5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死んだ建築士が残した物

1 : ◆TIGER93I :02/07/01 19:30 ID:Xw8S0SUY
少し長引き、最悪の場合裁判になるかもしれないのでスレを立てさせていただきました。

私の勤務先でのことです。
小売業をしているのですが、そのお店を建てた建築士さんが亡くなったことにより
今回の問題になりました。
建設費が2300万で、内2000万を最初に支払い、後は建物完成まで待っていただく、
ということで建築士さんと納得していただきました。
(『待っていただく』という証明書などは無)
が、完成が去年の5月だというのが2ヶ月・2ヶ月で計4ヶ月延期。
(が、『まあしょうがないな』とのオーナーの判断で責任追及など無)
その上、それから(完成し、オープンできたのが9月)更に問題が浮上し、
内部の喫茶店用の設備不足(市役所の許可下りず)、
消防法をクリアしておくと言っておいて全く手付かずで消防署からお怒りの電話、
などの問題がありました。
当然オーナーは建築士さんに電話をかけたのですが、結局、連絡が付いて
建築士さんから料金未払いだという基礎工事屋さんも混ぜて話を出来たのが今年1月。
その時にオーナーが、
『アンタがもし問題(消防法など)を解決しないのならば残300万は支払えない』と。
そして『もう一度やらせてくれ』との建築士さんを信じてオーナーが出した提案。
・連絡が取れなかったことや、設備不足問題などから300万は払えない。
・全ての問題が解決するまで金は支払えない。
・解決したら300万から『迷惑料』を差し引いた金額を渡す。
・そしてその時に基礎工事屋さんも立会い、その場で基礎工事屋さんに未払いのお金を手渡す。
という物でした。(こちらも証明書など無)
建築士さん、基礎工事屋さん双方これに納得。
そして喫茶用の設備(手洗い場などの)が完成し、後は消防法と思った矢先に建築士さんが
脳溢血で死亡。
その建築士さんのお父さんが今日になってオーナーに未払い分(300万)があることを知り、
『払え』と。

こちらには建物が完成するまで金は支払えないという事の証明書も一切ありません。
その上基礎工事屋さんが『建築士から貰うはずだった金を払ってくれ』と。
「証明書を書かなかったのが悪い」と言われればそれまでですが、まさか死ぬとは
思っていなかったので本当に焦っています。

2 : ◆TIGER93I :02/07/01 19:39 ID:Xw8S0SUY
すいません。肝心の相談を書くのを忘れていました。

・オーナーは『互いに弁護士を立てて、必要ならば出るとこに出ましょう』と説明したが、
 建築士のお父さんは『そういうことではなく、いくらでもいいから誠意を見せて欲しい』と
 裁判を拒否。こう言った場合、相手の同意無しで裁判を起こす事は可能か?

・仮に裁判になったとして、オーナーに支払いが生じるかどうか?

・裁判をする、しないに関わらずオーナーが基礎工事屋さんに支払う必要があるのか?

以上の3点です。
ちなみに全員の言い分を書いておくと

オーナー:結局消防法をクリアせず完成予定日も伸びたし、かつ今後、建物の保証も出来ないので支払えない。
建築士のお父さん:そんな事は知らん。金払え。
基礎工事屋さん:建築士のお父さんには現状が分かっていない。私には分かる。だからオーナーさん払ってください。

拙い文章で申し訳有りません。
『これが書いて無いとなんとも言えない』
などありましたら私で答えられる範囲で答えさせていただきますし、
わからなければオーナーに聞きますので宜しくお願いします。

3 :無責任な名無しさん:02/07/01 19:48 ID:MNJXhmiU
1裁判起こすのには,誰の同意もいらない。
2 >結局消防法をクリアせず完成予定日も伸びたし、
  >かつ今後、建物の保証も出来ないので支払えない。
をもう少しわかりやすく説明して。
 >・全ての問題が解決するまで金は支払えない。
 >・解決したら300万から『迷惑料』を差し引いた金額を渡す。
って言ってたんでしょ。まだ「解決」してない,ってのか,『迷惑料』が
300万円以上ってのか。
3 は,最初の契約がよくわからんので,わかりません。



4 :無責任な名無しさん:02/07/01 19:52 ID:eAkK+RkB
っていうか。
誰か相談の内容をまとめてくれ。
ワシはよう分からん。


5 : ◆TIGER93I :02/07/01 19:59 ID:Xw8S0SUY
>>3さん、お答え有難うございます。
2の消防法をクリアせず〜、というのは消防法をクリア
(建築士さんの方で何とかしてくれる)ということだったのですが、それをしていない。
建物の保証〜、というのは今後もし『どこどこの扉が悪い』『あそこの柱が壊れた』などの際の保証のことです。
3についてですが、
>・全ての問題が解決するまで金は支払えない。
>・解決したら300万から『迷惑料』を差し引いた金額を渡す。
これは『消防法をクリアしていない』などの全ての問題を解決した後で『オープンが遅れた』などの
こちらが被った迷惑をお金にしたものです。
300万円からそれらの事情による物を引いた額、と言う事になります。

6 : ◆TIGER93I :02/07/01 20:02 ID:Xw8S0SUY
>>4さん、申し訳有りません。私もオーナーほどではないにしろ少し動揺していますので。

簡潔に言うと『建築士が死んで、残りの支払いはどうするべきか』ということです。
一応支払いは全ての仕事が終わった後で、と言う事だったんですが、
建築士が途中で一度放棄し、その上亡くなってしまったのでどうすればいいか、ということです。

7 : ◆TIGER93I :02/07/01 20:07 ID:Xw8S0SUY
・裁判をする、しないに関わらずオーナーが基礎工事屋さんに支払う必要があるのか?

えっと、本来ですと【基礎工事屋さん→建築士さん→オーナー】という図式でお金を貰う事になっていたのですが、
建築士さんがなくなったことによりオーナーに回ってきた、ということです。
オーナーは
『建築士が仕事をしなかった上亡くなったのでお支払いできない。
 どうしてもというなら建築士のお父さんから』
ということでした。

8 :無責任な名無しさん:02/07/01 20:17 ID:NOtHFyfJ
>>6
当初の契約における支払方法・時期をまず確認してください。
施工業社との契約も建築主との直接契約なのか否かを確認してください。


残金の支払時期については現状ではなんとも言えません。
一般的な今後の処置としては、他の建築士さんに監理を委託して建物を完成して
その費用と履行遅滞による損害賠償を請求する事です。

9 : ◆TIGER93I :02/07/01 20:28 ID:Xw8S0SUY
>>8さん、対応有難うございます。
>当初の契約における支払方法・時期
支払い方法:2300万円一括払い
支払い時期:契約成立時

その後、予定していたよりも300万が足りなかったので300万は完成した後で、と言う事に
していただきました。(建築士さん本人は了承済み。証拠無し)

>施工業社との契約も建築主との直接契約か否か
直接契約です。
>>1に記入漏れがありましたことをここにお詫びして追記させていただきます。
建築士さんはどこかの会社(ハ●ムなど)に属していたわけではなく、個人で運営していました。
ですので会社の人に問い合わせて工事延期を確認、という事が不可能になったと言っておりました。

>他の建築士さんに監理を委託して建物を完成してその費用と履行遅滞による損害賠償を請求する事
有難うございます。
履行遅滞についてですが、『工事が延期した』というハッキリとした証拠が無いのです。
これでは損害賠償は不可能でしょうか?

10 :無責任な名無しさん:02/07/01 20:31 ID:yJNzIPhI
要するに、まだ建築物に瑕疵がある状態なんだろ。
どのくらいの残額に相当するかは分からないが、基本的には同時履行の抗弁権を主張して、
残余の契約の履行(建物の完成)を求めることが出来ると思われ。

>オーナー:結局消防法をクリアせず完成予定日も伸びたし、かつ今後、建物の保証も出来ないので支払えない。
基本的にはこのオーナーの言い分が正しいと思うよ。

基礎工事屋からの代金の請求が適当かどうかは、元々の契約の形態によると思われ。
オーナー側と直接契約したのでないのであれば、債権者代位権を使って請求する事は出来ると思われるが、
この場合も建築士側がいまだに債務の履行を果たしていないことを考えると、請求は適当でないと考えられる。

11 : ◆TIGER93I :02/07/01 20:32 ID:Xw8S0SUY
申し訳ありません、>>9に追記させていただきます。

>その費用と履行遅滞による損害賠償を請求する事
これは建築士さんのお父さんに、でしょうか?
そうなりますと、
『私は息子がなにやってたか知らん。ただ300万残ってる』と言われそうなのですが…。

12 :無責任な名無しさん:02/07/01 20:33 ID:yJNzIPhI
>オーナー側と直接契約したのでないのであれば、
オーナー側と直接契約したのでないのであっても
のほうが分かりやすいね。スマソ。

13 :4じゃが:02/07/01 20:39 ID:eAkK+RkB
ワシはよう分からん。

>>1へ聞きたい。
工事代金は建築士さんへ支払うのか。
=基礎業者酸素の他へは建築士さんが支払うことになっていたのか。
それとも基礎業者さんその他へは直接支払うことになっていたのか。
あと、喫茶店の設備の問題は営業許可の問題か。
消防法の問題と同じく建築基準法の問題か。

これ以外にも問題はありそうなんだけれど
まずは答えてちょうだい。


14 : ◆TIGER93I :02/07/01 20:47 ID:Xw8S0SUY
>>10さん、
ありがとうございます! 早速オーナーに報告させていただきます。

>>13さん、すいません…。だんだんと落ち着いてきたので今度は大丈夫だと思います。

工事代金は建築士さんへ。
そして建築士さんから基礎業者さんその他へ支払うことになっていました。
>喫茶店の設備の問題、営業許可・建築基準法
すいません、これに関しては良く分かりません。
一応私の覚えている市役所さんの言葉を書いておきます。
『手洗い場はつけること。トイレの中の場合はトイレと手洗い場が仕切られている必要がある』
『食器と従業員の手を洗う場所は分ける事。なので流しは二層式にしてください』
『キッチン(調理する場)とそうでない場は扉をつけて区分けしてください』

です。申し訳ありません。これでも分からない場合にはオーナーに問い合わせてみます。

15 :10だけど:02/07/01 21:43 ID:yJNzIPhI
>>1には悪いんだけど、私にも分からないところがあるんですが。
また、10のレスはアバウトに書いているので、そのまま完全に正しいわけじゃないよ。

10のレスに関連する所では、
・消防法をクリアしていない設備又は許認可等は、この部分のみの施工を依頼するとしたらどのくらいの金額に相当するものか。
・7、9のレスから、施工業者との契約は直接契約であり代金は建築士を経由することとなっているが、この代金は2300万の建設費に含まれているのかどうか、
又その額はどのくらいなのか。施工業者側は契約をすべて履行しているのかどうか。

その他で、
・建築士の親が代金を請求してきたとあるが、そもそも建築士は完全に個人で契約しているのか、
それとも事務所名義で契約しているのか。

私が知りたいのはこのあたりですね。

16 : ◆TIGER93I :02/07/01 22:05 ID:Xw8S0SUY
>>15=10さん、重ね重ね有難うございます。
>・消防法をクリアしていない設備又は許認可等は、
>この部分のみの施工を依頼するとしたらどのくらいの金額に相当するものか。
消防法でクリアしていないものは具体的に
・非常灯(正式名称がわかりません。あの緑色のバックで白い人が駆けている絵の奴です)
 あれを注文・取り付けるので4万。
・その他、防火管理者の許可を取るのに必要な講習・テキスト代などで3万。
合計で7、8万くらいでしょうか。

>この代金は2300万の建設費に含まれているのかどうか
含まれています。計2300万。これ以上は追加工事(テラスや増築)が無い場合
一切いただきませんとの言葉を私も聞いています。

>・建築士の親が代金を請求してきたとあるが、そもそも建築士は完全に個人で契約しているのか、
>それとも事務所名義で契約しているのか。
完全に個人です。
お父さんの面倒を見るため同居しているそうです。

17 : ◆TIGER93I :02/07/01 22:12 ID:Xw8S0SUY
不足がありました。申し訳ありません。
>又その額はどのくらいなのか。
2300万の内訳、ということでしょうか?
全てを把握しているわけでは有りませんが基礎工事屋さんに支払う金額は
90万だと言っていました。
>施工業者側は契約をすべて履行しているのかどうか。
はい。基礎工事屋さんには全く問題はありませんでした。

18 :10:02/07/02 00:23 ID:5CsHfav7
>>16-17を前提に考えると、>>10の考えには問題も出てきます。
まず、契約上、基本的には施工主側は建築士側に代金の支払い義務があります。
但し、建築士側が契約を履行していない部分もあるため、施工主側は同時履行の抗弁権を主張することが出来ますが、
建築士が死亡したことによって契約の履行が困難である事、
履行されていない部分の評価額が、代金の残額300万に対して僅か10万弱であることを考えると、
この不履行部分をもって残額すべての支払いを拒否するのは、一方的に不当であると云えます。
なので、この理由のみで支払いを拒絶するのは無理があると思います。

また、基礎工事屋からの代金の請求ですが、上記の場合のように施工主が建築士に払うべき債務が存在するのであれば、
その範囲内で払う義務が存在します。(正確には、建築士の債権を、建築士に債権を持つ第三者が代わりに請求することが出来ます)
なのでこの場合は、基礎工事屋の請求には法的な根拠があります。

オーナー側が何を望んでいるのか良く分かりませんが、>>5に書いてあるような保証等を希望するのであれば、
先ず、>>8のレスにあるように他の建築士と設備の設置および建物の保守管理契約を結び、
300万からその契約代金を引いた残額で、建築遅延等の損害賠償、工事屋に対する未払い代金の清算、
及び残余の契約金支払いを話し合うのが良いかと思います

19 : ◆TIGER93I :02/07/02 00:56 ID:NEva2xlE
>>18=10さん、こんな時間までわざわざ有難うございます。
>この不履行部分をもって残額すべての支払いを拒否するのは、一方的に不当であると云えます。
>なので、この理由のみで支払いを拒絶するのは無理があると思います。
そうですか・・・。
オーナーとしては支払わない理由に、
・完成予定日が遅れたため、オープンの時期も延期してしまった事(4ヶ月)
・一時(9月〜翌年1月まで)建築士さんとの連絡が一切できなかった事
 (具体的には、
  ・携帯に着信履歴を残しているにもかかわらず折り返し連絡が無かった、
  ・自宅に電話し、現在問題となっている建築士のお父さんに自分からの電話があった事を
   伝えて欲しい、と言ったにもかかわらず連絡が無かった、
  ・建築士さんの自宅にFAXを送ったにもかかわらず連絡が無かった)

・連絡がつかなかった事により、仕事自体を放棄したと思われてもおかしくないという事
(9月から問い合わせてようやく会えたのが翌年1月。
 その時に連絡が取れなかった理由について聞いたところ口ごもった)

・翌年1月の建築士さん、基礎工事屋さんを交えた話し合いで
【全ての作業が完了するまでは一円たりとも払わない】という約束がされている事

と、上記の点も理由にして、支払わないとのことです。
ですが、オープンの延期に関してはそれを証明する物・人が居ないと思うし、
三人を交えた話し合いでもやはり証拠になるようなものは書いていないし、
何よりその時の唯一の証人になると思う基礎工事屋さんがなんだか建築士さんのお父さん側に
回ってしまった様な気がして、無理だと思うのですが・・・。

20 : ◆TIGER93I :02/07/02 00:56 ID:NEva2xlE
>オーナー側が何を望んでいるのか良く分かりませんが
これも明確にしていませんでした。申し訳ありません。
オーナーに問い合わせたところ、
(ちょっとオーナーが興奮気味でしたので私の解釈で書いている部分もあります)
『先ず、300万は一切支払わない。(理由は上に書いた4つです)
 どうしても払えというのであればまずは裁判を起こしてこちらに非があることをハッキリさせた上で払い、
 その後でこちらも(上に書いた4点について)訴える。
 基礎工事屋さんにはお世話になったので90万とまではいかなくても【お礼】という形で
 送るかもしれない』
との事でした。

最初に書き込んだ19:30からだいぶ私も冷静さを取り戻しましたが、
私はオーナーの側で働いているため、どうしてもオーナーの意見が正しいように思えてしまいます。
ですが、>>18=10さんのレスを読み返すと段々と客観的な目で見れるようになって来ました。
>>18=10さん、本当に有難うございます。もしよろしければ今回の点に関するお答えも
宜しくお願いします。

21 :無責任な名無しさん:02/07/02 22:36 ID:5CsHfav7
>>19-20
基本的に、上記三つの根拠は履行遅滞及び不履行の損害賠償ということになると思いますが、これが300万以上あるという主張であれば、
判例上当該債務との相殺も認められるので、一応根拠があります。
この場合、裁判になった場合は損害額を確定して残額からその額を引いた額を支払う(受け取る)ということになると思われます。
但し、証明の問題や損害額がどこまで認められるかという問題もあるので、裁判で争うのであれば、弁護士に相談するのをお勧めします。

また、基礎工事屋の支払いに関しては、詳しい契約内容は分かりませんが、
・支払いは建築士からという契約なので、直接には債務を負っていない
・既に2000万支払われており、この中に工事屋への代金も含まれていたとも言える
・上記の理由で建築士の債権が存在しないのであれば、代位する債権が存在しない。
という理由が考えられますが、対して、
・契約はオーナーとの直接契約であり、上記は適当な支払方法として定めただけで、本来の債務の履行義務はオーナーにある。
・契約は全て履行しており、それによる利益はオーナー側が受けている。
・今年壱月の段階で、残りの債務からこの部分を支払うという合意がなされていると取れる。
という主張も考えられます。
詳しくは契約書を見ないと何とも言えません。
また、全ての作業完了時に払うという合意は、不履行となった理由が建築士の死亡であること、基礎工事屋は全ての契約を履行していることを考えると、
これをもって支払い拒否とするのは難しいと考えます。

最後に、そもそも建築屋の親父からの請求はどういった法的根拠で行われているのか(相続による債権の請求等)、
また、請求に伴う債務の不履行の賠償義務等を負う意思があるのかどうかがはっきりしません。
支払いの話し合いをするのであれば、先ずこれを明らかにしたほうが良いと思います。

22 : ◆TIGER93I :02/07/03 18:53 ID:ZFp3QdpQ
>>21=10?さん、連絡が遅れて申し訳ありません。そして、本当にありがとうございます。
今朝(昨日は休業日)、オーナーに話したところ、
『こちらから(裁判を)起こしはしない。あっちから言われたらその時に
 今回の意見・経験を踏まえて対処に当たる』
との事でした。
重ねて、>>10さんには本当にお世話になり、オーナーも非常に感謝している、とのことでした。
ともあれこれから数日はあちらからの連絡、或いは訴状待ちという形になりそうです。

余談になるのですが、どちらが裁判を起こしたとしても、全ての費用は負けた方が払う、というのは
本当でしょうか?

23 :10=21:02/07/04 16:26 ID:u/mOKahG
>>22
下がりつつある単発スレなのでsageで書きこみますが、
普通は、弁護士費用等は請求として認められません。
よほど常識はずれな主張で敗訴しない限りは、そのようなことにはならないと思われます。

24 : ◆TIGER93I :02/07/05 22:41 ID:vdNDX/cl
10様、丁寧な対応ありがとうございます。
本日、オーナーが知り合いの弁護士さんのところへ行ってくるそうで、
明後日の帰り待ちの状態です。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)