5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不動産トラブル〜借主のための相談室〜6軒目

159 :無責任な名無しさん:04/01/18 15:32 ID:klZBM6Zl
>>156
旧借地法では場合3年とか4年という短期の契約を行っても
法律上は期間の定めがない契約を行ったものとして扱われます。
期間の定めがないということは、木造の建築物が立っている場合
法的には20年間の契約をしたものとみなされます。
借りる側は短期間の更新契約で20年居座ることも可能なので、地主側が
20年契約か契約終了かを主張することは認められます。

地主が更新を拒めないというのは、正当事由がない限り法律で定められた
20年単位の契約更新を拒めないということです。
今回の場合、地主は更新を拒んでいないと言えます。

335 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)