98 :52:04/03/20 01:01 ID:???
>>96
○入学を許可する権利を与えたもの
×入学を許可したもの

99 :氏名黙秘:04/03/20 01:04 ID:???
>>95
>>98
どちらにせよ「学習上生じた疑義」とはいえないね
他でやってほしい
あと、なんで学金返還訴訟と入学拒否問題が繋がるのかわからない

100 :氏名黙秘:04/03/20 01:04 ID:???
『町内で窃盗事件が連続発生していたため、町内会メンバーのAが見
回りをしていたところ、ある住宅の前で道路から塀を覗き込んで住宅内
の様子を窺っていた不審な男Bを発見。「何をしてるんだ」とAが声をか
けたら、Bは走って逃げたので、AはBが窃盗犯人であると確信し、B
を追いかけ取り押さえてた。なお、Bは実際は窃盗犯ではなかった。』
という事案において、Aは逮捕罪の構成要件を満たしますよね。
次に、法律の錯誤は事実の錯誤とは、評価の錯誤である点が違うという
通説にたつと、この事案は法律の錯誤ですか?違法性阻却事由の錯誤で
すか?


101 :氏名黙秘:04/03/20 01:09 ID:???
>>100
その事例では「不法に(書いてあったか書かれざるかは忘れたけど)」という
構成要件要素(これは争いない)を認識してないよね
だから、故意がない、とするのが自然

102 :氏名黙秘:04/03/20 01:10 ID:???
どうかんちがいしようが法令行為どすえ刑訴212

103 :氏名黙秘:04/03/20 01:11 ID:???
まちがった刑訴212は撤回

104 :氏名黙秘:04/03/20 01:12 ID:???
その事例をちょっといじった法律の錯誤とは
「AはBが窃盗犯人でないと確信したが、
どんなのでも怪しい奴は捕まえても罪にはならないと思い」捕まえた、なんて事案
正当化事情の錯誤とする事案は逮捕だとちょっと思いつかないな

105 :氏名黙秘:04/03/20 01:16 ID:???
>>103
あってるよ

106 :氏名黙秘:04/03/20 01:19 ID:???
>>102、105
えええええええええええええええええええええええええええ!


107 :氏名黙秘:04/03/20 01:21 ID:???
あってないね すまん

108 :氏名黙秘:04/03/20 01:27 ID:LiBnxQBb
司法試験って0から始めて、最短で何年ぐらいで合格できるの?

109 :氏名黙秘:04/03/20 01:41 ID:???
もうすぐ某予備校の基幹講座が終わるんですけど、過去問潰しと択一模試の復習の
どちらを優先すべきですか?

110 :氏名黙秘:04/03/20 01:48 ID:???
>>108-109
司法試験板一番の速さで答えてくれるスレ part20
http://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1077717820/l50

111 :90:04/03/20 02:19 ID:???
>>91
カルテやレセプトは単なる証拠だから、その所有権が
病院にあるということをもって病院を被告にしなければ
ならないなんてことには絶対になりませんよ。

112 :氏名黙秘:04/03/20 02:34 ID:???
最近、このスレの趣旨に外れたやりとりが多すぎ。
ここは「学習上の疑義」についての質問をする場所。
でもって、ここでいう「学習」は司法試験の勉強に関するものを指す。
単なる法律学や法律相談とかは別のスレでどうぞ。


113 :90:04/03/20 02:38 ID:???
>>107
確かに、窃盗に関しては刑訴212条2項には該当しなさそうですね。
覗き込んでいただけですから。ただ、軽犯罪法か何かに引っかかり
結局212条2項に該当するような気もしますが。

>>104
違法性阻却事由の錯誤の場合としては、Aが、Bが盗品を持ってる
のを見て、「罪を行い終つてから間がないと明らかに認められる」と
考えて逮捕したが、実は窃盗犯Cがその盗品を通りがかりのBに
押し付けて逃げただけだった、なんてのはどうでしょう?

114 :氏名黙秘:04/03/20 03:34 ID:???
債務不履行責任と瑕疵担保責任の関係で生じた疑問です。
受領前は債務不履行責任、受領後は瑕疵担保責任の規定が適用されるとすると、債務不履行責任として問題になるのは、履行遅滞と履行不能のみになるのでしょうか?

115 :氏名黙秘:04/03/20 08:06 ID:???
>>113
客観面は212条2項には該当しないが、
主観面は212条2項に該当し、違法であるが責任は無い、なんてどうだろう。
ちと強引かな。

116 :氏名黙秘:04/03/20 08:09 ID:???
>>114
中古車の売買で受領前にいじくり回してエンジン壊しちゃったけど
引き渡したような場合は不完全履行責任とえるんじゃない?

117 :氏名黙秘:04/03/20 09:08 ID:???
>>114
>受領前は債務不履行責任、受領後は瑕疵担保責任の規定が適用される
仮に判例の規範を言うなら、「受領として容認後」。今ではそんな見解はない
>債務不履行責任として問題になるのは
どの段階で?
受領として容認前は、全部の不履行です
受領として容認後は、「物の性状に関しては」不履行責任は問えません
もちろん、物の性状以外については瑕疵担保はカバーしないので
好きなだけ、債務不履行責任を追及できます


118 :氏名黙秘:04/03/20 09:25 ID:???
おはようございます。遺留分についての質問なのですが、よろしくお願いします。

私はこれまで、遺留分を算定する基礎となる財産の範囲を求める際には、原則
として相続開始一年前までの贈与までしか考慮しない(1030条)が、遺留分減殺
請求を実際に行使する際の対象は、相続開始一年前まで贈与に限られないもの
だと理解していました。つまり、遺留分を算定する基礎となる財産の範囲と行使
の対象は別のものだと思っていました。
ところが、内田先生の民法Wの508ページをみると、減殺請求の相手方は、受遺
者および相続開始一年前までの贈与(及びそれ以前の特別受益)と当事者双方
が遺留分権利者に損害を加えることを知ってなした贈与の受贈者との記述があ
ります。
ということは、遺留分算定の基礎となる財産をの範囲を求める際に考慮する贈与
等と減殺請求の対象としての贈与等は、まったく同じということなのでしょうか。

119 :氏名黙秘:04/03/20 09:30 ID:???
>>118
「遺留分の範囲外の財産を遺留分減殺請求する」という発想自体、矛盾してないか?

120 :氏名黙秘:04/03/20 09:37 ID:???
別に矛盾してないべ。
そもそも遺留分の算定っていっても遺留分権利者がおかしいと思えば、
生前の贈与に対しても遺留分を主張できるわけだし。判例にもあるけど
内田のでいいんぢゃないの。

121 :氏名黙秘:04/03/20 09:41 ID:???
むしろなんかちょっとおかしいな、と思うのは、
遺贈した後に被相続人が贈与すると贈与が勝ち、
贈与した後に遺贈すると対抗問題となり、
贈与した後に遺言なしで死亡すると遺留分権利者は遺留分減殺請求できると
いうこと。

122 :氏名黙秘:04/03/20 10:04 ID:???
回答ありがとうございます。
>>116
受領前に債務者の責めにつき、隠れた瑕疵を生じさせた場合は、債務不履行責任ということでしょうか?
>>117
判例を批判しているので判例の見解では無いと思います。内田説です。

123 :氏名黙秘:04/03/20 10:17 ID:wgUmbRW5
相殺について質問!
第三債務者は自動債権が債権差し押さえ前に取得されたものである限り、
受動債権の弁済期が到来して相殺適状にさえ達すれば、差し押さえ後に
おいても相殺できる(無制限説)って判例あるじゃないですか。
でも、最判平13.3.13は抵当権者が物上代位権を行使して賃料債権の
差し押さえをしたあとは、抵当不動産の賃借人は、抵当権設定登記の後
に賃貸人に対して取得した債権を自動債権とする賃料債権との相殺をも
って抵当権者に対抗できないってことになってるんですよ。無制限説を
とるなら相殺できるようなきがするんですが、二つの判例の整合性を理
解できません。ここんとこ教えてください



124 :118:04/03/20 10:19 ID:???
>>119>>120
レスをありがとうございます。気になっていた点の疑問も解消し、すっきりと
したので外出してきます。


125 :氏名黙秘:04/03/20 10:20 ID:???
>>122
それはターピンポンプ事件ではないか。内田説は詳しく知らないけどね
多くは「受領じゃ早い、容認後じゃ遅い。その中間にしよう」の方向のはず

 受領前に債務者の責めにつき、隠れた瑕疵を生じさせた場合は
債務不履行責任と瑕疵担保責任の関係をどう捉えるかで結論がことなる

 瑕疵担保責任と債務不履行の競合を認める見解では
債務不履行責任となる(学会では少数説)

 瑕疵担保責任と債務不履行責任を統合する見解では、
受領容認前は債務不履行、受領容認後は瑕疵担保責任の問題となる。

126 :氏名黙秘:04/03/20 10:23 ID:???
>>123
 第三債務者は自動債権が債権差し押さえ前に取得されたものである限り、
受動債権の弁済期が到来して相殺適状にさえ達すれば、差し押さえ後に
おいても相殺できる(無制限説)
というのは、第三債務者VS一般債権者の事案

他方、抵当権者が物上代位権を行使して賃料債権の
差し押さえをしたあとは、抵当不動産の賃借人は、抵当権設定登記の後
に賃貸人に対して取得した債権を自動債権とする賃料債権との相殺をも
って抵当権者に対抗できないというのは
第三債務者VS抵当権者の事案

抵当権者というのは、その抵当物から派生する「価値」について特権的地位が認められているのです


127 :氏名黙秘:04/03/20 10:29 ID:???
125に追加。
受領前後で瑕疵担保か債務不履行かを分ける見解は、
瑕疵担保責任と債務不履行責任の関係に付き統合説に立ってるわけだから
(競合説は、どの段階でも競合を認めるから受領前も理屈では瑕疵担保となりうる)
受領容認前は債務不履行、受領容認後は瑕疵担保責任の問題だね
もちろん、瑕疵担保責任といっても、中身は債務不履行責任なんだが

128 :  :04/03/20 10:48 ID:wgUmbRW5
>>125
ありがとうございます。抵当権の性質について全く考えてなかったです。
木を見て森を見ずってやつですね。今後気をつけます。

129 :氏名黙秘:04/03/20 12:46 ID:???
憲法の黙秘権条項と判例についての質問です。

拒否すると罰せられかねない個別税法上の質問検査が、
刑事責任追及に直接結びつくことのない行政手続であるのに、
拒否しても罰せられない国税犯取締法上の質問検査が、
刑事責任追及に直接結びつく行政手続で、供述拒否権が
及ぶのはなぜですか?
普通逆では?

130 :氏名黙秘:04/03/20 12:54 ID:???
( ゚Д゚)ハァ?

131 :氏名黙秘:04/03/20 12:55 ID:???
>>125
疑問が生じたのは、
瑕疵のある履行=不完全履行←履行の提供が必要
と想定すると、
履行の提供前は、そもそも不完全履行の問題にならず、履行不能・履行遅滞のみが問題になるのではないか
って流れからです。
ここまでが、質問の趣旨です。

132 :氏名黙秘:04/03/20 12:55 ID:???
続きです。

ただ、
瑕疵のある履行しかできない場合=履行不能
という点と、
瑕疵のある履行がなされようとされている場合は契約責任(他の理論かも?)に基づいて完全な履行を請求できる
と言う点は見逃してました。

133 :氏名黙秘:04/03/20 12:57 ID:???
ハァとはなんだハァとは

134 :氏名黙秘:04/03/20 12:58 ID:???
>>129
前者で拒否すると罰せられるけど、それは刑事罰を受けるわけじゃないよ?

135 :氏名黙秘:04/03/20 13:09 ID:???
脱税して罰せられるのは、刑事罰ですか?行政罰ですか?
上記によると、
前者は
個別税法上の脱税についての質問検査に黙秘すると別の行政罰が科されるとしても、
個別税法上の脱税自体が行政罰だから刑事事件に直接結びつく行政手続ではなく、
後者は、
国税犯則取締法上の脱税についての質問検査には黙秘することが出来るが、
国税犯則取締法上の脱税は刑事罰だから刑事事件に直接結びつく行政手続である
ということですか?

136 :氏名黙秘:04/03/20 13:10 ID:???
>>131
受領を債務不履行・瑕疵担保責任のメルクマールとすれば
受領(履行)をもって瑕疵担保になるから
履行がない受領前には、履行不能・履行遅滞のみが問題になる
不完全履行は履行の存在が前提となるからね

他方、メルクマールを受領時よりも後に置くと
履行があっても、未だに債務不履行責任の領域となる部分があるから
不完全履行が問題となる(これは通説・判例の立場)

あと
>瑕疵のある履行しかできない場合=履行不能
これは特定物ドグマ肯定の立場だよね?
契約責任説はその前提を否定してるよ。


137 :氏名黙秘:04/03/20 13:16 ID:???
>>135
脱税は犯罪です。国税逋脱罪ですね。

138 :氏名黙秘:04/03/20 13:24 ID:???
脱税すると刑事罰を受けるとすると、
個別税法上の質問検査は純然たる行政手続で、
国税犯則取締法上の質問検査は刑事事件に結びつく行政手続である
この両者の違いは何に求めればいいのでしょうか?
違いが分かりません。お教え下さい。

139 :氏名黙秘:04/03/20 13:29 ID:???
>>136
前半
履行の後に受領の容認をした→瑕疵担保責任の問題=判例
ってことですよね?
その場合、不完全履行は想定できますね。
納得できました、ありがとうございます。
後半
もう少し考えて見ます。

140 :氏名黙秘:04/03/20 13:31 ID:???
>>138
質問検査の具体的な中身がわからないってこと?

141 :氏名黙秘:04/03/20 13:40 ID:???
片方の質問検査が純然たる行政手続なのに、
もう片方の質問検査は掲示手続に直接結びつく行政手続になる
ということであれば、両者の質問検査は法律の根拠のみならず
実質的に刑事手続に結びつくか否かの点で異なるということですよね?
その差異というか違いをご存知であれば教えて下さい。

142 :氏名黙秘:04/03/20 13:51 ID:???
>>141
よくわからないけど検査の内容が違うんじゃないの?

143 :氏名黙秘:04/03/20 13:57 ID:???
>>136
内田を読んだ感じでは、
瑕疵のある履行しかできない→瑕疵のある履行をする→履行成立(履行不能を生じせしめない)
が特定物ドグマとなるのですが?

144 :氏名黙秘:04/03/20 14:01 ID:???
>>143
そうだね。俺もちょっと勘違いはしてた
ただ、契約責任説では、「瑕疵のある履行しかできない」のはなんでだ?
中古車だって修理すれば瑕疵のない履行が可能じゃないの?という思考をする
特定された後の種類物の追完についても同様

性状を履行すべき目的物の特定に限定しちゃう伝統的見解と
性状も債務内容に入れる見解では
何をもって、瑕疵のある履行しかできないか、にはかなり幅があるよ

145 :氏名黙秘:04/03/20 14:14 ID:???
>>144
了解です。
内田には、この論点は民法学上の最大の難問の1つとさえいわれるとあります。
難しい論点ですが、なんとなく整理がついてきました、ありがとうございました。

146 :氏名黙秘:04/03/20 15:26 ID:???
非訟事件というのは、不服があればすべからくすべての処分について公開裁判を
受けられるよう規定されているのでしょうか?

判例は、82条の裁判において、2つのメルクマークを使っているように
思えます。
一つは、純然たる訴訟事件。
このように考えると、裁判所が扱う事件には@純然たる訴訟事件A純然じゃない
訴訟事件B非訟事件の3種あることになり、@のみが公開裁判を要求される
ことになります。
二つめに、純然たる訴訟事件は、権利義務を確定する裁判ということです。
しかし、A純然じゃない訴訟事件やB非訟事件の中にも権利義務が確定され
てしまう事件てありますよね?
例えば、一種の行政処分として裁判所が科す非訟事件としての科料は、
当事者に科料を科す義務を負わせることになる審判であって、
その意味で義務を科していますよね?
もちろん、公開裁判を受ける途が開かれているからという理由で同居義務の
審判などは抵触しないとすることができたようですが、
百選134の民事上の科料の処分の場合は、即時抗告はできても公開裁判を
受ける途はないですよね?なのに、非訟事件だからという理由だけで
判例は82条に反しないとしています。
つまり、判例は、
@権利義務を確定する純然たる訴訟事件は公開の裁判でなければならない
A公開の裁判を受ける途が開かれていれば、権利義務を確定するのに公開でなくともいい。
B公開の裁判を受ける途が開かれていなくとも、科料は行政処分だから、
権利義務を確定する科料の処分でも公開の裁判でなくともいい。
ということになります。
なんか矛盾していませんか?

147 :氏名黙秘:04/03/20 15:48 ID:39NTa7zX
消滅時効の起算点に関して質問です。
なぜ、解除権の消滅時効の起算点が債務不履行時になるんでしょうか。
履行不能の時は分かるのですが、
履行遅滞による解除の場合、遅滞に加えて、催告+相当の期間経過が権利行使の前に必要だから、
その時から時効が進行するような気がするのですが・・・。
お願いします。

148 :氏名黙秘:04/03/20 15:51 ID:???
解除といってもいろいろあるのさ

149 :氏名黙秘:04/03/20 16:13 ID:???
解除原因だからだよ。きっとそうだよ。

150 :氏名黙秘:04/03/20 17:01 ID:???
>>146
もっと簡潔に要点を

151 :氏名黙秘:04/03/20 17:10 ID:???
つまり、Bについて強い疑義が生じるということです。
Bは権利義務を確定する処分であり、公開裁判の途も閉ざされているのであるから、
@Aの定義からすると82条に抵触するはずでは?
にもかかわらず判例は非訟事件だから、とか、特別抗告できるから、とかいう理由
で純然たる訴訟事件に当たらないとするのは矛盾だし、しかも、82条に反しない
とするのは主客転倒ではないのか、という疑問でつ。

152 :氏名黙秘:04/03/20 17:11 ID:???
ポポロ事件では、学問の自由に教授の自由は含まれない
家永訴訟では、学問の自由に教授の自由も含まれる
旭川テ事件では、学問の自由に教授の自由が含まれる

これは判例変更ですか?

153 :氏名黙秘:04/03/20 17:14 ID:???
>民事上の科料の処分
これは意味不明。行政上の過料だろが。ぼけ。

154 :氏名黙秘:04/03/20 17:16 ID:???
>ポポロ事件では、学問の自由に教授の自由は含まれない
( ゚Д゚)ハァ?

155 :氏名黙秘:04/03/20 17:19 ID:???
ポポロ事件では密接な関連はあるが必ずしもこれに含まれない
としていますが?

156 :氏名黙秘:04/03/20 17:22 ID:???
ほんとだ。含まれないけど、趣旨と学校法人法から保障されるって、なんか迂遠な論理だなおい。

157 :氏名黙秘:04/03/20 17:24 ID:???
なんとなく、司法トリビア。

東大法学部3年生はほぼ毎日法律学の講義を受けている大教室は、実は東大ポポロ事件の現場である。

158 :氏名黙秘:04/03/20 17:25 ID:???
>>153
その辺に論理操作があるようですね。確認してみます。
ただその点は疑問の中核部分に影響を与えないので
出来れば、わたくしの疑問にお答え願えれば幸いです。

159 :氏名黙秘:04/03/20 17:30 ID:???
家永では、教育権の主体は親を含めた国民全体だから、国民全体を国と見なせば
国は教育の内容を決定することが出来るという論理展開になるのが普通なのに
決定できないとする。しかし、旭テでは国は必要相当な範囲で教育内容を決定
できるとする。
どっちなんぢゃコラー!

160 :氏名黙秘:04/03/20 17:32 ID:???
ポポロ劇団って今でもあるの?

161 :氏名黙秘:04/03/20 17:33 ID:???
すまん。地裁判決だった。

162 :氏名黙秘:04/03/20 18:21 ID:???
>>151
その発想のまま、当該規定は違憲と考えればよいのではないで
しょうか。学説も、当該事件判旨に反対ないし疑問といった立場の
ものが多いようですし。

163 :氏名黙秘:04/03/20 21:30 ID:???
>>160
ありません。

さらにトリビア

「ポポロ」とは、イターリア語で、「人民」のこと。英語でいう"people"。

164 :氏名黙秘:04/03/20 22:29 ID:???
>>163
( ・∀・)<エロいな

165 :氏名黙秘:04/03/20 23:33 ID:???
いかりや死去

166 :氏名黙秘:04/03/21 14:26 ID:???
百選180の病院長を自殺に追い込んだ衆議院議員って誰?
ヒントだけでも

167 :氏名黙秘:04/03/21 14:28 ID:???
>>166
はげしくスレ違い。

168 :氏名黙秘:04/03/21 14:29 ID:???
学習上生じた疑義でつ疑義でつ疑義でつ!

169 :氏名黙秘:04/03/21 20:06 ID:???
百選191裁判官弾劾について質問です!
弾劾裁判で罷免された後の資格回復の裁判で資格回復した人って普通に裁判官
やってるのでしょうか?
内部的に人事とかで不利益受けたりしないのでしょうか?

170 :氏名黙秘:04/03/21 21:02 ID:???
>>169
つーかな、そんな質問に答えられる奴がいると思うか?
現実的に回答可能性があるような質問しろ。

171 :氏名黙秘:04/03/21 21:32 ID:KTbmrICv
>>169
年齢的にも裁判官を罷免されて資格回復された香具師は裁判官にはならないだろ
事務総局も任官拒否している香具師がいてしつこく裁判になっているのに 
資格回復者を任官する訳がない。
結局 弁護士になっている。ただ、弁護士会の入会を拒まれるケースも少なからずあったようだ。

172 :氏名黙秘:04/03/21 21:33 ID:KTbmrICv
裁判官の任命は最高裁判所の作成する名簿に基づいて内閣がするんだけど
実質は事務総局(最近は最高裁判所の委員会)だから

173 :氏名黙秘:04/03/21 21:55 ID:???
中止犯の責任減少説って人格責任論を取らない限り行為無価値の立場からは矛盾するんですか?

174 :氏名黙秘:04/03/21 22:08 ID:???
資格回復って裁判官に戻れるわけじゃないんですね

175 :氏名黙秘:04/03/21 22:12 ID:???
択一問題3時間半じゃとき終わらん。4時間はかかる。いったいなにがたりないのか?
早くとこうとするとまちがえるし、ストレスもひどくなる。
どうしたらいいのか?

176 :氏名黙秘:04/03/21 22:14 ID:???
>>175
スレ違い。別スレへどうぞ。
ただ、その際は各科目の所要時間や点数くらい書くといい。


177 :氏名黙秘:04/03/21 22:29 ID:???
>>173
全然矛盾じゃないけど?


178 :氏名黙秘:04/03/21 22:35 ID:???
>>175
今年は諦めて、来年の標準を絞った方がいいと思う。
受けるにしても、受かるための勉強をしようとすると
やらなければいけないことに比べて時間が足りないから
中身の無い上っ面を舐めるような勉強しかしないことになり、
結局、知識が整理されないままその知識を忘れていく
ことになる。

179 :氏名黙秘:04/03/21 22:50 ID:???
>>177
私もそう思っていたのですが、大塚思考方法、曽根総論ともに結果無価値側の論理的帰結だと言い切っております。
また、山口問題探究では違法減少を行為無価値側の帰結といいます。(政策説を除いて)
違法減少が結果無価値からは出て来ないのは分かりますがほんとのとこどうなんでしょう。
予備校の論証は責任減少が一般だし、書研も責任減少が妥当と述べています。
行為無価値側からも川端等は、違法減少とともに責任減少するという立場を取るようですが、
よく分からないのです。

180 :氏名黙秘:04/03/21 23:29 ID:???
>>179
結果無価値論からは、(未遂の)結果が生じている以上、違法減少を
論じる余地はなく、必然的に責任減少説を取ることとなります。しかし、
責任減少説は、中止行為を行ったが結果が発生した場合に凡そ中止犯が
成立しない点を説明することはできません。従って、違法減少説を
取る他ない、ということなのではないでしょうか。違法責任減少説は、
違法減少を前提とした責任減少と扱うのが妥当と考えます。違法減少の
1バリエーションと考えるということです。減免の別を説明するには
便利かも知れません。

181 :氏名黙秘:04/03/21 23:33 ID:???
即ち、違法減少を取るべきであるという前提を置いた場合に、違法
減少が行為無価値論、責任減少が結果無価値論の帰結となるとの話だと
思います。

182 :氏名黙秘:04/03/21 23:35 ID:???
択一合格未経験者です。
模試(オープン)での憲法の点数があまりよくありません。
いつも12〜3点ぐらい。
とくに統治の知識が足りないのですが
何を使って補充していけばいいでしょうか。
普段は過去問・四人組・百選を使って勉強しています。
どなたかアドバイスお願いします。


183 :氏名黙秘:04/03/21 23:37 ID:???
>>182
>>1読んで氏ね

184 :氏名黙秘:04/03/21 23:49 ID:???
>>181
レスありがとうございます。なるほど、そういう見方をすれば納得いきますね。
ただ、実質的にみて行為無価値の帰結とされるのは主観が違法性に影響するからだと思いますが、
主観的に非難に値しない状況があるときに違法性が減少せずに責任が減少すると解することができるんでしょうか。
言い換えるならば、主観が違法性に影響するはずの行為無価値がなぜ、違法性が減少することなく責任のみ減少するといえるのでしょうか。
その点、川端先生の違法責任減少ならば納得がいくのですが、純粋な責任減少を団藤先生のような人格責任論を取らずに
行為無価値から主張できる理由がよく分からないのです。
私は刑法初学者に近いので的外れなことを言ってるのかもしれませんが、
よかったら理解の誤りを含め教えていただきたいです。

185 :氏名黙秘:04/03/21 23:56 ID:???
>>182
スレ違いだが。
統治はとにかく条文覚えろ。実際知識はすべて分からなければ解けないものじゃない。
基礎的な知識をしっかり抑えてれば、それだけで答えが出るようになってくる。
それに知識がなくても統治は三権分立等の根本から考えれば答えは出るはず。
いつも12、3点って事は基本的に理解不足。
小手先にはしるよりCbookでもシケタイでも基本書でもいいから基礎を固めるべき。
オープン受けてないから知らんけど、それでとれない細かい問題なら本試験から弊離してるから意味なし。
どうしても知識が欲しいんなら肢別本でもやっとけ。知らない知識がたくさんあるからけっこう面白い。

186 :氏名黙秘:04/03/21 23:57 ID:???
>>182
問題文を読まないのが原因だと思います。
しっかりと>>1に目を通してからどうぞ。

187 :氏名黙秘:04/03/22 00:04 ID:???
>>185
スレ違いの質問でも答えてしまう人がいるから、スレ違いな質問がなくならないのだと思う。

188 :氏名黙秘:04/03/22 00:07 ID:???
>>184
中止犯の根拠については学説も錯綜しており、どれが正しい理解か
を考えても無意味だと思います。

それを前提に疑問に答えると、まず、行為無価値から責任減少説を
取っても、特段の矛盾はないと思います。
また、違法減少の理由を必ずしも主観面のみに求める必要もないと
思います。例えば私は、中止行為を行った点が、実行行為からの一連の
行為が社会的相当性へ回帰したと評価できることを中止犯の根拠と
していましたし、中止行為の相当性を論じる時は、例の、行為は主観と
客観の結合だから、という論法を用いていました。

189 :184:04/03/22 00:15 ID:???
>>188
なるほど。
私も初学者なのに細かい学説にわずらわされてる場合じゃありませんね。
とりあえず、行為無価値から責任減少の流れで書いても構わないということが分かっただけで収穫です。
丁寧に答えていただきありがとうございました。

190 :氏名黙秘:04/03/22 00:18 ID:???
>>189
責任減少は、ある意味、なんでもありの処理方法とも
いえますからね。

191 :氏名黙秘:04/03/22 00:28 ID:???
すみません。
団藤先生の人格責任論は当然の前提とされているようですが、
どういうことかよく分かっていません。
人格責任論とはどういうことなのですか。

192 :氏名黙秘:04/03/22 00:41 ID:???
>>26
公務執行妨害の適法性の錯誤のとこで責任故意が阻却されないかと書いたら
「大谷説ですね」という添削が却ってきた。殴りたい。

193 :氏名黙秘:04/03/22 00:42 ID:4DRqrLCp
今日、合格体験記を立ち読みしていたら、論文の答案は原理・原則から書けばよく、
決して予備校の模範答案みたいなものを書けなくても合格できるという主旨の記述がありました。
たしかに、よくいわれてることです。
しかし、原理って一体なんなのですか?
原則は分かりますが・・・。
どなたか実力者のかた、典型論点をひとつでいいので
原理・原則からの論証を例示してもらえないでしょうか?


194 :氏名黙秘:04/03/22 00:43 ID:???
>>191
人格責任論は、責任の基礎を、第一次的には行為者の犯罪
意思に求め、第二次的には行為者の人格に求める見解です。
常習犯などを重く罰する根拠を行為者の人格に求めるわけです。


195 :氏名黙秘:04/03/22 00:43 ID:???
おやおや。

196 :氏名黙秘:04/03/22 00:48 ID:???
>>193
悪いけど、スレの趣旨から外れてる。
ttp://school.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1065003601/l50
のスレで紹介されてる本を読むとためになるかもしれない。
正直、一言で説明できる内容じゃないから、この本を一読することを薦める。

197 :氏名黙秘:04/03/22 00:52 ID:???
反対動機の形成が可能であるのに、それを乗り越えて犯罪を犯してしまったから
責任があるのさ

198 :氏名黙秘:04/03/22 00:57 ID:???
民訴の控訴理由書(提出は任意的)
は刑訴でいうところの控訴趣意書(提出は必要的)に
相当するものなのでしょうか。
誰か教えてください。

199 :氏名黙秘:04/03/22 01:09 ID:???
>>193
・・・違憲判決の効力が問題となる。
思うに一般的効力を有するとすると消極的立法権を裁判所に与えることと
なり権力分立原理に反する。
そこで個別的効力のみ有すると解する。

実際の論証では一般的効力・個別的効力の内容も示す。付随的審査制から
素直のとの理由は分量的余裕を勘案して書くかどうか決定する。

スレ違いに甘い態度をとってはいかんと思いつつやってしまった・・・

ちなみに「原理原則から〜」とよく書くが「原理」のほうは勢いで口を
ついて出てくる言葉のようなもんでポイントは「原則」のほうにある。

200 :氏名黙秘:04/03/22 01:13 ID:???
国家賠償請求について質問です。
百選180の国会議員の議院での発言の場合には、
その国会議員に故意がないとして国家賠償請求を認めませんでした。
そして、百選の解説には要件として故意が必要で、過失があっても故意がなければ
賠償は認められないとするのが最高裁判決だ、と書いてあります。
ところが、
百選223の監獄法の規則への委任においての刑務所長の裁量の場合においては、
所長に過失がないとして、国家賠償請求を認めませんでした。
ちなみに、
どちらの請求の根拠も国家賠償法一条1項で、参照すると公務員の故意または過失が
要件となっております。
ということは、
百選180の最高裁は条文に反することになるのですが、これは一体どういうこと
でしょうか?
国会議員の議院での名誉毀損発言に限って、過失があっても賠償を認めないことと
したという制限を加えたものと見ればいいのでしょうか?

201 :氏名黙秘:04/03/22 01:31 ID:???
>>200
試験上はそれでいいんじゃない。
国賠法は故意、過失を要件にしているんだから過失でも国賠請求できるはずだが、
議員の自由な発言の保障を旨とする51条との関係で国の賠償責任も制限している見るのが自然じゃないだろうか。
国に賠償責任認めても、実際の運用としては国賠1条2項の公務員への求償は行われないのだから、
実際は国賠の成立を狭めなくても議員の自由な発言を妨げることにはならんのだろうが、
国としては議員の免責特権の重要さから見て、事実上の影響はなくてもその権利性が弱まるような解釈はしたくないんだと思う。
当然、監獄法のほうは免責特権と関係ないから、過失まで考慮するけどね。

202 :氏名黙秘:04/03/22 01:53 ID:???
どうも蟻がd

203 :氏名黙秘:04/03/22 02:34 ID:???
住居侵入罪の保護法益を論じる際、理由付けは不要ですか。
例えば「同条の保護法益は住居の平穏であるところ〜」とかいきなり断言してかまいませんか。

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)